ガラスコーティング業者ランキング

浴室コーティングの特徴と効果が期待出来るケースとは

リフォームやコーティング施工をすることが多い浴室ですが、どういった効果があるのでしょうか?

一般的には耐水性のある施工をすることで、水漏れがなくなるイメージが強いのですが、それ以外の効果についても説明していきます。また施工をしなかった場合との比較や、施工の特徴を知ることで住宅や自宅の浴室に合ったコーティング施工ができるといえます。

近年ではシステムバスやユニットバスといった、形状があらかじめ決まったタイプのものがあります。これらをリフォームと称してはめ込みなおす方が楽であるといわれていますが、その手法との違いについても説明しています。これから浴室のリフォームやコーティングを検討している方にはおすすめの情報です。

浴室コーティングをしたほうが良い理由とは

まず浴室をコーティングする理由についてあげていきましょう。この施工といえば外観を気にして施工をする方がほとんどですが、この場合についてはカビや汚れから保護するのが目的だといえます。毎日のように多くの水を使うので、どうしても菌が発生しやすく、日本のような高温多湿の場所ではすぐにカビが発生しています。こまめに掃除をすれば良いと思いがちですが、こびりついたカビはとても頑固ですのでメンテナンスはとても大変です。また自宅でのトラブルや、事故の中でも特に上位にあがる浴室での転倒を防ぐ効果もあります。これは専門の薬剤を床材に施工することで、転倒防止となるというもので、小さなお子さんやお年寄りのいる家庭には特に大きなメリットとなります。

さらには耐水性だけではなく、床暖房機能を付けることができる施工もあるので、外と中の寒暖差で起こるヒートショック現象を防止することができます。他にもサビ防止、シロアリ防止といった効果もあり、施工をした方が良い理由は挙げればキリがありません。

ちなみにユニットバスやシステムバスを入れ替えることで、同様の効果を感じることが出来るのも事実です。しかし価格帯を比較すると一目瞭然で、システムバス・ユニットバスの入れ替えであれば平均50~100万円ですが、コーティングに関しては10~20万円で施工可能です。同じ効果であればコストが安い方がよいですし、慣れ親しんだ浴室がそのまま新品のような状態になってくれるので、使い勝手で戸惑うこともありません。

また日数に関しても入れ替えの場合は3~7日程度かかるのに比べ、コーティングであれば1~3日では完成するので、その間のホテルへの滞在費などをカットすることができます。新品へ入れ替えするのも悪くありませんが、賢くお得に同じ効果を感じたいのならコーティングがメリットが大きいといえるのではないでしょうか。ちなみに施工の種類や浴室の間取りによっても費用が異なりますので、事前に必ず見積もりをとった上で相談をするとよいですね。

浴室コーティングの特徴

浴室コーティングには、様々な特徴があることはご存知ですか?その特徴によって効果が異なるので、浴室コーティングを考える際にはぜひ知っておきたい知識だといえます。

1つ目は再生塗装と呼ばれ劣化した外観を回復したり、色をつけたりして新品同様、またはそれよりもキレイな状態にすることです。業者によってはリフォームだと謳い施工をしているところもあるようです。

そしてもう1つは浴室保護と呼ばれています。この施工はカビの防止やメンテナンスの軽減などより快適に利用できる状態にする施工です。ちなみにこの施工に関しては、いくつかの種類があり、人気が高いものはフッ素樹脂系・樹脂系・ガラス系です。フッ素系樹脂に関しては取扱い業者が多く、信頼性の高い施工といわれています。この施工は値段が比較的安価であることが多く、気軽に依頼ができます。ただし効果の有効期間は半年~1年程度になるので、定期的なメンテナンスを依頼する必要が出てきます。

続いては樹脂系の施工です。シリコン樹脂を使っているところが多く、フッ素系樹脂よりも硬度が高くて効果の有効期限が長いことで支持を得ています。

最後に紹介するのはガラス系の施工であり、樹脂とは全く異なる薬剤となります。このタイプはガラス被膜を吸着させることで保護しているので、カビの付着をカバーできます。しかしこの施工については、水滴の拭きもれによって水垢がつきやすくなるので、こまめなふき掃除が必要になってきます。

このように特徴を踏まえて施工方法を選べば、自宅に合った施工を選択することができます。ちなみに価格帯についてはフッ素樹脂・シリコン樹脂・ガラス系の順番になり、耐久年数も同様です。費用は一見安価ではありませんが、ランニングコストや耐久年数との兼ね合いもあるので、一概に高額であると言えません。また施工を行うに当たって1~3日と比較的短期間で完了するという大きなメリットがあり、入れ替えよりもスムーズに施工ができます。

浴室コーティングの効果

施工をすることで様々な効果が得れるため、自宅に合ったプランを選択することで、施工前よりも快適に利用できます。冒頭でも申したように再生塗装に関しては、外観の補修や色を付けることがメインです。ひび割れや漏れに対しても対応してくれるところもあります。

続いては劣化してまった浴室を再生させるのはもちろんですが機能を向上させたり、保護を目的とした施工方法です。浴室は毎日のように多くの水が使われている場所であり、且つ窓を大きくすることが難しい場所でもあります。そのためいくら喚起に気を遣っていても、間取りや場所によってはカビが発生しやすく、色調も明るい配色が多いため、目立ちやすいといえます。また小さなカビが蓄積され、やがて深く根付いてしまうことにより落とせなくなることも考えられます。

それを解決するための施工で、主によく使われるのは防カビ・フッ素です。フッ素に関しては強い防カビ効果があるので、施工前よりもメンテナンスが楽になり外観も美しいまま維持することができます。また耐水性の高い施工をすることで水漏れから来るシロアリの増加を抑えたり、寒暖差により発症しやすくなるヒートショック現象を防止する働きをするコーティング剤もあります。薬剤だけであればホームセンターなどでも販売されているのですが専門的な技術が必要になること、また一度失敗してしまうと効果が期待できるどころか、かえって逆効果になってしまうこともありますので、不安な方は業者へ施工依頼するのがベターです。

いくつかの業者で見積もりを取ることで相場を見極めることができますので、検討中の方は参考にしていただければと思います。浴室のコーティングというのは施工の中でも上位を争う人気の施工となりますが、内容を理解しておかないとトラブルにもなりやすいので注意が必要です。薬剤によっては手入れ方法が通常と異なる可能性もありますので、依頼の際は確認しておくとスムーズです。

まとめ

コーティング施工をする中でも、特に人気を帯びている水回りですが、いくつかの種類があります。再生塗装に関しては、劣化した部分の修復や色を付けて外観を変える施工となり、浴室保護に関しては防カビや水漏れといったトラブルや今よりももっと機能を向上させる施工のことを指します。

これらの施工をすることで、見た目が変わるだけではなく浴室や浴槽のメンテナンスが楽になったり、家族が安心して暮らせるようになります。施工に関してはフッ素樹脂やガラス系といったいくつかの種類や、特徴がありますので自宅の浴室や間取り、環境に合わせて選択する必要があります。

また自身で施工場合は専門的な技術が必要になるだけではなく、失敗すると復元が難しくなることがあるので注意が必要です。