ガラスコーティング業者ランキング

浴室の塗装をする時に確認しておきたいこととは

塗装というのは単に色を変更する、質感や見た目を変えるだけではなく様々な役割を持っています。

例えばキズやヒビを補修したり、汚れにくくなったりするので定期メンテナンスとしてぴったりだといえます。とはいえ、塗装をする際の注意点や費用が不明のままだと踏み込むことは難しいといえます。そこで浴室の塗装についての深く掘り下げていきたいと思います。コーティングの種類や特徴、自分で施工することはできるのか?といったことから費用相場や、人気のある施工まで公開していますので、これから施工を検討している方や業者へ依頼を検討している方におすすめのポイントをご紹介します。

初めて検討するという方にもわかりやすく紹介しているので、どうぞご覧ください。

浴室塗装のメリット

どんな物事にもメリットというものが存在し、反対のデメリットも存在します。浴室を塗装する際のメリットは何が挙げられるのでしょうか。

いくつか浮かぶ中でも最も代表的なメリットが、見た目が美しくなるという点があります。浴室はほぼ毎日使うことがほとんどですし、身体を清潔にする場所ですので、その根本的な部分に汚れがあると気持ち良いものではありません。またカビや水垢などを放置していると、見た目だけではなく身体にもよい影響を与えません。そんな見た目を補修してくれるのが塗装というわけです。また再生補修といって小さなキズやヒビを埋めることができたり、保護の観点からみると肌触りがよくなり汚れにくくなることもあるといえます。小さなキズやヒビを放置していると、水漏れの原因となり場合によってはシロアリ被害を招く可能性もあります。そういった不具合を解消する点も重要なメリットだといえます。

ちなみにシステムバスに組み換えとなると50~100万円程度発生することが多いのですが、塗装施工であればすべて施工したとしても30~50万円と安価で依頼することができるのも、導入を後押ししてくれるポイントの一つではないでしょうか。施工期間に関しても、組み換えよりも短期間ですむので別の場所へ滞在する費用もカットできます。

ではデメリットについてはどうでしょうか。劇的に機能性が良くなるわけではないのでリフォームを目的とすることはできませんし、それを目的にするのであれば組み換えの方が理にかなっています。また浴室の損傷や汚れがひどい場合は、施工を受けることができないこともあります。さらには地域によっては請け負っている業者が少なく、自分の思っている施工を依頼することができないことも考えられます。しかしこれらのデメリットは事前に調べたり、相談をすることで解消されることが多いのでまずは正しい知識を取り入れることがベストです。

そう考えると浴室塗装についてはあまり大きなデメリットはないといえるのではないでしょうか。

浴室塗装をする際に確認しておきたいこととは?

実際に塗装をする際に、何から始めればよいのでしょうか。ちなみに自分で施工をすることはできるのでしょうか。できないこともありませんが、まったく知識のない方が施工すると十中八九失敗するといわれていますし、ホームセンターで売られているような道具では塗料の付着が甘く、完全に乾燥する前に水が入ってしまうこともあります。また浴室に合った塗料やコーティング剤があるので、それらを個人で手に入れるのは難しいといえます。よって自分で施工するよりも業者へ依頼するほうが賢明だといえます。

そのためにはまず自宅の浴室に合った塗料を知る必要があります。近年の住宅はユニットバスであることがほとんどで、それに対応しているのはアクリルウレタン樹脂塗料となり、その塗料にもヨット用や車用があります。しかしそのどちらも耐熱性が備わっていないので、塗装には向いていないのです。ホームセンターで販売されている浴室用の塗料はモルタル壁用がほとんどですが、常に湿気や水にさらされているユニットバスや浴槽には向いていません。また浴槽が据置型、一体型と種類がありますし、FRPや人造大理石・ステンレスやホーローといった素材にも違いがあります。

さらにもっとも重要なのが、浴槽や壁にヒビ割れや傷、穴はないか?あればどのくらいの大きさ深さなのか?を知ることも重要です。これによって費用が異なるケースもありますし、損傷がひどい場合は施工が行えないことも考えられます。そしてもう一つ重要なのが、汚れを落としたり、見た目だけを変更したいのか?防カビや汚れがつきにくくなるような付加をつけたいのか?ということです。個人では難しい場合もありますが、浴槽の施工をする場合はメーカーを確認しておくのもよいですね。

実際に依頼する前にできるかぎりこれらを確認しておくことで、自宅にあった施工ができるといえます。仮に自分ではどうしてもわからないという場合は、事前に業者へ相談して、送った写真から判断してもらうということができるところもあります。

浴室塗装をする時の費用相場と費用をおさえるポイント

メリットが多く、組み換えよりもお得に施工ができるといわれている浴室塗装ですが、どのくらいの費用が発生するのでしょうか。まずもっとも多いといわれている浴槽の施工ですが、費用相場は8~15万円ほどです。壁が9~13万円となり床・天井が4~9万円程度となりますので、全て施工する場合には30~50万円程度で済むと見積もってもよいでしょう。ただしオプションや付加効果をつけるのであれば費用は高額になりますので、その点は事前に業者をうまくすり合わせていくことが重要といえます。

また1つの業者だけに相談するのではなく、複数の業者へアポを取ったりネットを経由して見積もりを取ることで費用相場を知ることができます。ネット上に各業者を比較した情報を公開しているところもあるので、そういったサービスを利用するのもよい手段といえます。ちなみに複数の業者から見積もりを取るという手段は、施工を依頼するにあたって費用を抑えることもできます。業者ごとの費用を比較し交渉することも可能ですので、交渉スキルに自信がある方は試してみるのもよいですね。とはいっても塗料や材料といった多くの経費が発生する施工であることは確かですので、交渉で劇的に下がることはないといえますし、業者側も赤字ギリギリでサービスを提供しているところもありますので、しつこくすれば嫌がられるのも当然です。そのため「ちょっとお得になれば良いな。」というスタンスで挑むと良いですね。

塗装をできる限り安く抑えるポイントとしては、本当に必要な部分のみ塗装をするという方法があげられます。冒頭で紹介したように部分ごとに施工をしてもらえることがほとんどです。せっかくだから全体を施工して欲しいという気持ちはわかりますが、それだと高額になるので自宅の浴室をしっかりと確認し必要な部分のみと依頼しましょう。また壁や天井、床に高耐水性シートや浴室パネルを貼っておくのもよいですね。このシートは手間がかからないので簡単ですし、費用をおさえることができます。

まとめ

身体を清潔にする場所だから常に清潔な状態を維持したいと思うのは当然です。そのためにどういった施工が必要なのか?を知ることから始めましょう。

すぐに施工を依頼するのではなく、いくつかのポイントを確認し浴室塗装のメリット・デメリットを知ることが重要です。塗装の費用相場は全体であれば30~50万円程度で済みますが、ユニットバスをすべて組み替える場合は50~80万円ほど発生することもあります。またさらに費用を抑えるためには、いくつかの業者へ見積もり依頼をしたり、ネットで掲載されている比較表を参照するといった手法があります。

物理的な対策方法としては、高耐水性のあるシートを壁や天井に貼ることで施工する必要がなくなりますので、結果的に費用を抑えられるのです。