ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングに求めることから種類を選んでみる

家庭環境や住む人によって、フロアコーティングに求めることは違ってくると思います。フロアコーティングになにを求めるか、考えておくことは重要です。

業者によってもシリコンコーティングを得意とする業者や、ガラスコーティングしかやっていない業者など、コーティングの種類によって選ぶ基準も変わってきます。

傷つきにくい床を求めているのか、部屋の雰囲気を壊さないマットな床を求めているのかなど、床は家族みんなが触れるものですので、なにを一番重要としているのかは一度家庭内でも話し合ってみることも良いでしょう

床に傷をつけたくない人におすすめのフロアコーティング

新築を購入する際、迷うのがフロアコーティングをするかどうかです。痛みがなく、日焼けや湿度による変質がない床を保っていたいという方には、フロアコーティングをやっておいたほうがよいでしょう。さらにコーティングによって光沢感であったり艶も増しますので、より気分が良く生活することができるのも特徴です。

特に床を傷つけたくないという人には、フロアコーティングが最適だと言えます。ガラスコーティングなどはコーティングの施工方法のなかでも一番の硬さがあるコーティングになります。そのため耐久性にも優れ、フローリングの膨張と収縮にも負けない強度があります。

ただしガラスコーティングがそれだけお値段が高めなので、予算にあまり余裕がないという方には、シリコンコーティングもおすすめです。こちらは床にしっかりフィットすることで剥離しにくく、また滑り止め効果もありますので、小さなお子さんやペットがいる家庭に適しているコーティングとなっています。

耐久年数や品質によってお値段に開きは出てきますが、コーティングに求める効果や、将来的な部分も考えて決めていく必要があります。

水気を防ぎたい方におすすめのフロアコーティング

求める効果によってフロアコーティングを選ぶというのもあります。キッチンなど水に濡れる可能性が高い場所には、耐久性の高いUVコーティングが適しています。キッチンや洗面所といった水回りの場所はそれだけシェービングクリームや洗剤などで汚れる可能性も高い場所になります。

UVコーティングに使われる液剤は耐水性に優れているだけではなく、耐薬品性にも優れているので、汚れができにくくなっています。耐薬品性があるコーティングは、台所用漂白剤などをこぼした場合であっても床にしみがつきにくく、浸透しにくいので床のお手入れを楽に行える利点があります。

コーティングを施していない場合、水などが床にしみてしまってすぐカビてしまったり、シミになってしまう場合があるため、その点でもフロアコーティングが効果を発揮します。

ガラスコーティングはどういう人におすすめ?

ガラスコーティングは、特殊な機械を使用せず、自然乾燥で固めるためにUVコーティングよりは費用をおさえることができます。

ガラスコーティングの特徴といえば、なんといってもその硬さにあります。ガラスコーティング後のフローリングの硬さは9Hほどの硬さでとても傷がつきにくくなります。さらにUVカット効果があるため、紫外線によるフローリングの劣化を防ぎ、フローリングの膨張や収縮に強いため、クッションフロアにも使うことができます。

さらに艶出しかマットかと選ぶことができますので、光沢感をおさえて部屋の雰囲気を壊したくないという方にもおすすめのコーティングになります。

デメリットとしては自然乾燥のためワックスの剥離洗浄と乾燥に時間がかかってしまいます。強いショックでひび割れてしまうこともありますので、その点に注意して検討したいコーティング方法です。

まとめ

フロアコーティングに求めることを見直すことで、迷ってしまっても決めることができると思います。業者に頼む際にも、勧められたままではなく、その効果に関してしっかりと聞いておくことが大切です。