ガラスコーティング業者ランキング

物件別フロアコーティングの活用法

フロアコーティングの施工方法にはメジャーなものからマイナーなものまでいろんな施工方法があります。そのような中、フロアコーティングを行う上で「向いている物件」と「向いていない物件」と「物件の種別」や「物件の床の状態」ごとに向いている施工方法、「目的」や「予算」を基準においた施工方法等をもとに紹介していきたいと思います。早速見ていきましょう。

フロアコーティングに向いている物件・向いていない物件

フロアコーティングをする際には「向いている物件」と「向いてない物件」があり、また、「物件の床の状態」によってもいろいろないろいろな施工方法があります。まず向いてない物件としては、「年数が古い中古物件」で「デコボコの多い物件」はあまり向いてないと言われております。ただ、そのような場合でも「UVコーティング」や「ガラスコーティング」のようなものを施工するのは、その施工金額とメンテナンスのしにくさにより厳しいのですが、逆に「ウレタンコーティング」の場合は、施工金額も大幅に少なく、デコボコのある古い賃貸物件でも比較的容易にできます。

この「ウレタンコーティング」の特徴としては、まず価格が他の方法に比べて格段に安い上に、ある程度デコボコであっても素材に密着しやすいコーティング方法のため、見た目的にかなりきれいになる上にもし、また飲み物をこぼした場合などでも簡単に水拭きで対応できます。また、デコボコのまだ少ない、新築物件については、かなり幅も広く、住む年数と予算に応じてですが、「UVコーティング」や「ガラスコーティング」等の高額・高機能のコーティング方法を施工することにより、傷がつきにくく、20年以上長持ちする方法を選択することができます。このコーティング方法は、コーティング自体の「硬度」が高く、また、紫外線の侵入が防ぐことができるため、床自体を長持ちさせることができます。

また、ガラスコーティングにいたっては、硬いだけではなく、赤ちゃんやペットのいるお宅の場合、なめても大丈夫な素材でできているため、安全性も高いと言われています。フロアコーティングにおいては、物件の経過年数と床の傷み具合、賃貸か自己所有かによって選択していくといいかと思います。

新築物件におすすめのフロアコーティングとは

新築物件の場合、いろいろなフロアコーティングの施工が可能です。ただ、長く住むことも考えて、少し金額ははりますが、「UVコーティング」や「ガラスコーティング」のような高額な、床を傷めにくいものを施工するのがいいと思います。特におすすめなのは「ガラスコーティング」です。ガラスコーティングは「UVコーティング」に比べて安いにも関わらず、「UVコーティング」並みの機能性を持つ上に、なめても大丈夫な素材でできているため、小さなお子さんやペットのいるご家庭でなめても大丈夫なため、安全性が高いと言われています。

また、前述したように「硬度(硬さ)」が最も硬いため、他の方法に比べて傷つきにくく、また、UVコーティングほどではないまでも十分「紫外線」を遮断する能力をもっているため、新築の物件においては最も適しているフロアコーティング方法だと言えます。

また、新築の場合、折角、壁や家具等シックなイメージで固めたりしていても、フロアコーティングの方式によってはかなりテカテカした光沢が出てしまったりしてしまいますが、「ガラスコーティング」の施工方法の場合、光沢のレベルを調整したり、光沢自体をなくしたりできます。新築物件においては、少し高めではありますが、長い期間住むことを考えれば、ガラスコーティングが一番いいと考えられます。

賃貸物件におすすめのフロアコーティングとは

フロアコーティングは傷がつきにくいことや、光沢感の長持ち、床材そのものの耐久性アップなど良いことづくしでもあります。賃貸物件では、借主が施工するのは原状回復などの兼ね合いや費用負担の面などの問題もあり難しいものではありますが、大家さんであれば賃貸物件こそフロアコーティングはとてもおすすめです。
場合によっては、大家さんへの交渉もアリだと思います。新築物件や床のリフォームをおこなった時には、より一層綺麗に見えますし、再施工可能なコーティング剤を利用することによって入退去があってもその後のメンテナンスで綺麗な状態への復旧がしやすいのです。
もちろん床そのものの傷みはかなり減少されますので、長期的に使用が可能という大きなメリットがあります。クロスの張替に比較すると、床工事というのはどうしても費用がかさんでしまうものです。賃貸物件の長期的なメンテナンス費用の削減という意味で、フロアコーティングはおすすめです。

また、賃貸住宅に入居すると、退去時には原状回復義務があります。つまり、入居したときの状態に戻して退去する必要があるのです。入居したときの状態と言っても、日常生活レベルでの経年劣化は修理や修繕する必要がないのですが、不動産管理会社とのトラブルを予防するなら、キズを少しでもつけないようにしたほうが良いでしょう。
フローリングの床を保護する効果が高いのがフロアコーティングです。賃貸住宅の中でも一戸建てに関しては入居者が清掃を含めた日常管理を行ないます。フローリングの床には、可能であればフロアコーティングをしておきましょう。傷がついてもコーティングの塗膜表面で済むからです。コーティングの塗膜は経年劣化しますので、入居期間が長くなれば自然に効果も弱まります。

退去時にはコーティングする必要がありませんので、キズの少ないフローリングの状態で退去できます。ワックスでも良いのですが、ワックスは半年から一年程度の効果なので、入居期間が長くなればコーティングのほうが経済的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はフロアコーティングにおいて、適している物件、適していない物件という観点にたち書いてみました。まだまだいろいろな観点での検証が必要かと思いますが、フロアコーティングの導入にあたり少しでもお役にたれればありがたいです。最後までお読みいただきありがとうございました。