ガラスコーティング業者ランキング

おすすめ!家の床はフロアコーティングしよう

きれいなフローリングを保つために、今までのフローリングのお掃除で満足している人はどのくらいいるでしょうか。日ごろのお掃除はできれば時間をあまりかけずに簡単に済ませたいし、しつこい汚れに対してはしっかり水拭きをしたいものです。その両方の願いを叶えてくれるのがフロアコーティングです。コーティング後は普段のお手入れ以外にも、ちょっとした工夫でコーティングを長持ちさせることができます。お掃除のポイントと工夫について調べてみました。

床のお手入れきちんとできていますか?

家の床のお手入れ、みなさんはどうしていますか?高齢者や小さなお子さんがいるご家庭、ペットと一緒にお住まいのかたは水拭きを基本にしていると思います。ところが、一般の家に使用されているフローリングはまさかの水拭き厳禁。水拭きがダメだとわかっていても、きれいにしたい気持ちは変わりません。水拭き後の床を見たら、こぼした跡が残ってしまったり、つやがなくなっていたということはありませんか?

それを見て床が傷まないうちに慌ててワックスをかけることになり、水拭きだけで済まないのが現状のようです。いつもなら定期的なワックスがけでお手入れをするところですが、ワックスがけは家具を移動させたりワックスが馴染むまでお部屋に入れないなど、意外に手間がかかり作業が大変です。

掃除機やから拭きでは取りきれない汚れや塵は、放置しておくとフローリング表面の変色や傷の原因になってしまいます。今ではたくさんの種類のフローリング用お掃除グッズが出ていますが、毎日続けるからこそ効果が得られるものが多いことにお気づきでしょうか。

もっと手軽に簡単なお手入れで済ませたい、頑固な皮脂などの油汚れなどを心配しなくてもよい便利なものがあるとしたら施工してみたいと考える方が多いと思います。それが、「フロアコーティング」と呼ばれる、床の表面に塗膜をつくって汚れや傷から守るコーティングです。

水拭きや皮脂汚れに強いと言われているフロアコーティングにもいくつか種類があります。耐久年数については数年から数十年の幅がありますが、どのような内容になっているのでしょうか。お子さんや高齢者、ペットに安心なコーティングから、最近の流行のものまでお手入れ方法や特長をみていきたいと思います。

フロアコーティングをすると掃除が楽に

フローリングの表面に塗膜して、傷や汚れから守るフロアコーティングにはいろいろな種類があります。同じコーティングでも、耐久年数は数年から数十年の差があります。費用が高額なほど、施工方法も特殊になり、なおかつ耐久年数が長いのが特長です。家を新築して次の建て替えまで長持ちさせる数十年タイプのフロアコーティングは、その特殊性から一度塗膜すると簡単には剥がせなくなっています。その分密着度が高く、耐性のあるコーティングで床を守るのです。一度コーティングを施すことで、毎日のお掃除から解放されます。

日ごろのお手入れは、から拭きでサッとひと拭き。俗に言う頑固な汚れになりにくいので、普段は拭き掃除で充分です。気になる皮脂などの汚れには水拭きが欠かせません。あれこれ洗剤を準備しなくても水拭きで充分。水分や汚れが浸透するのをコーティングがある程度防いでくれますので、簡単な水拭きで汚れが落ちるようになるのです。もう雑巾でゴシゴシ拭かなくても大丈夫、何より定期的なワックスをかける作業が不要になります。もう重い家具などをその都度移動させなくてよいのです。

コーティング後のお掃除のポイントは、埃や塵を取り除く拭き掃除、皮脂などの油汚れを取るための1カ月から3カ月に1回程度の水拭き、拭き掃除で取り切れなかった埃や塵に対して掃除機をかけることです。日ごろの掃除はモップなどを使った拭き掃除、たまに水拭きと掃除機というパターンを決めておけば、忙しくて時間が取れなくても簡単に済ませることができ、気持ちの部分でもラクになれると思います。

例えば、小さなお子さんやペットが床を汚すようなことがあっても「水拭きで簡単にキレイになるから大丈夫だ」と心に余裕が生まれるかもしれません。見た目の心地よさだけではなく、心の余裕をもたらしてくれるフロアコーティングを施工してみませんか。

傷も防げて綺麗な床をキープできる

みなさんは床が傷つかないようにする条件を考えたことがありますか?一例としてマットを敷いたり、物を落としたりぶつけないように心がけたりすることが挙げられます。フロアコーティングを施すと床に薄い塗膜ができ、傷が入りにくくなります。

擦り傷程度なら全く傷がつかないコーティングもありますが、日常生活の中で通常なら傷が入ってしまう条件下では影響が少ない。ということなのです。塗膜によって直接傷が入るのを防いでくれますので、塗膜に対するメンテナンスさえしっかり行っていけば、きれいなフローリングをいつまでもキープできます。

フロアコーティングの中には、重ね塗りが不要なものや自分でメンテナンスできるものなどいくつか種類があります。ガラス系のコーティングは耐久年数に優れ、それなりに金額がかかりますが、簡単なお手入れで長持ちするものとして人気があります。フロアコーティングに加えて、日常生活の中で床に傷が入るようなものを落とさない、塵や埃はこまめに拭き取る、などの心がけがあってこそきれいな床を保つことができると言えます。

傷が入る条件は物理的なものだけに限らず、強い日差しがコーティングや床を傷めることがありますので、直射日光が入る窓にはUVカットのカーテンを取り付けるなどの対策が必要です。お部屋の環境づくりの一つの方法として、湿度の管理もあります。フローリングは大抵が木材でできていますので湿度に左右されやすいのです。コーティングを長持ちさせるには、見えない部分への工夫も大切です。

毎日見ていると床に対する変化はわかりにくいと思うのですが、家具を動かすときや引っ越しなどでお部屋から全ての家具や物を出して全体を見渡したときに変化に気付くことが多々あります。きれいな床を維持するためには、日ごろのメンテナンスとお部屋の環境づくりがポイントになるのではないでしょうか。

まとめ

いつまでもきれいなフローリングを保つためにできる一つの方法として、フロアコーティングを施工してラクにお掃除をすることが挙げられます。コーティング後のお掃除のポイントは、普段は埃や塵をモップなどで拭き掃除、皮脂などの油性の汚れは1カ月から3カ月に1回程度の水拭きでスッキリさせて、拭き掃除で取り切れないフローリングの隙間に残った埃や塵は掃除機で吸い込むことです。あとは直射日光が当たらないように工夫するなどちょっとした心がけで、フローリングが長持ちします。