ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングのベストなタイミング

床材の保護と、メンテナンスに便利なフロアコーティングですが、このコーティングについて施工するには、入居前に行うべきなのでしょうか。入居前に施工することで、特にメリットになる理由とは何なのでしょうか。

更に入居後に施工を依頼したいとおもったときには、もう遅いのでしょうか?例えば、入居後に思い立ってもできるコーティングはないのでしょうか。こうした疑問について調べてみました。

これからコーティング工事をしようかなとお考えの方は、事前に把握しておくことで便利かつ有益に工事を進めることができます。是非、ご一読ください。

入居前のフロアコーティングがいい理由

フロアコーティングとは、床材を保護し、その美しさを長く保つために行われる工事です。生活していく中で、例えば家具を曳いたりした際や、日常的に使用しているスリッパなどによって細かな傷が床についたりします。それだけではありません。塵やほこりは人の目に見えないサイズのものが集まり、それが湿気や人の汗などといった水分と混じりあい、床材に付着しています。こうした汚れは、人が通ったり温度の変化などの圧力によって床材にこびりつき、それが積み重なることでくすみとなって目に見えるころには掃除してもとれないほどになっていることもあります。こうした積み重なって出来る汚れなどから床材を保護するために、フロアコーティングが大変便利でオススメなのです。

このコーティングは、傷や汚れが付着する前の床材に施工することで、新品同様の美しさを維持することができるものなのですから、使用してしばらくした床材に施工するよりも、ずっと見た目の美しさが維持されます。また、床材全体に施工することで色ムラもなく、見た目にうっとりする美しさをキープできるということなのです。そのため、入居前に施工を行うということは、色ムラなく仕上がりの良さを見た目にも感じることができるという利点があります。そのほか、入居前は家具や生活の中で生じる傷がつく前の状態ですから、床材自体の本来持つ美しい状態で、施工できるというところも利点に挙げることができるでしょう。

床材は、傷やほこりだけでなく太陽光の熱や紫外線でも色焼けや色落ちがしやすいものです。入居前に施工を行うことで、床材本来の良さを長く維持させられるうえに、家具や生活などから生じる傷やほこりを防止できるなどと、日々のお手入れにも大変効果的なのです。ですから、入居前に床材のフロアコーティング工事を行うということは、後々のお手入れを考慮しても、賢い手段であるといえるのです。面倒なメンテナンスが不要のコーティング剤もあるので、時間の短縮にもなります。

居住中でも施工できるフロアコーティングってあるの?

本来、入居前に施工しておいた方がオススメだといわれるフロアコーティング工事ですが、入居後に思い立った時には、もう工事ができないものなのでしょうか。もし、出来ないとすれば、それはあまりにも悲しいですよね。実は入居後でも施工をすることは可能なのです。ただし、コーティングの種類によっては、臭いや乾燥などの期間を考慮すると、居住中だった場合には、施工することをオススメできない工事もあります。UVコーティング剤のような機械や日数のかかる工事は難しいとしても、ガラスコーティングなどのように、比較的日数も短時間で、臭いなども刺激的ではないコーティングは居住中でも施工することが可能です。

しかし、一般的なというところでのお話ですから、例えば臭気アレルギーや材質によってはアレルギー反応を示しがちなご家族がおられる場合には、施工前に工事担当者と打ち合わせる必要があります。ちなみにガラスコーティングなど刺激の少ないコーティング剤の場合には、比較的短時間でまた臭いなども強い刺激を伴わないものが多いので、こうした種類のコーティングの場合でしたら、入居後にコーティングすることは十分可能です。

ですから、入居後に思い立ったとして、今からでは無理かと諦めることもないのです。ここで注意点としては、コーティングは床材を保護し、その美しさを長期的に長持ちさせる効果があるものです。入居後にコーティングする際には、大きな傷や汚れを一度キレイにしてからコーティングする必要があります。また、コーティングを行う部屋の家具はある程度、別の部屋に移動させなければならないということも忘れてはなりません。コーティング剤はムラがあっては美しさに見劣りが生じ、せっかくコーティングをしても、ムラが原因でひび割れやコーティング剤がはがれるといった問題にもつながってしまうことがあります。こうした問題点を解決できれば、入居後でもフロアコーティングを施工することが十分可能なのです。

フロアコーティング施工時は寒暖差も考えよう

さて、施工を実施する場合には、できれば入居前の方が良いことや、もし入居後に思い立っても施工は十分可能だということは御理解いただけたとおもいますが、そのコーティングはいつ行うのが理想的なのでしょうか。施工に適した時期というものはあるのでしょうか。

結論から申し上げますと、フロアコーティングはいつでも行うことが可能です。ただし、フロアコーティングはコーティング剤を床に塗布して施工する工事ですので、その地域の気温や湿度の影響を受けます。あまりにも寒暖の差が激しい時期には、コーティング剤の乾燥が上手くいかなかったり、場合によっては温度差でゆがみが生じるといったことも起こりうるのです。梅雨の時期にコーティング工事を依頼したところ、比較的刺激の弱いコーティング剤を使用したにもかかわらず、雨のため湿度がかなり高くなり、臭いが部屋についてしまったケースや、冬の気温の低い時期に施工したところ、低温続きでなかなか乾燥が進まず、施工の予定日が大幅に遅れたといった案件もあります。

また、夏の暑い時期に施工したところ、その後温度が下がった際に、コーティング剤が温度変化に耐えきれずに割れや剥がれが生じたといった場合も散見されています。ですがこうした失敗事例は、それほど多いものではありません。

しかし、実際温度の差によってゆがみや割れが生じる恐れのある工事ではありますから、それを把握したうえで施工の時期を検討する必要はあるのです。もちろん、こうしたコーティング剤それぞれの種類の弱点については、施工担当者も十分把握しているところです。ですから、施工前には工事担当者と十分に打ち合わせる必要があります。

どんな種類のフロアコーティングを希望しているのか、そしてその工事に適した時期はいつなのか、というところを打ち合わせた上で工事を施工するというところがフロアコーティングを上手に受けるために大切な点であるといえます。

まとめ

フロアコーティングの美しさを保つために、入居前など工事を行う時期を見計らうことも大切ですが、実際の施工をいつにするかということもしっかりと打ち合わせることも重要です。こうしたことを忘れなければ、美しさを長持ちさせ、さらにお掃除も便利なフロアコーティングを手に入れることは簡単なのですよ。