ガラスコーティング業者ランキング

料金を重視したフロアコーティングの選び方

新築を建てたので、フロアコーティングを検討しているけれど、施工方法に複数の種類があるためにどれを選べばよいのかわからないという場合や、ウレタン、アクリル、ガラス、シリコン、UVなどの特徴と価格相場、さらには寿命まで徹底分析していきたいとおもいます。これから施工を検討している方の参考になる情報となるうえに、自宅の形式や場所によっておすすめの施工をのせています。サンプルや見積もりを取る流れについても公開しているので、参考にしてみてください。

まずは、各フロアコーティングの価格と耐久年数を比較

フロアコーティングの種類別に価格や耐久年数、そして施工の特徴について説明していきたいと思います。まずもっともポピュラーだといわれているアクリルコーティングです。これはワックス施工とも呼ばれていて傷の補修や耐久性よりも、ツヤ出しを目的とされることが多いといえます。価格は約20畳の平均だと35000円で、耐久年数は3年程度といわれていますが、美しいツヤを継続したいのならば2年に一度の施工が必要です。

続いてはウレタン施工ですが、このフロアコーティングに関しては、20年以上前から施工されているので、信頼性があります。摩擦に対する耐久性が強く、環境に優しい塗料を使っているのが特徴です。この施工料金は70000円ほどで、年数は8~10年となります。アクリル樹脂にシリコンを混ぜたシリコンコーティングは、安全性が高く基本的な性能が高いといわれています。平均価格は10万円ほどで、寿命は5~10年です。やや技術が必要な施工ですので、業者選びに慎重にならなければいけないというデメリットがあります。硬化・耐久性が強く、衛生面も安心だといわれているガラスコーティングは15万円程度と、これまでの施工に比べると高価になるケースが多いといえます。

しかし耐久年数も長く、5~12年ほどです。最後に紹介するのはUVコートと呼ばれ、現在のフロアコーティングの中でも最も高い品質を誇り、耐久性や摩擦・安全性にも優れています。この施工の料金は15万円以上となり、耐久年数は20年以上です。高額になるほど耐久年数があがるので、低価格は施工が良いとは限りません。床材との相性もあるので、しっかりと見極めた上で施工依頼することでコストカットにつながります。

低コストなのは、アクリルコーティングとウレタンコーティング

耐久年数とコストが比例していることは理解できたが、できればコストを重視したい、そんな方にお勧めのフロアコーティング施工はアクリル、ウレタンコーティングです。これらのコーティングは特別な樹脂を使ってコーティング施工を行いますので、光沢がありつや出しにぴったりです。料金に関してもUVコートと比べると安価で5千円以内といった程度です。アクリルについてはワックスとも呼ばれ、以前までは硬化が弱く洗剤に溶けてしまうことがあるといわれていました。

しかし近年では業者によって高硬度を保ってくれる薬剤を使っていたり、剥離が簡単であるため塗り直しが可能であったりします。しかしアクリルは耐久年数が3年と極端に短く、床材や表面の美しさを保ちたい場合には2年ほどで塗り直しが必要です。ウレタンに関してはどうでしょうか。冒頭で説明したように、この施工方法は20年以上もの歴史があり、人体に影響のない薬剤を使っているのでペットやお子さんのいる家庭にも良いといえます。摩擦に強く、スリッパなどの擦り傷に対応していることもあります。料金は7万円ほどで、耐久年数は5~10年とかなり長いといえます。

しかしこの施工に関しては密着率が弱く、床材との相性や施工業者の技術によって剥離してしまうこともあります。また乾燥時間が長く、完全に硬化するまで1か月ほどかかることもあるので、その間に自宅で過ごすことはできません。どちらもコストだけを考えると低価格だといえるのですが、特徴やデメリットを確認した上で挑まないとおもった結果とは違うことになってしまいますので、注意が必要です。これからフロアコーティングを検討している方や種類で迷っている方は、参考にしてみてください。

価格相場と業者のサンプル・見積もりを確認したうえで決めよう

何も知識がないので、すべて業者へお任せしようという貴方、ちょっと待ってください。質の良い業者や、本当に信頼のできる業者であれば良いですが、中にはそうでないところもあります。そういったところに任せると、当初とは全く違うプランを組まれる、または相場以上の金銭が発生する可能性もあります。そうならないように、フロアコーティングの種類別価格相場や、見積もりを取り、業者をしっかりと分析することが重要です。ほとんどの業者が、詳しい資料やサンプル請求ができるようになっているので、目視確認し、手触りを確かめてから依頼しても遅くはありません。ちなみに企業によっては擦り傷の耐久力があるプランを提供しており、その施工がされたサンプルとスチールウールを添付し、実際に擦り傷がつかないかをチェックできるケースもあります。

またコーティング別に比較できるサンプル請求もできるので、自分にあったサンプルや資料やサンプルを請求するとよいですね。見積もりに関しも電話連絡はもちろんのこと、メールやFAX、スマートフォンやPCからアプリを取得することで依頼することができますので、自分のライフスタイルに合わせることができます。これらをすべてクリアすれば、あとは申込み・打ち合わせです。打ち合わせの際にも資料と異なることや料金に問題がないか、または自分の納得いくまで説明をしてくれるのかを確認することが重要です。

口頭説明だけだと不安なので、できれば契約に関するすべてを書面にしてもらう、または録音機能を使って録音しておくと便利です。大きな金額が動くことになるフロアコーティングですし、後悔しない施工を求めるからこそ、正しい知識を持ち業者やサービスを見極めていくことが大切だといえるのです。

まとめ

料金相場や特徴を知ることで、自宅に合ったフロアコーティング施工を依頼することができます。また単にコストが安いからといってお得になるとは限らないことを、肝に銘じておく必要があります。コーティングには種類があるのはもちろんですが、耐久年数といったランニングコストが含まれていますので、床材との相性や自宅の形状に合わせて依頼していただければよいでしょう。ちなみにサンプルや資料請求が可能な業者がほとんどですので、依頼前に必ず請求するようにしましょう。