ガラスコーティング業者ランキング

初心者におすすめのフロアコーティングの種類

フロアコーティングをしたいと思っても、どれをやればいいのかわからない……そもそも、種類によってどう違うのか、初心者なのでわからないという方も多いと思います。コストがかかるものなので業者選びやどのコーティングを施すかは慎重に選びたいものです。

ここではフロアコーティング初心者でもわかりやすく、またどんな効果がもたらされるのかも合わせて紹介していこうと思います。

まずは、フロアコーティングの種類を知っておこう

コーティングに種類があることをご存知でしょうか。コーティングの種類によって、得られる効果や耐久性、お値段なども変わってきますので、頼む前に知っておきたい事項です。

まずはアクリル系のいわゆるワックスのコーティングです。こちらは乾くまで1時間と早いですが、耐用年数は3年と、他のものに比べると短いです。その分お値段は安くなっています。

次はウレタンコーティングです。こちらは20年以上前からある最もポピュラーといわれている施工方法となっています。ガラスコーティングはフローリングの風合いをそのまま残すことができ、傷がつきにくく、ついたとしても目立たないのが特徴です。さらに、光沢も自然なものに近いため、フローリングの質感や温かみ、室内の雰囲気を落ち着いたものにしたい方には最適は工法と言えます。

シリコンコーティングは、基本的な性能が高く、耐アンモニア性や揮発性に優れているので、キッチンなどにもよく用いられる施工方法です。UVコーティングは、特殊な樹脂塗料を紫外線に当てることによって、コーティングしていく施工方法です。
高級家具やピアノなどに使われています。

このように、一口にフロアコーティングといってもさまざまな種類のものがありますので自分の家庭環境や予算などと照らし合わせて考える必要があります。

床に合わないフロアコーティングはある?

フロアコーティングに種類があることはご紹介しましたが、家の床に合わないコーティングというものはあるのか見ていきましょう。合わないものを考えるというよりは、自分の家にどのコーティングが合うかを考えていきましょう。

例えば、ウレタンコーティングはコーティングのなかでも比較的安価で予算的にも頼みやすいものですが、耐用年数は8~10年程度となっており、密着がやや弱く、年数が経つにつれてコーティングが剥がれやすくなっていきます。

対してUVコーティングは、他のコーティングと比べ、高価なものではありますが、耐用年数が20年以上となっております。

ガラスコーティングは無機質の液体ガラスが原料のためペットが床をなめても安心です。アルコールやアンモニアに強いのでペットのためにガラスコーティングを選ぶ家庭もあります。

毎日触れるものでありますから、単純に風合いで選ぶというのも基準になります。

業者としっかり相談してから決めよう

フロアコーティングを頼むにあたって、さまざまな業者を比較するということは重要です。

フロアコーティングには相場というものがありますが、だいたいどのような業者も2割から3割程度安くしてくれます。しかし、そのなかで最も安いものを単純に選ぶのは危険です。コーティングの施工のなかには、特殊な機材と高い技術を要するものもあり、その出来栄えによって耐用年数が変わってくるものもあります。

また、リビングなどのフロアだけでなく、水周りを一気にコーティングしたほうがよいと進められる場合があります。その際には、自分の予算と合わせて考えることが必要です。

自分がやりたいコーティング方法と、もしかするとその家の床の相性が悪い場合もあります。その際にはプロの業者の意見を聞くことも重要ですので、業者のアドバイスも参考にしながら、自分の家に合う施工を考えていく必要があるでしょう。

まとめ

誰もが最初は初心者です。フロアコーティングは業者を選ぶことからはじまりますが、まずはどのようなものがあるのか、調べておくことも大切なことだと言えます。業者は基本的に自分の商品を買ってもらうために良いことしか言わないので、客観的に見られるだけの知識を持っておくことも必要になってきます。