ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

失敗しないためのフロアコーティング業者の選び方

選び方ひとつで大きくかわってしまうのが、フロアコーティングの業者選びではないでしょうか。自分が住んでいるところ、もしくは日々長い時間過ごす空間などの床ですから、もし間違ってしまったら後悔は必至です。そうならないために、事前の下調べは大切です。間違いないための下調べとは、どうするべきなのか調べてみました。

良いフロアコーティング業者とはどんな業者なのか

フロアコーティングは、基本的には自分でもできる部類の作業と言われています。ただ、特に慣れているならば御自身で作業していもいいでしょうが、通常であれば、手慣れた専門の業者に依頼するのが一番ですよね。実際、御自身のご自宅もしくは職場など、長い時間を過ごす空間のフロアコーティングをしようと思ったときには。業者に依頼するのではないでしょうか。

フロアコーティング自体は、先に説明した通り、フロアコーティングを行えると銘打っている業者なら、どこでも可能ではあります。しかし、仕上がった姿が納得できるものになるのか、それとも愕然とするものになるのかは、業者の選び方次第ということになります。誰でもできるということは、誰にもできないほどの丁寧さをもっていることを業者に求めなくてはならないということです。

丁寧さだけではありません、室内の角など繊細さを求められるところに対しても、業者ならではの手際など、素人には出来ない技術をしっかりと見せつけてくれる工事を求めるべきなのです。でも、業者に実際に工事してもらわないとそんなところは分からないですから、工事を依頼する前に、こうしたことを出来る、もしくは出来て当たり前位の意識を持っている業者であるかを、正に吟味して選択しなくてなりません。

この吟味のために必要な知識や、経験者談にをインターネットや口コミで調べる方法としては、インターネットや口コミサイトはもちろん、実際に業者に問い合わせたときの、説明内容をしっかり聞いておくことです。例えば不明点があったときには質問してみる、そしてどんな回答をするかを把握する。こうした事前の下調べは、とても大切なことなのです。

こんな業者には注意して!チェックすべきポイント

フロアコーティングを依頼する業者の選び方に関して、気を付けるべきポイントはいくつか存在します。まず、一番確認するべきなのは、しっかりと存在している業者であるかということです。インターネットなどで検索しただけでは、業者の掲示している住所に確かに存在しているかどうかを確認することができません。

実のところ、年間に何十件という単位で詐欺事件が発生し、前金として支払ったお金を騙し取られたという被害が発生しているのです。ですから、当たり前のように感じるかもしれませんが、確実に存在している業者であるかということを確認してください。電話番号は間違いないでしょうか。担当者や代表者の名称は記載されていますか。業者名に不審点はありませんか。次に確認すべきは、こうした業者の実績です。

過去にフロアコーティングを受注した経験がないのに、類似工事の経験を提示して、請負可能などと掲示しているところは注意が必要です。経験不足で着工した場合には、問題点や注意点を会得せずに行うのですから、確実に問題が発生します。また、フロアコーティングは、臭いや乾燥にかかる期間なども必要になる工事なのですが、その場合の措置について、どんなアフターフォローをするのか、お気に召さなかった場合には、業者側でどういった措置を講じているのか、こうしたことを明確にしていない場合にも注意すべきです。

フロアコーティングは、種類によっては修正も可能なものはあります。しかし全てではありません。その修正が必要な場合にも対応できるところでないと、万が一の場合に、大変つらい思いをするのは発注側になってしまうのです。

見逃しがちなアフターフォローが一番肝心

フロアコーティングは、アフターケアが一番大切なプロセスです。ただし、フロアコーティングを依頼する側としては、キレイに出来上がった床を想像しているのみで、正直なかなか工事のことまで考えないものです。実際にどんな工事をするのかわからない以上、想像もできないし、業者に任せるしかない。金銭を支払って受注するのだから、誰だって紳士的に工事してくれるだろうと、どこか過信してしまうところだってあるでしょう。

しかし、水を差すようですが、実際は経験不足なのに、顧客を減らすことを恐れ、誇大広告に頼ってしまっている業者も少なくないのが現状です。万が一、そのような業者に依頼してしまい、工事に時間はかかる、工事が終わったと言われてみると、しばらく臭いはきついしとれないし、フロアコーティング自体もむらがあったり、肌触りが良くないなど、納得のいかない工事をされてしまってはどうしようもありません。

こうした業者の選び方を失敗しないため、まず工事を契約する前に、アフターケアについて質問しておくことです。例えば、先ほども少し説明しましたが、フロアコーティングは種類によっては、臭いが少し残ってしまう場合があります。自分が選択した種類が臭いの少ないものだと説明された場合でも、万が一匂いが残った時のアフターフォローについて確認してみる。

また工事にかかる日数についても同様です。一応の目途は事前に説明を受けますが、いつまでも使えないとなると、受注した側の日常生活にも差し障ります。こうしたとき、多少の誤差ならともかく、少し伸びてしまったときのアフターフォローは業者側でどのようにするつもりなのか、確認してみるのです。

まとめ

せっかく工事を依頼するなら、工事が完了するまで、納得できるものの方が良いですよね。そのためには事前の下調べは大切です。ここをおろそかにしてしまうと、後で後悔しても取り返しがつかなくなってしまいます。気を付けて安心の工事を受けられるよう努めて下さい。