ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングの施工手順~業者選び編~

人生でフロアコーティングをする機会はなかなかないと思います。しかし、コーティングをきれいにできると、綺麗な床が長持ちします。特に新居でコーティングを頼む方も多いと思います。せっかくの新居を素敵な状態で保つためにもしっかり準備をして行いましょう。もちろん新居でなくてもコーティングはできますが、注意事項があるのでしっかり確認してください。

資料と価格を比較しよう

フロアコーティングをするときに重要なことは業者選びです。業者を選ぶ際は、どのようなコーティングをするのか具体的なイメージをもってから行いましょう。ある程度の得意、不得意は業者ごとにあるようですので気をつけてください。イメージがついたら、業者選びを始めましょう。人それぞれかもしれませんが、業者を選ぶときに重視するポイントで必ずと言っていいほど上位にあがるのが「施工のクオリティ」と「価格」です。今回はその「クオリティ」と「価格」をできる限り、求めるレベルやそれ以上にもっていけるように選ぶポイントを紹介します。

まず、業者選びのポイントは「資料の比較」です。最初に業者に資料を請求しましょう。送られてきた資料やパンフレットがどれくらい充実しているか、手をかけているかをチェックしましょう。意外とこれらの充実度が信頼度を表す指標となるものです。資料請求と同様にサンプルの請求も行いましょう。送られてきたサンプルを確認することで、その業者のクオリティーやサービスの良さが垣間見られます。

ある程度業者を絞れたら、次に比較したいのが、「価格」です。価格を比較するときには各業者に見積もりを依頼することになります。ここで注意して欲しいのが、安すぎないかどうかです。「安いほうがいいじゃん」って思われるかもしれませんが、基本的にコーティングにかかる費用というのは、コーティングにかかる材料費と人件費プラス利益になります。材料費は成分に差はありますが概ね同じ価格になります。商売なので、利益を削らずに安くしようとすると残りの人件費が削られます。つまり、安い人材を雇うことになる、もしくは作業が雑になるという可能性があるのです。この点を留意したうえで業者選びをしてみてください。

対応可能な業者と作業内容を確認しておこう

前述で、フロアコーティングの具体的なイメージを持つように言いました。ここでは、具体的にどのような作業があるのかを確認しましょう。フロアコーティングにはガラスコーティング、UVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティング、水性ウレタンコーティング、水性アクリルコーティングなどがあります。業者を選ぶときにはこれらのコーティングのどれができるのかを確認しましょう。当たり前のことですが、取り扱いのないところを選んでも意味がないため、しっかり確認するようにしてください。

次に、施工日に行う作業について確認します。まず、当日に立ち会い、そこで当日の作業内容を教えてもらいます。基本的に依頼主が作業を手伝うことはほとんどありません。作業の準備はすべて業者が行います。作業をする前に家具等を動かしたり、マスキングテープなどで養生し、部屋に傷が付かないようにします。この際、冷蔵庫などのほとんど動かすことがないような家具はそのまま作業を行うことが多いです。続いて、剥離作業に入ります。ワックスが塗られている場合は必ず剥がします。これは、ワックスに汚れや傷が残っているとうまくコーティングができないためです。

そして、ようやく本命のコーティング作業に取り掛かります。ほこりやごみが入らないように細心の注意を払って、均一にコーティング剤を塗ります。作業時間は6-10時間が多いようで、もちろん面積や作業のしやすさによります。その後、再び立ち合って、作業の出来栄え、施工箇所のチェックを業者とともに行います。ここで、後悔のないようにしっかりと言いたいことは言っておきましょう。最後に、掃除の仕方や、コーティングの手入れの仕方、注意点を説明してもらい、終了です。以上が、当日の流れになります。新居でコーティングを行うことも多いと思いますので、長い付き合いになります。後悔のないようにしましょう。

ワックスやコーティングの有無を業者に伝えておこう

最後に、業者にフロアコーティングを頼むときの注意点を述べていきます。一番注意してほしいのが、すでにワックスやコーティングをかけているかどうかをしっかり伝えておくということです。なぜなら、先ほどにも少し述べましたが、コーティングの仕上がりに影響を与えるからです。ワックスやフロアコーティングに付着した汚れや傷、黒ずみの上からコーティングをするとそのまま残ったり、デコボコになったりします。

さらに、ワックスやコーティングは生活をしていて均一に剥がれるということはありません。必ずムラができますので、その上からフロアコーティングをすると同様にムラができてしまします。ここで注意しなければならないのが、コーティングをしている場合です。業者によってはコーティングをしていると施工を頼んでも拒否される可能性があります。ワックスは比較的簡単に落ちますが、コーティング剤はかなり強力にフローリングに接着しているために、剥がすことがかなり困難です。剥がすことができても、非常に手間がかかるため、追加の料金が発生する可能性があるのでご注意ください。

以上のことから、必ずフロアコーティングを頼む際はワックスやコーティングの有無をしっかり伝えてください。しっかり伝達できていないと、お互いに満足のいく施工ができなくなってしまします。

まとめ

フロアコーティングは準備が大事です。どのようなフロアコーティングにするかとか、なぜフロアコーティングを頼むのかなど、業者を選ぶ前にある程度考えておかなければなりません。いくつかの業者から資料を請求し、自分の納得いく業者に頼みましょう。以前にワックスやフロアコーティングをかけている方は、その旨を忘れずに伝えましょう。