ガラスコーティング業者ランキング

ガラスコーティングとセラミックコーティングの違い

フロアコーティングにはどのようなコーティング剤が用いられているかご存知ですか?一口にフロアコーティングと言っても様々な種類があります。その中でも特にコストパフォーマンスの高い種類であるガラスコーティングとセラミックコーティングについてご紹介します。どちらも平均耐久年数は長いため、一度コーティングしてしまえば、しばらくはもちます。ずっと残るものなので、後悔のないような選択をしましょう。

ガラスコーティングの特徴

ガラスコーティングは比較的新しい工法ですが、現在ではかなり人気の高いフロアコーティングとなり、UVコーティングと並んで最もよく利用されています。ガラスコーティングの特徴は高い硬度と、見栄えの良さです。ガラスコーティングはナノコンポジット技術を用いて、フローリングの表面にガラス膜を形成することで、高い引っ張り強度と弾性率などの優れた物性を付与することができます。それに伴う長い平均耐久年数がガラスコーティングの人気の理由の一つとなっています。

平均耐久年数は約15~25年と言われており、現在人気のUVコーティングにかなり近い耐久力をもっています。また、ひっかき強度もかなり高いため、ペットの爪などで傷つくことはほとんどありません。さらに、素材は無害なものしかないため、子供がいるご家庭にもおすすめできます。そして、強度や安全面だけでなく、見栄えの評判もかなり良いです。耐久年数の長いコーティングには珍しく、ツヤ出しやツヤ消しの選択が可能です。そのため、出来栄えに希望がある方には選択肢としてかなり有力ではないでしょうか。値段は他のコーティングより比較的高いですが、全体的なコストパフォーマンスを考えるとかなり良いほうと言えるでしょう。

これらの特徴はかなり魅力的ですが、欠点もあります。それは施工の時間の長さです。施工では、まず樹脂ワックスの剥離に丸1日かかります。一晩乾燥させた後、二日目にガラスコーティングの工事を行うというパターンが多いので、工事にあまり時間を取られたくないという方には、あまりオススメできないかもしれません。

セラミックコーティングの特徴

セラミックコーティングの特徴もやはり高い硬度です。また、セラミックとは無機材料を高温で焼いたもののことであり、セラミックコーティングに用いるコーティング剤は化学的に反応性はあまり高くありません。そのため、薬品がこぼれたり、何か化学的に反応する心配はありません。また、ひっかき強度もかなり高いため、犬や猫などの家庭で飼うようなペットがいる場合や、小さなお子さんがいる場合は特に安心できると思います。

また、このような物理的、化学的強度により、耐久年数も10~20年と比較的長い年月維持することが可能です。出来上がりの光沢はあまりありません。ピカピカさせたい方には物足りないかもしれませんが、控えめがいい方にはちょうどいいと思います。価格はそれなりに安い部類に入ると思います。コストパフォーマンスもかなりいいと思いますが、セラミックコーティングを取り扱っている会社が結構少ないので、色々な会社で比較をしてから決定したい方には若干納得いかないかもしれません。

以上で述べたように、セラミックコーティングにはガラスコーティング同様に、かなり多くのメリットがあります。選択肢の幅は他の材料よりも少ないというデメリットはありますが、それを大きく超えるメリットがあるので、検討してみる価値はあると思います。

二つのコーティングの違いとは

それでは、ガラスコーティングとセラミックコーティングの違いについて説明していきます。これまでに挙げてきた特徴はそれぞれ似ているものも多くありました。結構似ている印象をもたれた方も多いかと思います。具体的な数字を見ていきましょう。まずはじめに挙げていた、引っかき強度についてです。ガラスコーティングは7~9Hであるのに対して、セラミックコーティングは7~8Hです。これはほとんど同じと考えていいでしょう。平均耐久年数は、ガラスコーティングが15~25年で、セラミックコーティングは10~20年です。これは若干ですが、ガラスコーティングに軍配があがりますね。

次に仕上がりの光沢についてですが、ガラスコーティングはツヤ出しとツヤ消しに幅がありますので、調整可能です。それに対して、セラミックコーティングは光沢が控えめで基本的にツヤを出したくても選択はできないようです。最後に価格について比較します。今回は参考までに1平米あたりの平均価格を比べてみます。ガラスコーティングは3500円~5000円です。セラミックコーティングは3000円~4000円です。こちらはものや業者にもよりますが、平均値だけ比べるとガラスコーティングの方が少し高いという結果になりました。

以上をまとめますと、強度と平均耐久年数はガラスコーティングがわずかに勝っているのに対して、価格ではわずかにセラミックコーティングがわずかに安い。そして、仕上がりのツヤの自由度はガラスコーティングが高いという結果になりました。ただし、いずれにおいても大きな差があるわけではないので、目的にあったコーティングをしましょう。

まとめ

今回はガラスコーティングとセラミックコーティングの違いについて説明してきました。強度はほとんど同じで、平均耐久年数はガラスコーティングの方が長いですが、若干価格が高くなります。完成後の光沢の有無もガラスコーティングでは選択できますが、セラミックコーティングではできないことが多いです。スペック自体はガラスコーティングの方が高そうですね。ただし、価格がセラミックコーティングの方が多少安いので、価格を重視するかパフォーマンスを重視するかということになります。目的に合わせて選びましょう。