ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フロアコーティングの驚くべき効果とは

フロアコーティングは、その種類によっても効果や持続が異なります。その具体的な効果と、どのくらい持続するものなのか、詳しく調べてみました。事前に調べてみることで、どのタイプが自分に合う種類かを知ることもできます。フロアコーティングをお考えの方、参考にしてみませんか。

ワックスがけをする必要がなくなる

フロアコーティングは、床の保護のために行うもので、簡単に説明すれば、床を専用の保護剤によって保護することです。昔は、床の保護剤というとワックスを使用していましたが、今はコーティング材で保護しています。ワックスがけをするよりも長持ちし、保護能力が高いというのが魅力です。そもそも床にワックスをかけていた理由は、床に傷や痛み、へこみをつけないためでした。居室など、自宅の床はたいてい木材などで作られたフローリングが主になっています。

フローリングは一部、合成素材だったりしてもほとんど木材から作られていますよね。木材は物が落下したり、例えば家具や椅子を動かしたときに、傷がついてしまいやすいものです。そこで、こうした日常生活の動きの中で、木材に傷をつけないためにワックスをかけて木材を保護していました。

フロアコーティングはワックスよりも強度が強くて、傷に強いのが利点なのです。また、ワックスがけをされたことがある方は、その大変さや難しさをご存知でしょう。塗りムラがでないように、そっと同一方向に塗り続けなければならず、かなりの手間と集中力を必要としました。

その点、コーティング剤はワックスよりも簡単に塗ることができて、手先が器用な方の場合には、素人でも塗ることが可能であったりします。そのため、近年はワックスではなくコーティングをする人が増えているのです。更にワックスは、はがれやすいのも難点でした。床材に傷をつけないで生活したいと思う場合には、おおよそ、半年に一度くらいの頻度で塗り直しをしなければなりませんでした。その点、コーティングは一度塗布すると、その効果は10年近く、若しくはそれ以上長持ちするので、とても便利なものなのです。

床が光を反射して、部屋全体が明るくなる

フロアコーティングの利点は、利便性だけではありません。例えば、ワックスは時間が経つと変色したり、一部がはがれてしまったりして、時間の経過とともに見た目に色ムラを感じたりすることがあります。それに日常生活の中で、コーヒーや紅茶、ジュースをこぼした時に、濡れた布巾で拭うだけでは汚れが落ちず、そのため洗剤を混ぜた布巾で拭ってしまったりした場合には、ワックスが化学変化によって一部がはげてくる、という失敗もありました。こうなってしまうと、床材は見た目にも一部がはがれているのが一目瞭然になってしまい、お世辞にも美しい床とは言い難いものになってしまいます。

その点、フロアコーティングは材質は様々ありますが、基本的にはどれも10年前後は長持ちするほどの効果を持っているので、塗り替える必要はしばらくありません。そして、耐久性の良さは、光沢の美しさの維持でもあります。いつまでも床が美しいと、外光だけでなく室内灯もキレイに光を反射してくれますから、総じて部屋全体に光が届くこととなり、明るい感じがします。

実際、コーティングを行った人が多く感じるのは、室内灯の蛍光灯を変えたのかと思うほど、部屋の中が明るく感じるということなのです。部屋が明るく感じると気分も明るくなりますから、大変良い効果です。フロアコーティングは、汚れがついても水拭きで十分汚れを落とせるという利点もあるため、洗剤を使う必要もありませんし、一部だけがはがれて見た目に残念な結果になるという心配もほぼないものです。

見た目だけでなく、日常生活でも使いやすいものであるため、近年、多くの人が利用しているコーティングなのです。

滑りずらくなるので子供や高齢者がいても安心、安全

さらにフロアコーティングの良さは、滑り過ぎない床になるということです。ワックスと比較しますと、例えばワックスはしっかり塗ってしまうと、床がつるつるの面になってしまうため、絹製品の靴下をはいていた場合には、滑って転んでしまうという問題点がありました。

そのため、自宅でワックスがけをするという場合には、小さなお子さんや足元が不安な高齢者のいるご家庭では止めた方が良いものと思われていました。室内犬なども、ワックスがけをした床では踏ん張りがきかず、関節を故障したり、肉球が床面で滑って怪我をするということもあったそうです。

しかしフロアコーティングは、必要以上につるつるになりませんし、汚れや傷もつきづらく歩きやすい床になるという効果があるため、大変人気なのです。小さなお子さんはもちろん高齢者がいるご家庭の場合は、むしろ汚れたりしたときにも拭いやすいなどの理由から、取り入れるご家庭も増えています。

また、室内でペットを飼っているお宅でも、動物たちの身体にはフロアコーティングの方が健康を阻害する理由がないため安心して使うことができるのです。こうした床面の歩きやすさだけでなく、ワックスがけの場合には、臭いや成分からアレルギー反応を起こす人が現れたり、ワックスが乾くまではしばらく部屋に近づけないという問題点もありました。

フロアコーティングに使用されている成分は、比較的人体などへの健康を害する成分も少なく、若しくは配慮されて入っていないなどのものもあるうえに、施工後、それほど暇なく部屋を使用することができるなど、安心感が違います。こうした様々な効果が、近年、フロアコーティングを選択されている理由となっているのです。

まとめ

フロアコーティングは、従来のワックスよりも使いやすく、また日常の中での利点が多いことが御理解いただけたのではないでしょうか。新築だけでなく、ある程度年数がたったご家庭でも取り入れることは可能です。見た目にも美しい室内に変われますので、是非ご検討してみてはいかがでしょう。