ガラスコーティング業者ランキング

ガラスコーティングの特徴!耐屈曲性って何?

フロアコーティングの仕方には様々な種類があり、価格や耐久年数、特徴がそれぞれにあります。選び方は何を重視するかによるとは思いますが、ここではフロアコーティングの中でも耐屈曲性に優れ、最先端で人気No.1と言っても過言ではない「ガラスコーティング」についてご紹介します。さて、耐屈曲性とはどういうことなのでしょうか。そして、最先端であり人気No.1と言われている理由は、いったいどこにあるのでしょうか。

耐屈曲性とは

フロアコーティングをする際に、みなさんは何を重視しますか?耐久性が高い、仕上がりがきれい、お手入れが簡単、安全である、このような点を重視する方が多いでしょう。そこで、ガラスコーティングの出番です。これらの特徴を兼ね備えているため、高い人気を誇っていますが、最大のメリットは、「耐屈曲性」とされています。

では、耐屈曲性とは何なのでしょうか。一般的な意味としては、曲がりに耐えることができるいうイメージですよね。床材のコーティングに関して言うと、床材が何らかの形で変形してしまっても、コーティング剤もそれに伴い変形してくれるということです。実際に例を挙げながら、もう少し詳しく見ていきましょう。床材は、寒いときも暑いときも同じ状態でいるのかというと、違うのです。寒暖によって床材は、伸縮と膨張を繰り返しています。伸縮と膨張を繰り返すとなると、当然床材の表面のコーティング剤にも影響が出てきます。コーティング剤は床材の変化に対応できないと、ひび割れを起こしてしまう可能性があります。ひび割れを起こしてしまっては、せっかくコーティングをしても意味がありません。そして、寒暖差のある季節ごとにコーティングをし直す必要性も出てきてしまいます。

しかし、ガラスコーティングは耐屈曲性が高いので、寒暖差の激しい地域でも長く使用することができるといった点が最大の特徴となります。ちなみに、耐久年数20年以上と言われており、硬度が高いため物を落としたり犬や猫が歩いて爪でひっかいても傷になりにくいので、きれいなまま長く使用できるといった特徴もあります。こういった点が、人気NO.1と言われている理由なのでしょう。

フローリングの材質に左右される耐屈曲性の違い

フローリングの材質には、たくさんの種類が存在します。フローリングの種類によって、コーティング剤に必要な特徴はもちろんそれぞれ異なります。ここでは、初心に戻ってフローリングの材質に着目して、必要なコーティング剤について考えていましょう。まず、フローリングの材質には大きく分けて2つの種類があることをご存知でしょうか。1つは合板フローリング、もう1つは無垢フローリングです。

合板(複合)フローリングは合板とついている通り、木の板をいくつも貼り合わせたものであり、表面を木のプリントを張り付けたりして加工してあるものです。フローリングと言えば一般的にはこちらが用いられています。加工されているため、傷がつきにくく、また大量に生産されており価格が安いといったメリットがあるためです。しかし、接着剤などを使用していて人工的なため耐久性が低いといったデメリットがあります。

一方無垢フローリングとは、一本の天然木で作られたもので表面加工といった人工的な加工は行なっていないものです。特徴としては、手を加えていないため耐久性が良く、また木の香りや風合いなどを月日がたっても楽しめるといった点があります。しかし、天然木を使用しているため高価であり、そして傷や汚れが付きやすいといったデメリットもあります。

そしてコーティング剤の耐屈曲性ですが、合板フローリングと無垢フローリングでは必要性は大きく異なります。天然木には湿度の高い夏場は湿気を吸収し、乾燥した冬は湿気を放出する調湿機能というものがあります。つまり、天然木はこの調湿機能に伴い、伸縮と膨張を繰り返すので、無垢フローリングに対しては必要不可欠な機能となります。コーティング剤は傷を守るだけの機能だけではなく耐屈曲性も重要であるのです。

耐屈曲性が高いガラスコーティングのススメ

フロアコーティングには、UVコーティングやシリコンコーティング、ウレタンコーティングなど様々な種類があります。その中でも今回紹介したフロアコーティングの方法がどのような場合に適しているのか考えていきましょう。まず、特徴についてです。メリットは長い耐久性、ガラスということで硬度が高く傷がつきにくい、木への紫外線を防ぐため劣化を軽減できる、コーティング剤に特有のホルムアルデヒドを含まず無機質であるため安全であること、洗剤をつけてもしくは水拭きでの掃除が可能、マットタイプか艶出しタイプかの選択が可能であり床の素材の風合いや歳月を経た変化を楽しむことができるといった点があります。また、耐久性は寒暖差で伸縮と膨張を繰り返す無垢フローリングにとても適しています。

一方デメリットは、一般的なコーティングよりも高価であること、そしてフロアコーティングの中では比較的に新しい技術であり、まだ不慣れな業者も多いため、的確な業者選びをする必要があるといった点が挙げられます。また注意しなければならない点として、一般家庭でよくフローリングのワックスとして使用されている樹脂コーティングへの重ね塗りはできません。よって、確実に一度ワックスをはがす必要があります。

これまでの話より、ガラスコーティングをオススメしたいのはざっくり言うと、まず無垢フローリングをご使用の方、お子様やペットがいるなど安全に気を遣っている方、そしてフロアコーティングにお金をかけても良い方となります。もちろん、フロアコーティングを考えているすべての方にオススメできるコーティング方法です。これだけのメリットを兼ね備えているコーティング方法はないため、現時点で人気No.1なのも納得ですね。

まとめ

ガラスコーティングには、ほかのフロアコーティングにはない耐屈曲性といった特徴をはじめ、メリットが多くありました。家の中でも大事な部分である床は、そこに住んでいる人の暮らしや性格を表すものです、大事なマイホームをきれいに長く使い続けるためにも、ぜひじっくりとフロアコーティングについて一度考えてみてください。