ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フロアコーティングする際の家具はどうすればよい?

床材の保護に施工するフロアコーティングですが、施工前に、配置されている家具はどうしたらいいのか、これからコーティングをお考えの方は、こうした疑問を持たれるのではないでしょうか。

大きな家財を配置しているご家庭で移動が必須ならば、別に業者を呼ばなければならないのかなど、気になりますよね。

本来であれば入居前に施工するのが望ましいとされていますが、実際は入居後でも施工可能です。その際に搬入してしまった家具の扱いなどについて、調べてみました。

家具があるとフロアコーティングできない?

フロアコーティングを実施しようと考えている部屋に家財が配置されていたら、施工を行うことは出来ないのでしょうか。原則的に、施工を行う前の部屋には、何もないことが望ましいのです。これらの施工は、床材に均一に保護剤を塗布して行く作業です。コーティング剤の種類によっては、ただ塗布するだけではなく、専用の機械を用いて乾燥させるものもあります。また、全体に均一に塗布しなければ、一部から剥がれ落ちたり、割れたりなどの原因にもなりかねないものでもあります。ですから、事前に移動させておくのが望ましいといえるのです。

しかし、取り付け家具などのように簡単に移動させることができないものもあります。なかには、構造などから部屋の床や柱などと連結されてしまっているようなタイプもあるでしょう。こうした配置された部屋には施工できないのでしょうか。そんなことはありません。もちろん、すべて移動させられた部屋よりもかかる日数や費用面での違いが生じることは否めません。

ここからは、施工業者にもよるお話ではありますが、業者によっては移動が難しい部屋のフロアコーティングも行うことが可能なところがあります。この場合として、移動できない家財の下の床材に対するコーティングを行わない、つまり一部だけコーティングを実施しないという場合と、重機などを用いて、部屋の中で家財を少しずつ移動させながら、全体のフロアコーティングを実施する場合があります。リフトアップさせることで、本来、移動できない家具の下も施工を実施することができるのですが、そのための機械や機材を設置できるか、またリフトアップが可能であるかなど、一定の基準を満たした場合に行うことが可能になります。

ですから、家具をすべて移動できないという場合であっても、絶対に施工ができないというわけではありません。ただし、事前に業者への相談が必須し、場合によっては費用が加算されてしまう可能性がありますので、気づいた時点で相談をするのが良いといえるでしょう。

出来るだけ畳などコーティングしない場所に移動させよう

原則的にはフロアコーティングは施工する部屋の床材に、均一に塗布されるのが望ましいものです。そのためには、コーティング施工する際に邪魔になるような家財などはすべて移動させておくべきだといわれています。どの部屋をコーティングするのかにもよりますが、床材が木材のいわゆるフローリングなどの場合にコーティングを行うことが多いでしょうから、こういった場合には、施工の際には和室などの畳敷きの部屋などに移動させておく必要があります。

フロアコーティングは、そもそも床材の保護や、耐久性、耐水性を向上させ、床材自体を長持ちさせることや、美しさを維持するために行うための施工です。例えば、過去にフローリングの部屋などに、家具を配置しておいて、数年経った時に、何らかの理由でこの家財を移動させたところ、置いてあった場所が、少し床が凹んでいたとか、配置されていた場所以外が太陽光で焼けてしまい、その場所だけ色が濃く見えるといった現象に心当たりはないでしょうか。

フロアコーティングは、こうした劣化を防止する保護剤としての機能を持っています。コーティングを行う前には、こうした部分を点検確認することも大切になり、満足いくための施工を実施するためにはぜひ知っておいて欲しい知識だといえます。そのためには、一度、部屋の中の家具を和室などの別室に移動させることが大切なのです。なぜ、確認の必要があるのか。それは、こうした部分を知らず、ただ家財を移動させて、その状態でそのままフロアコーティングってしまうと、凹みや塗色の色合いの抜けなどをそのまま、その上からコーティングしてしまうからです。

一度、部屋の中から移動させて、部屋の状態を確認し、メンテナンスする必要があるのか、目で見て把握することが大切です。

コーティングを行う前に、こうしたメンテナンスを実施することは、見た目の美しさを保つことはもちろん、フロアコーティングを長持ちさせることにもつながるからなのです。

家具を移動させる場合の注意点や費用

フロアコーティングを行う前に、その部屋に配置されている家電や家財などを移動させる際には十分な注意が必要です。と、申しますのも、意外とこうしたタイミングで部屋に傷をつけてしまう方というのは少なくないからなのです。普段、いつも通りに使っている部屋で、部屋の中を傷つけることというのは、なかなかないものです。しかし、家財の移動など普段はあまり行わない、慣れていないことをすると、思わぬ時に床に傷を付けたり、壁紙をやぶってしまったり、家具自体にも傷をつけてしまうという場合があります。こうしたことがないよう、自分で行う場合には、なるべく一人で行わず複数人で行うこと、また緩衝材などがある場合には、しっかり巻いて、床や壁などに傷がつかないよう、配慮することも忘れてはなりません。
移動については、オプションとしてコーティング業者が引き受けている場合もあります。しかし、この移動の際に家具や部屋に傷をつけてしまう事例は少なくないため、業者側としても傷を最小限度としたいところが多いですから、大抵の場合には自分でできる限りの移動をお願いしているという業者の方が多いようです。
大掛かりなフロアコーティングを行うことを計画している場合には、臭い移りなども考慮して、引っ越し業者に移動を依頼するケースもあるようです。ただし、別に業者を依頼することになれば、その費用は自らが負担することになりますので、コーティング施工費用とは別にかかってくることになります。
またフロアコーティング業者の中には、仲介という形で、こうした家具の移動を行う業者を紹介して、その金額も少しお手頃にしているなど、プランとしての対策を講じているところもあります。いずれにしても、業者に依頼することになれば、ある程度の費用がかかりますから、自分でできるものであるならば、最善の措置を講じて自ら移動させることの方が望ましいようです。とはいっても無理は禁物ですので、業者をチェックしながら必要に応じてヘルプを依頼しましょう。

まとめ

フロアコーティングの美しい仕上がりを求めるには、美しくなるために事前にすべきことがあります。部屋の家具の配置や、床材の凹み、傷の確認はその最たるものといえるでしょう。

せっかく、費用をかけて床材を美しくさせるのですから、こうした手間を惜しまず、納得の結果を得たいものではないでしょうか。

そのために、コーティングを検討している部屋の状況を確認し、家具が移動できるものか、傷や凹みがあるか、事前に把握して、想定しておくことはとても大切なことといえるでしょう。