ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

コーティング材によるフロアコーティングの仕上がりの違いとは

コーティング剤の違いによって、仕上がりの見た目は違いがあります。そして、使用する部屋の用途によって、コーティングの種類を検討することはとても大切なことです。ですから、フロアコーティングをしようと思い立った時に、まず事前に勉強しておくべきなのは、このコーティング剤の違いです。事前に知っておくことで、納得の仕上がりと美しさの維持を得ることができます。

フロアコーティング材料の種類とは

まず、フロアコーティングについて、コーティング剤の違いを把握しておきましょう。コーティング剤については複数の種類があります。その種類の違いは光沢の差や強度など、使用する部屋の用途に合わせて様々にあります。フロアコーティングの種類について、簡単に紹介しましょう。

まずワックスなどのように光沢を持たせることを主たる目的として使う場合には、アクリル系のコーディング剤があります。床に細かな傷がつくことを気にする方に対してはウレタンコーディングというものがあります。さらにテカテカした光沢は苦手だけれど、ある程度のつやが欲しいという場合にはガラスコーティングというのがあります。油ハネの多い場所で使いやすいシリコンコーティングというのも近年増えています。その他、太陽光の入りやすい部屋などに向いているUVコーティングも近年好まれているコーティング剤といえます。このようにコーティング剤と一言で言っても、その種類はかなり多く存在しており、用途に合わせるということが重要になることが御理解いただけたのではないでしょうか。

この中から最適なコーティング剤を使うことで、床の美しさを長持ちさせ、掃除なども楽に済ませられるといった利点にもつながるため、コーティング剤選びというのはとても大切です。このコーティング剤の選び方を間違えてしまうと、メンテナンスに関して通常ならば長持ちすると言われているフロアコーティングが、はがれてしまい、一般的な期間まで持たず、再度メンテナンスを施さなければならなくなってしまう場合もあるのです。コーティング剤の選び方としてのポイントは、用途別だけでなく、その特徴の違いも把握しておくことが重要です。

それぞれのコーティング材の特徴

コーティング剤の違いによって、フロアコーティングの仕上がりや特徴にどんな違いがあるか、ご紹介しましょう。まずは、アクリル系コーティング剤の場合、光沢があるのが特徴です。古いコーティングをはがしたり新しいものを塗布したりという作業が比較的簡単に行うことができます。手先の器用な方なら素人でも簡単です。価格も安価であり、手が出しやすい。ところが、こうしたお手頃なものに全て言えることですが、はがれやすいという短所もあります。汚れたときに水や洗剤で拭いた際には、少し強めに拭いただけで採れてしまう場合もあります。そのために定期的にメンテナンスする必要があります。

次にウレタンコーティングについてです。ウレタン成分が含有しているので、摩擦に強く、例えばスリッパの擦り傷や、掃除機をかけた際の擦り傷などが付きづらいという利点があります。ただツヤがないため仕上がった時にコーティングをしたということを見た目に感じることがありません。ウレタンは水溶性の樹脂を使用するので、塗布する際に強い臭いが出づらいのも利点です。しかし乾きづらく完全に乾燥する前に衝撃を加えてしまうとひび割れや剥がれなどの原因になってしまうことがあります。更に使用される薬品も注意しておかなければ安全基準をクリアしていない薬品を使用する場合があり、薬品の確認は事前にしておくことが必至です。

また、ガラスコーティングは強さがありながら光沢を保つことができる反面、滑りやすいといった短所を持ち合わせています。そしてシリコンコーティングですが、油や洗剤などにも強くキッチンなどで使用することができます。反面耐久性が弱いのでメンテナンスの必要性が他のものよりも早く行わなければなりません。UVコーティングは太陽光に強くまた安全面でもオススメなのですがコストが高く、光沢感が強すぎる場合があるという弱点があります。

希望の仕上がりからコーティング材を選ぼう

コーティングは、その種類の違いによって、特徴が様々に違うことが御理解いただけたのではないでしょうか。では、どれが自分に合っているのかと検討する際に、利点や弱点はわかったけど、どれも魅力的に感じてしまって、決められないという場合もあるのではないでしょうか。こう言ったときには、素直に仕上がりを考えてみてはいかがでしょう。

結局のところ、もしご自宅の居室内のフロアコーティングを行う予定なら、日頃見る景色の中に不自然ではない床があるかどうかというところではないかと思うのです。床は意外と目に入るものではないでしょうか。そしてインテリアにも大きく影響するものではないかとおもうのです。というのも、例えば、お部屋のインテリアが比較的華やかで、明るくお洒落なインテリアを配置していた場合、床材が光沢感が少なく落ち着いた印象のフローリングと、光沢感があり照明の明るさをより明るくさせるようなフローリングだったら、どちらの方がその部屋の印象に近いと思うでしょう。

一方、落ち着いたインテリアで華やかさや明るさよりも落ち着いた雰囲気があって、小さなお子さんやペットがいるご家庭の場合に、照明の明るさを倍増させるような光沢感の強いフリーリングと、光を柔らかく光沢感は少ないものの傷に強いコーティングがされたフローリングだったらどちらが最適なのか。これらは正解を提示しなくても、どういったフローリングが相性良いものか、見当つくものだと思います。

部屋の雰囲気に合わせたコーティング剤を選ぶことがなにより大切ではないでしょうか。そして、そこに住む人の希望もあるでしょう。仕上がりの違いなどを検討して、どのコーティング剤を選択するのが良いのか、考えることが大切です。

まとめ

フロアコーティングを選ぶときには、コーティング剤の違いによる仕上がりの違いを把握し、どれが自分の家に合っているか、必ず比較検討することが大切です。施行してしまってから後悔しても後戻りはできません。事前の検証は何より大切な作業です。