ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フロアコーティングの寿命を知っておく

フロアコーティングの寿命はだいたい10年から20年程度となっています。フロアコーティングの種類や床の使い方、業者がどのような液剤と技術を使うかによってそれもさまざまです。自分の家庭環境に合わないコーティングを施した場合や適当な業者に頼んだ場合、もっと寿命が短くなってしまう場合もあります。せっかく高いお金を出して頼むのですから、後悔したくないですよね。ここではフロアコーティングの寿命についてご紹介します。

フロアコーティングにも寿命はある

フロアコーティングにも寿命があるんです。種類によって耐久年数は異なりますが、だいたいのフロアコーティングが10年から20年ほどを目安としてどんどん劣化していきます。

床の使い方によっても劣化の速度は変わっていきます。フローリングは劣化していくと表面に小さなヒビが入り始め、ゴミやほこりが隙間に入り込んでくるようになっていきます。やがて割れが大きくなり、大きく欠けていったり染み込んで黒くなったりしていきます。

普通に使っていく分には、そこまで早く劣化していくことはありません。目安としてはやはり10年程度となっていますが、入居時にコーティングしたまま、住み続けていく人がほとんどですよね。

その点から、安くても耐久性が低いよりも、高くても耐久性に優れたものが長期的にみてお得という場合もあります。

各フロアコーティングの耐用年数は?

フロアコーティングにも使用している素材や施工方法によって種類が分かれていきます。普段の生活具合によって劣化も変わっていきますので、お子さんがいる家庭やペットがいる家庭など、家庭の状況によってコーティングの種類を選ぶ必要があります。

UVコーティングの耐久性はかなり高く、20年以上美しい状態を保ってくれます。また、耐水性や耐薬品性、摩擦などにも強いため、劣化しにくく寿命が長くなっています。

ガラスコーティングは、フロアコーティングのなかでもっとも高度が高いため、耐久性に優れているコーティングだと言えます。耐久性の高さと、使用している液剤が無機物のもののため安全性も高いと言われています。

シリコンコーティングはフロアコーティングのなかでは平均値に位置しているコーティングとなっています。特に撥水性が極めて高く、耐薬品性もあり熱にも強いため、さまざまな状況に対応できるコーティングです。フロアコーティングによっては張り直しができますので、それを見越して頼むということも一つの手です。

フロアコーティングを少しでも長持ちさせるためには?

フロアコーティングに種類がありますので、家庭の環境によって選ぶ必要がります。もしも家庭環境に合わないものを選んだ場合、劣化が早まってしまい、通常よりも短い期間で張り替えが必要になったり、床が傷つきやすくなってしまう場合があります。

実際フロアコーティングを施さないという家庭もありますし、床はどうしても傷ついてしまうものとして割り切ってしまう人もいます。住み始めて2年から3年経てば少しずつだとしても床は傷ついていきますので、そういうときに、少しでも傷をなくしていいきたい、と考えている方はフロアコーティングを施されたほうが綺麗な状態を保てるのではないかと思います。

フロアコーティンのデメリットとしてはやはりどうしてもコストがかかってしまうことだと言えます。しかし長期的にみて傷ついた床をリフォームして張り替えることになるよりは、最初にコーティングを施しておくほうが、床のメンテナンス上都合が良い場合があるという考えもあります。

フロアコーティングを長持ちさせるには、自分の家庭環境にあったコーティングを選ぶことが重要になってきます。

まとめ

フロアコーティングの寿命を知っておくことは、長期的な計画を立てる上でとても重要です。その家に長く住む予定であるのか、5年ほどで引っ越す予定なのか、今後の予定を確認しておくことで、フロアコーティングも無駄にならず、後悔しない買い物になると言えるでしょう。