ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

最先端のナノフロアコーティング

ものに流行や最先端があるように、フロアコーティングにも人気や最先端が存在します。近年、人気が出始めているコーティングの種類に、ナノコーティングというものがあります。

この施工は、これまでのコーティングとどう違うのでしょうか。そして、どんな特徴が人気になっているのでしょう。

もちろん、メリットだけではなく問題点についても明らかにしたうえで、特徴を徹底解明します。今後、フロアコーティングをお考えの方は、是非ともご一読して把握しておかれることをオススメします。

ナノフロアコーティングってなに?

ナノフロアコーティングとは、人間がアレルギー疾患をもたらす可能性の高い臭いや成分を少なくした、安全性の高い水溶性の塗料を使って行う施工方法です。

そもそも名称にも用いられているナノについて説明させていただきます。まずこのナノとは、大きさを表す単位からきています。この単位は1ミリの100万分の1を表す、非常にミクロな単位であり、肉眼で目に出来るようなレベルの細かさではありません。

このナノが用いられている理由としては、そもそもコーティング剤の改良の中で、改善ポイントに関して繊細な訂正を必要とする部分があったこと、そしてナノレベルでの配慮が求められたことなど、様々な理由がありますが、コーティング剤自体の進化が進められる中、現在の薬品からよりレベルアップを図るうえで、細胞レベルでの進化が大きく影響しています。つまりこの施工は、細かな配合によって、いわば細胞レベルでの改善が為されたことにより、これまでの従来品よりも一歩進歩した製品であるということがいえるのです。

具体的には、従来の水性性の施工であれば、耐水性が弱くメンテナンス方法にも注意が必要でした。また傷や摩擦にも比較的弱いため、コンスタントなメンテナンスが必要になり時間や手間、そして費用が発生することもありました。しかし、ナノフロアコーティングは、水溶性であるにもかかわらず耐水性が従来のものよりも高く、また摩擦や傷にも強いといった耐久性もあります。そのうえ、臭いや薬品の成分に刺激が少なく、アレルギー疾患を持つ方でも安心して使うことができるので、大きく注目を浴びることになったのです。

こうしたことから、これまでフロアコーティング剤を使用できなかった、小さなお子さんやペットがいるご家庭やアレルギー疾患を持つ方がいるご家庭、また呼吸器系の疾患を持つ方から注目を浴びています。更には高齢者などの介護施設などでも、施工可能な方法として注目を浴びているのです。

ほかのコーティングとナノフロアコーティングの違い

この施工方法は、ほかの様々な種類と比較して、どのような違いがあるのでしょうか。その特徴をわかりやすく紹介していきましょう。

種類としては水溶性ではありますが、耐久性及び耐水性が高いため、お手入れの際には水やアルコール成分、また薬剤を含んだもので拭いてもコーティングがはがれないという利点があります。

その他の種類のコーティング剤の場合、その種類によってはアルコール成分や洗剤に含有される薬剤の影響で、コーティング剤がはがれてしまうという恐れもあります。しかし、通常のお手入れの際に使用する洗剤程度であれば、ナノフロアコーティングは、はがれる心配がありません。

また、ナノコーティングは、耐久性も高いことが実証されています。通常使用する場所に塗布しても、10年以上キレイな状態を保ち、長持ちするといわれています。その他のコーティング剤によっては、マメなメンテナンスが必要になるものもあるといわれているため、こういった点から考慮しても大きな利点があるといえるでしょう。

更に熱に対する耐久もあるといわれています。例えば、寒冷地で暮らす方の場合、床暖房にしているといったご家庭も多いといえます。基本的にコーティングと床暖房の相性はあまりよくなく、床暖房に対応できるフロアコーティング剤はそれほど多くありません。コーティング剤は、基本的には熱に強いものがあまりないため、床暖房を設置している場合には、床暖房に対応できるコーティング剤を検討しなければならないのです。ですが、この施工に関しては床暖房の熱にも強いので、そういったデメリットを気にせず塗布することが可能という訳なのです。

ただしその性能の高さから、薬剤もその他のフロアコーティングのコーティング剤よりも割高ですし、取り扱っている業者も他に比べるとやや少ない傾向にあります。そのため、施工にかかる費用もそれ以外のフロアコーティングよりも金額が高くなってしまうといった弱点もあるのです。

ナノフロアコーティングの安全性は?

では、こうしたナノコーティングの安全面はどういった程度なのかを説いていきましょう。このコーティング剤は水溶性で構成されている成分なので、通常の化学薬品を含有するその他のフロアコーティング剤よりも、臭いが少なく、またアレルギー反応が起きづらいといった利点が特徴的で、こうした点以外にも安全面での良さがあげられます。
水溶性であるということは、圧着にかかるストレスも少ないというところがその最大の特徴です。通常、施工する場合には、元々の床材にコーティング剤を圧着させます。この際に、化学成分が床材に接着するということになりますから、どうしても床材は刺激物にさらされた状態、そして常にダメージを受けていることになります。人間の皮膚や爪などもそうですが、常に化学成分を含有するものが接着した状態になると、その部分は他の状態のものよりも脆くなりがちです。床材に関しても同じことが言えるのです。つまり例え、見た目の美しさの維持のためにとコーティング剤を塗布したとしても、もともとの床材は少しずつコーティング剤の化学成分のさらされている状態にあるといえます。こうなると、実は床材は少しずつ元の状態よりも変化しているのです。床材の色合いが暗く見えたり、逆に白っぽくなったりといったことになるのです。過去にワックス剤をはがした時に、床材が元の色よりも白っぽく感じたという経験はないでしょうか。
でも、こうした状態を避けることは難しいことではあります。というよりも、むしろコーティング剤を塗っているおかげで紫外線などの刺激から守っているということもありますから、保護剤がないよりはずっと良いのです。しかし、出来るなら保護剤は床材に刺激が少ない方が良いですよね。ナノフロアコーティングは、こうした刺激が少ないものなのです。そのため、床材の変色も従来の施工よりも少なくすむという安全面も持ち合わせているという利点もあるのです。

まとめ

コーティング剤ひとつとっても、床材にかかる負担は変わってきます。もちろん、負担という面では金銭的な部分もありますが、安全面でも大きな影響です。

今だけでよければ、安価でマメにメンテナンスする必要があるようなコーティング剤でも問題はないでしょう。しかし、安全面でもまた美しさの維持といった面でも、しっかり検討して使用することは大切です。

ナノフロアコーティングは、費用は安価とは言えませんが、それでもその後のメンテンナンスなどを考慮すると、充分納得できる工事ではあります。施工する場所の使用頻度などを考慮して、賢いフロアコーティングを選択しましょう。