ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フロアコーティングはやるべき?その理由とは

フローリングなどのご自宅の床材を保護するフロアコーディングは、近年、ワックスよりもお手軽で効果的と人気を集めています。しかし、本当に経済的なのでしょうか。そして、床材の向き不向きといったものはないのでしょうか。人気だけに踊らされないフロアコーディングの良さを調べてみました。

長期的なコスト面で、ワックスよりもお得

従来は、床材の保護に使われるものといえば、ワックスと言われていました。ワックスは、今もなお使用されているご家庭もあります。従来からずっとワックスを使用しており、今更、全面的な変更を予定していないし、特に不都合も感じないという方もおられるでしょう。そういった方でも、フロアコーディングの良さを知ったら、少し気持ちが変わってしまうかもしれません。近年人気の出ているフロアコーディングは、そもそも一度塗布してしまえば、あとは10年位、そのままの美しさを維持することができるものです。ですから、ワックスのように定期的なメンテナンスを必要としないのです。

ワックスは大凡半年に一度、使う頻度が多ければもっとコンスタントにメンテナンスの必要性があるでしょう。その都度、お金をかけてワックスがけを行うことになりますよね。ところが、フロアコーディングは、こうしたメンテナンスにかかる経費が存在しないといっても過言ではないのです。一度、きちんと塗布してしまえば、乾燥後は普通に生活することが可能です。日常でついてしまった汚れも、水拭きでキレイになりますし、フロアコーディングを塗りなおすといった手間はかかりません。となりますと、フロアコーディングとワックスについて、長期的なメンテナンスにかかる総額を算出していただければ、どちらが経済的でしょうか、お分かりいただけるのではないでしょうか。

フロアコーディングは、そのうえ美しさも維持されるものです。経済的でありながら見た目にも美しさを保ってくれるのですから、フロアコーディングをやるべきなのです。またもちろん、フロアコーディングは、経済面だけでない魅力も沢山あります。

汚れも簡単に取れて、ピカピカになる

フロアコーティングは、長期的に維持される保護剤としてもオススメです。でも、日常生活を送る中で、どうしても何かこぼしたりして汚れてしまう場合もあるでしょう。フロアコーティングの良さは、長期的保護力だけでなくお手入れ方法も簡単なのです。フロアコーティングの場合、普段のお掃除は、掃除機掛けしても良いですし、乾いたお掃除シートでのふき取りでホコリをふき取ることが充分に可能です。また、丁寧なお掃除をご希望の方は、ウエットタイプのお掃除シートも使用することが可能です。

ここでお掃除についてのワンポイントをご紹介します。居室内のホコリなどは、通常乾いたシートで拭ってしまう場合があるようですが、実はこれが良くないのです。最初から乾いたシートなどで拭ってしまうと、その際の動きで起きた風がホコリや塵などを舞い上がらせてしまい、空気中をフワフワと浮いたホコリや塵はお掃除シートにかかかることなく、掃除中は空気中を舞い掃除が終わったころに床に戻るということになるのだそうです。せっかく掃除していても何にもならなかったなんて悲しいですよね。ですから先にウエットタイプのお掃除シートで湿らせてホコリや塵をあつめ、掃除機か乾燥タイプのお掃除シートで拭うとすると、キレイになるそうです。

フロアコーティングではこうして掃除をすれば、花粉症の時期でも室内に入り込んだ花粉を上手に掃除することができそうです。フロアコーティングで、油ハネなど強い汚れを付けてしまった場合でも大丈夫。水で薄めた中性洗剤で拭うとキレイになります。このようにお掃除も簡単便利だからこそ、コーティングはやるべきなのだといえます。

擦り傷などの生活傷から床を守ってくれる

フロアコーティングには、お掃除の際、以外にも便利なことが沢山あります。その一つは、一度塗布してしまえば、傷が付きづらいというところでもあります。家の中を想像してみて下さい。日常生活の中で、一番使われるのが床ですよね。そして気を付けているつもりでも、知らないうちに擦り傷のような跡が残っているなんてことがあったりしませんか。引っ越したばかりの頃は、新築だったりキレイに整っている床の状態を見て、このまま維持したいと思うでしょう。

しかし数年暮らしてみると、いつのまにか住み始めの頃より、床の色が薄くなっていませんか。さらに、室内でも動線になっているところの床は、スリッパやペットの爪などによるもの、また普段なら気付かないようなことで、さらに色が薄くなっていたりすることなんてありませんか。しかもこうした傷は、気付かないうちについていたりするものですから、日頃から防ぎようもなかったりします。

しかし、フロアコーティングをしておくことで、こうした傷を防ぐことは可能なのです。床材を保護してくれているフロアコーティングには、こうした細かな傷を防ぐ効果もあるのです。さらに、フロアコーティング自体も、こうした日常の傷にも強く、何度も擦ったりしても傷が付きづらいものになっています。

フロアコーティングに使用される成分は、比較的柔軟な材質を使っていることもあり、硬くて強いところで保護しているというよりも、その柔軟性で傷などの強い刺激を緩衝することで傷がつきづらい仕様になっているのです。また、フロアコーティングは、種類によって、光沢の差があったり傷の強度も異なります。利用する部屋の状態に合わせて選ぶことも可能なのです。フロアコーティングをやるべき理由がこれでお分かりいただけたのではないでしょうか。

まとめ

フロアコーティングによって、床に傷が付きづらく、美しさを長持ちさせることもできます。さらにこれはマメにメンテナンスの必要性がなく、長期的に使うこともできます。お手入れ方法も簡単で、日常の中に取り入れやすく、こんな便利なものを使わない手はないとは思いませんか。