ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティング塗料の主成分を知っておこう!

フロアコーティングには様々な種類があり、それぞれに特性がありますし施工にかかる時間や施工価格も違います。それによって、フロアの艶感を調節でき、傷のつきにくさも変わります。

また、無垢に向いたコーティング剤もあり、私たちの要望に応えられるものが開発されています。今ある家に必要なフロアコーティングは何なのかを知っておくためにも、どんなものがあるのかご紹介します。

フロアコーティング塗料の種類で何が変わるの?

フロアコーティングの種類でなにが変わるのでしょうか。保護の性能、光沢の度合い、手入れの仕方、そして価格です。コーティング剤の種類によって、フロアをどの程度保護してくれるかが変わります。

例えば水などをこぼした時、さっと拭くだけで床がきれいになります。また、固い物を落とした時、何もしていないフロアでしたら凹んでしまったり、傷がつきますが、保護能力が高いコーティングをしていると、そういったことからも守ってくれます。保護性能が高いほど、施工した時のフロアへの密着度も高くなるので万が一やり直したいという時にそれが難しくなります。その分、長持ちしますので、一度施工すると10年そのままでも効果がもちます。光沢の度合いもコーティング剤によって変わります。艶が強いもの、マットな艶感のもの、艶がないものもあります。同じコーティング剤でも艶感を調節できることもあるので、性能吟味した上で艶の度合いを調節してもらうのもいいでしょう。

最後に手入れの仕方です。掃除が簡単になるというイメージがあるフロアコーティングですが、お手入れの仕方を間違うと効果が薄くなってしまうこともあります。例えばUVフロアコーティングは水拭きだけでいいのですが、アクリルコーティングでは水拭きや洗剤を使った掃除ができなくなります。コーティング剤を選ぶ際は施工後のお手入れについても知って、どれにするか選ぶ方がよいでしょう。特に耐水性のないものでしたら、例えば子供が舐めてしまったり、よく飲み物をこぼすことが多いとなると、そういった点からも水拭きできるようなコーティングの方が、今後の生活でも使い勝手がよくなるでしょう。

これらの面以外では価格が変わってきます。一般的にコーティング剤のもちがよく、耐久性が高い物ほど高価になります。耐久性が低い物ほど安価になりますが、例えば賃貸マンションで、そんなに長い耐久性がなくてもいいという時などに使われます。

安全性の高いフロアコーティング塗料はどんなもの?

最近では安全性について重視する人も多いですね。食べ物でも、道具でも、そして家の建築材でも体への影響をしっかりと見る人が増えてきました。

家においてはシックハウス症候群というものが一時大きく取り上げられました。建築材の化学物質にアレルギー反応を示すことがあり、そういったものにアレルギー反応をしめす方は新築でも中古でも、健康的に住むことができる家なのかを調べないといけません。また、そうでなくてもなるべく自然なものを好む傾向にあります。フロアコーティングにおいても安全性について注目する方が増えてきています。では、安全性のあるフロアコーティングはあるのでしょうか。そもそもシックハウス症候群の原因となる化学物質はホルムアルデヒドとキシレンというものがあります。この物質が体内に入ると目がかゆくなったり、鼻がつまったりします。なので、施工後もそのような物質がでないようなフロアコーティングにすれば問題はなくなります。

種類としては、シリコンコーティングやガラスコーティングがお勧めです。逆にウレタンコーティングはすべてが安全というわけではありません。コーティング剤にも安全基準というものが存在しますが、業者の中には安全性が疑われるようなものを使う所もあるようなのです。費用は安く抑えられることに越したことはありませんが、安全性を確保するためにも業者からの説明を聞き、不明な点や気になる点については確認するようにしましょう。また、そういった業者が安全性において安心できるのかのポイントをまとめました。

価格も1つの指標になるかもしれませんが、それだけでなく他のポイントも選ぶ際の指標にしてみてください。1つ目は安産性について確認されている材料や素材を使用していること、2つ目に安全性についての考えやどのように配慮しているかを公示していること、3つ目に食品衛生法や食品添加物に関しても規格基準に合ったものを使っていることです。

無垢に向いているフロアコーティング塗料はあるの?

無垢の木のフローリングは人気が高いです。ナチュラルな雰囲気、肌に触れた時の感触、温かみなど無垢ならではのもので、合板材ではなかなか味わえない魅力があります。防音性や断熱性などの機能面でも優れた点がいくつもあります。無垢材には様々な木が使われていて、チーク、桜、メープル、パインなどがあります。それぞれに色合いが違い、部屋の雰囲気も変わってきます。しかしながら、無垢はお手入れが頻繁に必要なものなので、管理が大変に思う人も多いです。
無垢のメリットに湿気の調節機能があるのですが、水分を吸いやすいというデメリットもあります。飲み物などをこぼしたらすぐに拭かないとシミになります。定期的にオイルをぬることも必要になりますし、無垢そのままにしているのであれば水拭きも難しくなります。こういったことから、無垢をフロアコーティングしたいと考える方が増えてきています。コーティングをするとせっかくの無垢の風合いがなくなるのではないかと心配されるかもしれませんが艶なし、またはマットな艶の仕上がりになるようなコーティングもできます。家で使用している無垢の色合いや部屋の雰囲気に合わせて適切な艶感になるよう業者に相談してみるといいでしょう。また、フロアコーティングをしておけば、汚れや水分に強くなりますし、掃除も楽になります。特にペットや子供がいる家庭ですと、なにかしら食べ物や飲み物がこぼれ、床にかかることが多くなりますが、そういった時にでも「シミになりからすぐに掃除しないと!」という心配がなくなります。
安全性を考えて無垢の下方なら、コーティングの種類に関しても安全性の高い物を選びたいですよね。安全性が高いとされる、シリコンとガラスコーティングは一度施工をするとやり直しがしにくいものになりますので、施工前にサンプルを業者に見せてもらい、どのような色合いや艶感になるか、どれぐらい汚れに強くなるかを確認しておくと安心です。

まとめ

フロアコーティングには様々な塗料があり、それぞれに特性があります。耐久性が高く、もちがいいものは価格が高くなりがちですか、その分機能的でフロアを綺麗に保ってくれます。安全性の高い物もありますが、業者がどんな塗料を使っているかという点をしっかりと確認して依頼することが大切です。

最近人気の無垢ですが、無垢の個性を生かせるフロアコーティングもあります。コーティングに興味があるのであれば、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。