ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングのやり直しはできるのか?

フロアコーティングは施工場所を徹底的にクリーニングしてから注文を受けたコーティングを施します。しかしある要因でやり直しを希望するお客さんもいるようです。

可否についてはケースバイケースなので、業者に可能かどうか確認したり、また、施工前にやり直すことができるようなコーティングを選ぶようにするとよいようです。

やり直す原因にどんなものがあるのか、できるできないはどのような時なのか参考に見てみてください。

フロアコーティングをやり直す原因とは?

り直すことが必要な時とはどのようなときなのでしょうか。まず挙げられるのは業者側での問題で、施工不良によるやり直しです。フロアコーティングは人が行う作業ですので施工中に不備があることもあります。例えば、コーティングに異物が混じってしまい、後日発見したということや、施工前にフローリングに傷をつけてしまうこともあるようです。異物が混ざっているとコーティングを?がさないといけなくなりますし、傷がついてしまうと、コーティングをしても傷はなくなりません。他に挙げられる要因は業者の施工精度や技術とお客さんの希望が一致しないことです。事前に説明を受けていても、仕上がりがお客さんの期待以下で、不満足になってしまうこともあります。

ホームページなどでビフォーアフターの写真を見ていると、こんなにも綺麗になるのか!と大きく期待してしまうことはありますよね。しかし、築年数が20年30年経って、フローリングが傷んでいると、なかなかホームページで見た写真のような仕上がりにならないこともあります。もしくは、施工業者の技術が不足していてもお客さんの期待に応えられませんよね。このような時はどの施工業者を選ぶかが重要になってきます。

業者を選ぶ際は価格だけを見るのではなく、どんなフロアコーティングができるのか、万が一の時はやり直すことができるのかについても確認し、見積りの際に説明をしっかりときくことをお勧めします。フロアコーティングは数万円、数十万円かかるものなので、費用をできるだけ抑えたいとも思いがちですが、腕がたしかで、安心してまかせられる業者を選びましょう。

業者選び以外の対策としてはサンプルを見ることも大切です。サンプルをみて、汚れにどれぐらい強いか、傷にどれぐらい強くなるかを確認できます。予め体感しておけば、「思っていたのと違う!」ということもかなり防げるはずです。サンプルは業者に依頼すれば送ってくれる所も多いので一度聞いてみましょう。

手直しはできてもやり直しができないフロアコーティング

フロアコーティングにはやり直しができるのとそうでないものがあり、やり直すことができなくても部分的な手直しができるものもあります。

まず、できるものとそうでないものの違いがコーティングの種類です。コーティングが道具や溶剤で剥がせやすい物でしたらやり直しは可能です。逆にフローリングへの密着度が高く耐久性が高いものほどやり直すことができなくなります。例えば水性のウレタンコーティングと水性のアクリルコーティングは全体的なやり直しも部分的な手直しも可能なものです。ウレタンコーティングはワックスよりも密着性がありますが、コーティング剤の中では密着性が比較的低い物です。そのため、数年後に再施工する前提のものと言えます。その分、剥離剤を使えば綺麗に?がすことが出来ます。

同じくアクリルコーティングもやり直すことが可能なもので、しかもコストを安く抑えることが出来ます。また、剥離時間も短いので、再試行と言うことになっても短い時間でいやすいのが特徴です。この2つ以外の溶剤では部分補修はできても全体的なやり直しが難しいコーティングとなります。

UVコーティングと油性のガラスコーティングは全体的にやり直すことはほとんどできません。それは剥離ができないためで、やり直したい部分をペーパーやすりなどで削り、そこだけ再施工という形しかとれません。油性のシリコンコーティングと油性のウレタンコーティングは剥離が出来なくはないので、全体的にやり直すことも可能です。しかし、フローリングへのダメージが考えられるので全体的なやり直しはあまりお勧めできません。全体的なやり直しができない、むずかしいものはその分耐久性があり、一度施工すれば再施工の必要性がほとんどないのでメンテナンスはかなり楽ですし、数年ごとに施工を必要とするコーティングと比べた場合、長い目でみればお得かもしれません。

しかし、初めての業者、はじめてのフロアコーティングでやり直しができないのは不安ということでしたら全タオ的ややり直しができるコーティングの方が現実的かもしれません。

やり直さなくていいようにフロアコーティングは慎重に選ぼう

やり直さないといけなくなる原因の1つに「思っていたのと違う!」ということを挙げましたが、やり直すことがなくていいようにこちらもどのフロアコーティングにするかを慎重に選びましょう。
アクリル系のものは艶出しが主な目的になります。コストが安く、やり直しもしやすいです。耐久性がなく3年ほどで、乾くまで1時間程度かかります。ウレタンコーティングは摩擦に対して強く、最近では環境にやさしい物もあり、臭いが少ないです。乾燥時間が長めで2か3日かかり、完全に硬化するまで1か月かかります。業者によって安全基準をクリアしてない薬品を使う所もあるようなので、ウレタンコーティングを希望するときは業者に確認してみましょう。ガラスコーティングはフローリングの保護が目的で、しかもガラス塗料なのでペットや赤ちゃんがなめても安全です。また傷にも強いので、フローリングの綺麗な状態を保ちやすいです。完全硬化までに2日、業者によっては1日で硬化することもあります。やや高価にはなりますが、10年前後持つので、メンテナンスの頻度は少なくて済みます。シリコンコーティングは適度な艶があり、比較的安全性が高いものです。また、最近では床暖房をいれる家も多いですが、それに対応したものもあります。耐久性はガラスコーティングに劣るので、その家に長く住む人には向かないかもしれません。乾燥時間も長く2~3日かかり、完全硬化するまでには1か月かかります。UVコーティングはフロアコーティングの中では一番高価な法にあたるコーティングです。艶もしっかりとあり、耐久性や床の保護性といった性能面でもしっかりしています。ペットや赤ちゃんに対する安全性でも安心です。耐久性は20年以上で、長い間床を守ってくれます。また乾く時間も短く、一瞬で乾きます。
このようにしてみると性能がいいものは価格も高くなります。その家にどれぐらい住む予定があるのか、一番求める性能はなんなのか、そして予算はいくらなのかをしっかりと考えましょう。

まとめ

フロアコーティングはやり直しができるものとそうでないものがあり、コーティングの種類によって分かれます。思っていたのと違うといったことが原因にならないためには施工前にそのコーティングの特徴について知っておき、あなたの家の場合できあがりはどのようになりそうなのかを業者にしっかりと確認しておきましょう。