ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングのサンプルを検証する方法

ご自宅の床をきれいにしたいと思ったら、フロアコーティングがおすすめです。しかしながら、多くの人がフロアコーティングの種類や性質について知らないと思います。そしてどのコーティング方法で行うのか、そしてどの業者を選ぶべきか悩む人も多いと思います。そんな時に実際に自分の手で性質の違いを確かめるとわかりやすく、後悔しない選択ができます。では実際に違いを確かめる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは擦って耐傷性を見てみる

フロアコーティングはフローリングを傷や汚れから守ってくれます。そのフロアコーティングの性質を評価する方法の一つとして耐傷性が挙げられます。耐傷性が高いと家具を移動させた際に傷がつきにくくなったり、ペットによるひっかき傷がつきにくくなるといったメリットがあります。耐傷性はペットや小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では必須のチェック項目であるとも言えます。

また、耐傷性が高いとその他のご家庭にもメリットがあります。例えば、スリッパなどの擦り傷、掃除機をかけた際につく傷、テーブルやいすを引いたり移動させたときにつく傷、キャスター付の椅子による傷、など日常に起きうる様々な傷からフローリングを守ってくれます。以上のことからサンプルの評価の際には耐傷性の確認はすべきであると言えます。実際の耐傷性の確認方法は、非常に簡単です。サンプルをスチルウールで擦るだけです。それだけで、フロアコーティングの種類によって傷の付きやすさが明らかに異なってきます。

例えばガラスコーティングであれば他の種類のコーティングと比べて、一般的に耐傷性が高いです。このようにほとんど手間も掛からないので是非実際に自分で確認してみてください。コインで擦る方法もありますが、こちらは耐傷性というより、フロアとコーティングの間の密着度を測るテストとなります。コーティングして、数年後にコーティングが剥がれやすいかどうかの指標になります。こちらも合わせて確認してみるのも良いでしょう。

マジック等、薬品で落としてみて汚れ具合を確認する

フロアコーティングの性能評価を行う際に無視できないことが、コーティングの汚れの落ちやすさです。コーティングのメリットである床の保護、汚れの除去について実際のサンプルを用いて評価することは非常に重要であると言えます。そこでマジックの汚れが落ちるかどうかを薬品を用いて確認することをおすすめします。UVコーティングやウレタンコーティング、ガラスコーティングなどの種類によって汚れの落ちやすさも変わってきますのでぜひやってみましょう。また、汚れを落とす際に用いる薬品によってコーティングが受ける影響なども知ることができます。こちらもコーティングの種類によって耐薬品性も変わってきますので確認が必要です。

実際に試す手法ですが、これも非常に簡単です。コーティングサンプルを用意し、マジックを塗ります。除光液のような薬品を用いて、マジックを消します。すると、コーティング剤の種類により汚れの残り方が変わってくるのです。ワックスなどと比較すると一目瞭然です。ではここで、耐薬品性についてコーティングの種類による一般的な違いを簡単に述べます。ウレタンコーティングはアルカリ性の洗剤などに弱く、ガラスコーティングやシリコンコーティングは一般的に洗剤などの耐薬品性が高いです。もちろん汚れの落ちやすいさはそれぞれ違いが出てくると思うので確認してみてくださいね。

業者に頼む際も、業者によってはどのコーティング剤を用いるかが異なるので事前に確認が必要になります。こちらの実験も簡単なのでやってみてください。小さなお子さんがいる家庭では床に落書きをしてしまいそれを消すこともあると思うので、ぜひ確認をおすすめします。

各検証後のサンプルの状態を確認し、複数社見比べてみる

耐傷性や汚れの残り方・耐薬品性などについて述べてきました。実際に家の床をコーティングする際に業者に頼むときは、それぞれの業者によってどのようなコーティングになるかについて比較検討する必要があります。それにより、より良い選択をできる可能性が高くなりますし、逆にこれをやらずにコーティングをしてしまうと後悔することになるので気を付けてください。

今までの実験を複数の業者で行うと違いが出てくるはずです。例えば、A社のコーティングでは耐傷性が高く、汚れを落としにくい、B社のコーティングでは耐傷性が低く、汚れが落ちやすい、などの違いが実際に実験をすることで初めてわかるのです。逆にこれをやらずにコーティングしてしまうのは非常にリスクが高いと言えます。今回は耐傷性、マジック汚れ(の落ち方)、耐薬品性などについて述べましたが、その他の項目についても各自でまとめて表にすることをおすすめします。

比較するポイントの例として、次のようなものがあります。耐久保護年数、光沢、床暖房対応、耐水性、耐熱性、アルコール耐性などです。これらの中でご自身が気になる項目、優先すべき項目があると思います。例えば、ペットを飼っている人であれば、耐傷性を重視したり、小さなお子さんがいる家庭であればマジックなどの汚れや耐水性なども気になると思います。それぞれのご家庭で優先すべき項目が違うはずなので、それらの項目を満たす業者を選ぶと良いでしょう。

まとめ

フロアコーティングのサンプルの検証について述べてきました。それぞれの家庭でフロアコーティングに求めるニーズも変わってくると思います。その中で、実際に自分たちの要求にあるフロアコーティングを選ぶためには、自分たち自身の手で実験を行うことが大切だと思います。今回、ご紹介した実験のみならず、ご自身の目的によってはアレンジした実験を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。よりよい選択をできるように最善を尽くしてフロアコーティングを行いましょう。