ガラスコーティング業者ランキング

家が生まれ変わる!中古住宅のフロアコーティングのススメ

フロアコーティングは入居前の新築物件にするものと思っていませんか?そんなことはなく、中古住宅でもできます。
中古物件は築年数が経っている分、フロアも新築のように傷やへこみがないといった状態ではありません。汚れも溜まっているかもしれませんし、木が劣化しているかもしれません。このような場合、どのようにしてコーティングを施工するのでしょうか?

中古住宅のフロアコーティングはどこまでできるの?

中古物件でもフロアコーティングができるといっても、新築物件と同じようにすることはできるのでしょうか。それが全く同じようにはできないことの方が多いです。というのも、中古住宅はどこかしら傷んでいるので、同じようにしていては綺麗な仕上がりにならないからです。

例えばフロアですが、新築の場合傷がほぼない状態、汚れもほぼない状態ですので、軽く掃除してからフロアコーティングができます。しかし、中古住宅の場合、傷や汚れがある状態が多いです。築年数が20年以上で、しかもフロアのメンテナンスがされず、長い間空き家であったとすると、フロアの材木自体がささくれていたり、めくれていたりするかもしれません。そうなった場合、通常のクリーニング以外にも必要なよりしっかりしたクリーニングや補修が必要になるかもしれません。逆のことも考えられます。

管理会社が床を綺麗に保つためにワックスなどを定期的にかけていることもありますが、掃除をしっかりとしていなかったり、ワックスを上塗りでしていたりなどの理由で、一旦剥離剤でコーティングを剥がしてから施工することもあります。このような場合、剥離の作業をしてからのクリーニングになりますし、もともとされていたコーティングによっては剥離に手間がかかってしまうこともあります。このように、新築の場合とは必要な工程が増えることになります。なので、施工業者も中古住宅のフロアコーティングをしていないこともあります。

中古物件でフロアコーティングを行う時は、まず施工してくれる業者うぃ探し出すことが必要になり、さらに今のフロアの状況を業者に予め伝えることが必要になってきます。正確に伝えておくことで、業者も施工の為に必要な工程、時間について考えることが出来ますし、費用についても正確に計算することができます。とはいえ、素人がフロアをどのような状況なのか把握するにも限界がありますので、電話で聞いた内容と、当日業者がフロアをみて話した内容と、多少違いが出てくる可能性があることを覚悟しておきましょう。

フロアコーティングをするなら新築と同じ入居前にしよう

フロアコーティングをする一番いいタイミングはいつなのでしょうか。それは入居前です。例えば、今住んでいる家をフロアコーティングすることを想像してみましょう。施工する前に家具などを移動させないとできませんよね。小さいものならば自身でも移動が簡単にできますが、大きなものになると施工業者に手伝ってもらわないと難しいです。例えば食器棚でしたら、当日前に中に入っている食器やカトラリー類を段ボールなどに入れておかないといけません。

なので、施工後に元通りに戻さないといけなくなります。家具類をどこに移動させるかなのですが、施工予定の部屋の隣の部屋など移動がしやすい所になることが多いです。それも難しい時は、施工予定の部屋を2分割して、片方に移動させ、片方を施工します。フロアが乾いたら、施工済みの方に家具類を移動させ、残りを施工することになります。こうなると一度にできないので時間がかかる上に、移動の手間が増えてしまいます。

施工後どれだけの時間で家具を元通りにもどせるかは施工するコーティングの種類にもよりますが、長い物ですと2日や3日かかります。その間その部屋と荷物を置いている部屋が使えないので、生活が多少不便になることが多いです。しかもその間、業者の人が出入りするので、落ち着かないという人もいるでしょう。また、荷物の移動は別料金にしている業者が多いので、費用の面でもデメリットがあります。このように考えると、入居前の方がかなり楽だとわかるのではないでしょうか。

入居前に、完成するようにスケジュールを組み、荷物の移動もなく、今の生活を変えることがなくできます。業者側も荷物がない分、施工作業がしやすくなりますし、施工時間が短くて済みます。どのフロアコーティングをするかで費用も必要な施工時間を変わってきますので、施工をしたい!と考えているのであれば早めに業者に相談し、入居日に間に合うように段取りをしましょう。

中古住宅だからこそわかる環境と適切なフロアコーティング

中古物件には新築とは違う適切なフロアコーティングの仕方があります。まず家の状態で新築と違う所はどういうところなのでしょうか。
新築は何もしていない限り、床材の塗装だけです。そのため、フロアコーティングする際は軽く掃除するだけで施工ができます。一方、中古の方はワックスが何重にもされていることがあります。ワックスが何回も塗られていると綺麗に保たれているように聞こえますが、実際には床がくすんで見えたり、ムラが目立ったりすることもあります。こうなってくると普通に掃除しても表面の汚れしかとれないのでくすみまで取れません。なので、まずはフロアを元の状態に戻すことから始めます。何重にも塗られたワックスも剥離剤をうまく使えば綺麗にとることが出来ます。ワックスを塗っていた分、床の傷な凹みなどの心配は少ないので、後は通常通りの施工をすれば、築10年以上のフロアでも新築のようにピカピカになる場合も多いです。別の問題もあることもあります。例えば、傷や凹み、日焼けなどの劣化です。これらは中古住宅のフロアコーティングに精通している業者に依頼すれば何とかしてもらえることが多いです。築10年以上の家となると、日光にもさらされて日焼けし色あせたりしますし、水周りのフロアですと水が吸い込んでくすみができることもあります。メンテナンスが全くされていないような家でしたらフロアが全体的に傷んでいることもあります。こういう時でも、そのままフロアコーティングしても期待していたような仕上がりにならないこともあります。
新築住宅をメインでしているような業者では補修関係のことはできないこともあり、断られることもあるそうです。相談する際は中古住宅のコーティングの経験が豊富な業者を探してみましょう。また、剥離したり、補修するとその分の費用がかかります。業者によって費用は違います。また施工の仕方も違います。どんな内容にいくらかかるのか、複数の業者に見積もりを依頼して比較してみましょう。

まとめ

中古物件は新築を購入するよりも安く手に入れることが出来ます。リフォームをして暮らしやすい家にする方がほとんどですが、フロアがピカピカになるだけで、新築のような気分にさせてくれます。

またフロアの張替えよりよりも工事期間が短くなり、費用を抑えることが出来ます。中古住宅にはそれにあったコーティングの仕方があるので、経験豊富な業者に相談してみましょう。