ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングの施工手順~セルフ編~

フロアコーティングを自分で行うのは意外と大変です。塗るだけでいいと思っていたらそれは大間違いです。しっかりと準備をしてから挑んでください。準備が一番大切です。しかし、業者に頼むと結構高額です。少し大変かもしれませんが、自分でできればメリットも多いので、頑張ってみる価値は大いにあると思います。ただし、良くも悪くも長く残るものなので、後悔することないように抜かりなく準備しましょう。

必要な道具を知り、施工部分以外を保護しよう

ここでは、セルフでフロアコーティングを行うときに必要なものを紹介していきます。まず、必要なものは次の通りです。雑巾、掃除機、洗剤(中性)、ワックス剥離剤、フローリング補修キット、フロアコーティング剤、コーティング用のモップおよび養生テープです。雑巾、掃除機および洗剤はフロアコーティングをかける前の掃除に使います。フローリング補修キットもフロアコーティングをする前にフローリングをきれいにする際に使ってください。

フロアコーティング剤はいくつか種類があると思いますが、ガラスコーティングの方が扱いやすいです。ウレタンコーティングも売られていますが、取り扱いが難しいようなので慣れてない人はガラスにしましょう。また、フロアコーティング剤と書いてあっても、中身がワックス樹脂の場合もありますので、しっかり内容を読んでから購入してください。慣れてきたら、成分濃度の濃いものも売られているので、試してみても良いかもしれませんね。実際に商品を見てもらうと分かるように、乾燥するまでにかかる時間や歩行できるまでの時間、完全に乾燥するまでの時間が示されている場合が多いので、用途や時間をよく考えて購入してください。

そして、実際にコーティングを開始する前に必ず、コーティングしない部分を養生してください。養生していないと、コーティング剤がはみ出したりして、かなり見栄えが悪くなりますし、作業効率も変わってきます。準備をしっかり行ってから、コーティング作業に入りましょう。

施工予定箇所を丁寧に清掃しよう

施工予定箇所はしっかり丁寧に掃除をしましょう。施工前の掃除もかなり重要な役割があります。なぜなら、床のきれいさが出来上がりのきれいさに大きく影響を与えるからです。施工前がデコボコな状態ですと、できあがりもデコボコになってしまいます。

では、実際に掃除の手順を説明します。初めは、簡単に掃除機をかけて床のゴミをなくします。その後、中性洗剤を用いて油汚れや油脂をしっかりと落としましょう。現在、一般的に家庭で用いられているのは中性洗剤か弱アルカリ性洗剤だと思いますが、コーティング剤を塗ることも考えて、一応中性洗剤を用いるように留意してください。その後、床をきれいに水拭きして、洗剤を落として乾燥させます。次にワックスやフロアコーティングなど、フローリングに加工しているものがあればきれいに剥がしましょう。ワックスやフロアコーティングは剥がれるときは均一には剥がれません。ここで、きれいに剥がしておかないと、コーティングしたときのムラの原因になってしましますので、ご注意ください。剥がし終わったら、2~3回水拭きをしてから乾燥させます。その後、へこみや傷がある場合はしっかり補修してください。これで、ようやく準備が完了です。

コーティングしない部分がしっかり養生できていることを確認してから、コーティングを開始させましょう。準備だけでもとても長くて大変そうですが、準備をしっかりしないと綺麗なコーティングはできません。しかし、この準備ができていれば、コーティング作業もずいぶんと楽に、きれいに進めることができると思います。ぬかりなくやりましょう。

塗料を可能な限り均一に塗装しよう

準備ができたらいよいよ本番です。焦ってもいいことはありませんので。ここでは、塗料をできる限り均一に塗るコツにを説明します。基本ですが、しっかりと道具は揃えてくださいね。もったいないからといって他のものを代わりに使うというのはやめましょう。道具も様々な種類があると思いますが、使いやすいものを準備しましょう。そして、フローリングがきれいに掃除できていることを今一度確認してから始めてください。

コーティング剤にもかなりの種類がありますが、一般的に初心者の方にオススメされるのはガラスコーティングが多いようです。ホームセンターに行って店員さんに聞くのも良いかもしれません。家の環境に合ったコーティング剤を選択しましょう。塗り方についてですが、単純で、素早く丁寧に塗ればOKです。あまりのんびり塗ってしまうとムラができてしまうので、事前にどのようなルートで塗るかを考えておくようにしましょう。当たり前ですが、一度塗った部分を通ることはできません。ですので、出入り口から一番遠い壁際から順に塗るのが基本です。外側から内側へ行くのが一番簡単で良いかと思います。もちろん、部屋の形によって臨機応変に行っていただければ良いのですが、塗ったはいいものの外に出られなくなってしまった…という事態にならないように注意してくださいね。

コーティングに適した湿度や気温もありますが、始めてしまったら基本的に素早く終わらせることが第一です。また、換気のために窓を開けて行う方もいると思いますが、基本的には窓は閉めて作業を行なった方が、均一な塗布ができると思います。

まとめ

フロアコーティングをセルフでやるのは意外と大変です。特に、実際に施工作業に入るまでに思ったより時間がかかります。道具をしっかりと買い揃えることからスタートです。そして、施工前にはきれいにフローリングを掃除しましょう。この作業が一番と言っても過言ではないくらい大事です。ワックスを剥がすところまで行ってようやく、コーティング剤を塗る作業に入ります。コーティング剤を塗る際は、丁寧に素早く行ってください。シンプルですが、初めてだとなかなか上手くできないので、しっかり計画的に行いましょう。