ガラスコーティング業者ランキング

ガラスコーティングとシリコンコーティングの安全性を比較してみる

フロアコーティングを選ぶうえで、「安全性」について考えたことはありますか?現在多くの方法がありますが、それぞれ原料が違うため異なった特徴を持っています。もちろん、安全性も様々です。そしてこの安全性は、住んでいる人の年齢層やペットの有無によって適した方法が異なります。安全性が高いと言われているのは、ガラスコーティングとシリコンコーティングですが、どちらが自分の暮らしに適しているのかじっくりと考えなくてはなりません。一体、2つの方法の安全性は何が違うのでしょうか。

ガラスコーティングの原料と魅力

さて、まずはガラスコーティングについてご紹介します。原料はその名の通り、ガラスです。ガラスと言われるとすぐに割れてしまって脆いイメージがありますが、数十ミクロンほどのとても薄いガラスの膜で床をコーティングすることで、とても硬く強い表面を実現します。どれくらいの硬度があるかというと、7H~9Hの鉛筆でひっかいてようやく傷がつくというくらい高い硬度を持っています。簡単には傷がつきにくいので、ペットの爪や家具を引きずることで傷がついてしまったり、コーティングがはがれる心配はとても少ないです。そして、ガラスは紫外線を遮断してくれるため、床の劣化を防いでくれる役割もあります。したがって、耐久性はとても高く、耐久年数は20年以上とも言われています。これは、床のコーティング方法の中でもトップクラスです。

ガラスを使用していることによるメリットはこれだけではありません。ガラスであるので、耐薬品性が高いのです。どういうことかと言いますと、水をこぼしても問題がないため、台所などの水回りにも使用できます。また、汚れがついてしまったりペットがおしっこをしてしまっても劣化することはなく、水や洗剤を使って掃除することができるのでお手入れには困りません。そして、ガラス、つまり無機材料の液剤を使用しているので、人体に害を及ぼす可能性がほぼありません。小さなお子様がハイハイをしても、ペットが床をなめてしまっても大丈夫ということです。有機溶剤を使用したコーティング法では実現しない「安全性」を備えているのです。

ガラスの魅力は、床材の伸縮や膨張にも対応できる耐屈曲性に優れている点など、多くの良さを持っています。特に安全性においては、小さいお子様やペットを飼われているご家庭に適していると言えるでしょう。

シリコンコーティングの原料と魅力

シリコンと聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?身近な商品としては、コンタクトレンズやお皿をはじめとした料理器具などがあります。また、近年では「ノンシリコンシャンプー」というものが流行りました。シャンプーはとても親しみが持て理解しやすいと思いますので、一度シャンプーのシリコンの有無について考えてみましょう。
シリコン入りのシャンプーは「ダメージヘアから守る」というのが売りになっています。どういうことかと言いますと、シャンプーに含まれているシリコンが髪の表面を膜として覆うことから、傷んだ髪をドライヤーなどから守ってくれます。一方、ノンシリコンシャンプーは、「自然な髪に近づける」というのが売りになっています。つまり、シリコンによる髪表面への膜形成はなく、髪本来の状態を作ることができるということです。

シャンプーに関してシリコンの有無は好みになりますが、家の床に関して言えば長くきれいな状態で使いたいものです。よって、シリコンコーティングは先ほどのシャンプーの話と同様のことになりますが、床をシリコンの膜で覆うことで床を保護します。使用されている例などからわかる通り、汚れてしまった場合は水や洗剤などでお手入れをすることもできます。そして、高い安全性を持っているので、万が一ペットが床をなめてしまったり、お子様がハイハイをしても心配ありません。

また、独特の柔らかさや弾力性を持っているため、足にフィットしやすく歩きやすい点があります。滑りにくいため、お子様や高齢者にぴったりです。手に取る機会の多いシリコンは価格もコーティング方法の中では高すぎないため、安全性とコスト面を重視したい方に向いています。

予算やシチュエーションに応じてコーティングを選ぼう

みなさん、おうちのフローリングはどのような方法でお手入れをしていますか?自分で簡単にできる方法として、ワックスがあります。最近では、モップをかけるのとどうようにワックスがかけられるような掃除器具も市販されています。しかしワックスで気になるのが、独特の強いにおいですよね。お子様やペットを飼われている方は、心配ですよね。最近では、においが抑えられているものもありますがゼロにするにはなかなか難しいのが現状です。また、ワックスは1年に一度など速いペースで塗りなおす必要があります。価格はとても安く済みますが、手間や耐久年数、安全性に関して心配な点が挙げられます。

一方、フロアコーティングは自分でやることも可能ではありますが多くは業者に施工をお願いして行ないます。値段は高くなってしまいますが長い耐久年数、安全性が確約されます。そこで、コーティング方法ですがこれまでに2種類のコーティング方法をご紹介してきました。選ぶ基準は様々ですが、ぜひ予算や住んでいる方の年齢層、ペットの有無といったシチュエーションなどに関しても考慮して選んでください。安全性やコストについて簡単にまとめますと、ガラスコーティングは耐久性が高く、ペットを飼っている方、お子様がいるご家庭に向いていますが、ガラスを使用していることからコストがかかります。

一方シリコンコーティングは、ペット、お子様に加えて、滑りにくい点から高齢者にも向いており、身近な商品が多いことからもわかる通りコストが抑えられます。しかし、耐久年数としてはガラスコーティングに劣る面も見られました。大事なおうちの床のコーティング方法は、ぜひ短い目ではなく長い目で見て選んでください。

まとめ

床のコーティング方法は日々進化しており、安全性も高まっています。しかし、どのコーティング方法もメリット、デメリットを持っています。選ぶ際は、しっかりとそれぞれの特徴を把握することで、自分の取り巻く環境や予算に適したものを選ぶことができます。検討されている方は、一度考え方、選び方を見直してみましょう。そうすることできっと、あなたにぴったりのコーティング方法が見つかるはずです。