ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

無垢にもできるフロアコーティングって?

フロアコーティングは床を綺麗に掃除して、それからコーティングを施すことで傷や汚れに強くし、また掃除が以前よりも楽になったり、艶がでてきれいな状態になります。このフロアコーティングを無垢の木にもできるのか気になりますよね。
実際に無垢でもできるフロアコーティングがあります。それはどういったものなのでしょうか?木の良さもいかしたコーティングもできるのでしょうか?順番に見てみましょう。

無垢材の特徴を知ったうえで選ぶフロアコーティング

無垢材は天然の木からのみでできた床材で、1枚ものか、もしくは何枚かを張り合わせたものです。一方で合板フロアという床材もありますが、安い物だと木くずを薄い板にして、それを接着したものもあります。天然の木が材料なので、価格は高くなりますが、その機能性はとても高いです。

床材になる木には、チーク、桜、メープル、パインなどがあります。材木には中に何か所も空気穴があり、そのおかげで湿度の調節をしてくれます。例えば、雨で湿度が高い時は湿度を吸湿し、冬場乾燥している時は水分を出してくれます。この他にも音を吸収したり、断熱効果もあります。ナチュラルな見た目でかつ、こんなに機能性があるのですが、実はお手入れが大変です。吸湿性がある分、なにかこぼした時にシミになりやすいです。また吸湿したり放出したりしていると、木の膨張と収縮を繰り返すのでひび割れが起きやすいです。この他にも柔らかいために傷がつきやすいので家具の置き方などにも配慮しないといけません。自身でやすりをかけたり、ワックスをかけてお手入れをすることはもちろん可能ですが、定期的にするのは大変ですよね。しかも木の状態によっては使う洗剤も限られることもあります。

このようなことから床を守り、質を保つのに、フロアコーティングをすることもできます。しかし、良さを生かすことができるコーティングを選ばないと、せっかくのフロアが台無しです。特に子供の健康を考えて無垢材を選択しても、コーティング剤によっては臭いが気になったり、安全基準が低いものもあります。また、特徴的なナチュラルな雰囲気も、艶が強いコーティングをしてしまうと台無しです。フロアコーティングも艶がしっかりしたものも、逆にマットなものもあります。他にもペットや子供に対して安全性が高い物もあるので、ぴったりのコーティング方法を選ぶことができます。見た目と性能の良さ両方を生かせるコーティングを選びましょう。

マットな光沢のフロアコーティングは無垢の引き立て役

無垢の木の見た目の良さは自然な雰囲気です。そのため、ピカピカのコーティングは床に合わないと考える人も多いでしょう。

また、せっかく無垢にしたのにフロアコーティングするなんて勿体ないし、それなら安価な合板にしたらいいのでは?という人もいます。しかし、無垢は放置すると、ささくれたりしやすく、シミにもなりやすい板です。また、自身でオイルを塗るなどのメンテナンスが欠かせません。日焼けもしやすく、反りもでやすいです。実際にメンテナンスをする人からすればかなり面倒なことです。また、経過年数にごとに出るいたみの良さを楽しめる、またはそれに合わせたインテリアを楽しめる人にはフロアコーティングはいらないかもしれません。

しかし、最初の風合いを損ないたくない人にはマットな光沢のフロアコーティングがお勧めです。例えば無垢でも適度に光沢がありますよね。逆に光沢が全くないと床もくすんで見えます。しかもコーティングを施すことで、汚れにも強くなりますし、傷もつきにくくなります。コーティングの種類としては光沢の加減ができるウレタンコーティングとガラスコーティングがお勧めです。ガラスコーティングは艶がかなり強そうなイメージがありますが、実は非光沢のものもあるますし、マットな仕上がりにもできます。ただし、無垢の床材にも種類があり、それぞれによって細かい材質も色合いも違います。なので、同じフロアコーティングをしていても出来上がりの艶感がかわります。なので、施工前に家と同じの材質のサンプルを確認しておくほうが無難です。

ほとんどの業者ではサンプルを準備していますので聞いてみましょう。また、サンプルを送ってもらったら実際に水をこぼしてみたり、固い物をあててみたりして、コーティングの性能を試すこともできます。もしもサンプルが見られない時は、モデルルームやショールーム、または施工したお客さんの例を見せてもらうなど、活用してみてはいかがでしょうか。

あえてフロアコーティングをせず無垢を楽しむ方法

フロアコーティングで手入れが楽になるとはいえ、手入れが大変でも無垢をそのまま楽しみたいという人もいらっしゃるはずです。そのまま楽しむためには定期的なお手入れが欠かせません。そのお手入れ方法についてまとめてみました。
まず汚れや濡れている所があればすぐに拭くことです。何もコーティングしていないのであれば汚れがシミになりやすいです。同じく水分を吸収しやすい無垢の木にとってジュースなどがかかるとシミの原因になります。気づいたらすぐに拭き取りましょう。定期的な雑巾がけも、きれいに保つポイントです。雑巾がけは乾拭きでしてください。水拭きを何回もすると塗ってあるオイルがとれてしまいます。次にオイルを薄く塗ることです。自然塗装とよばれるものなのですが、年に1回程度することで、木の質感がでます。
コーティングとは違い、自然のもので出来るのと、フロアを長持ちさせるためにも必要なお手入れです。またオイルを塗っておくと、乾燥によって木がささくれたりするのも防げますので、赤ちゃんがハイハイをしたり、こどもが裸足で動き回っても安心です。塗る時は柔らかい布でオイルをまんべんなく塗ってから、きれいな布で拭き取ってください。
オイルには種類があり、色がオイルによって微妙に違います。例えば同じ茶色の仕上がりでも、青みが入ったもの、緑の色味が入ったもの、トーンが暗い物などがあります。お使いの無垢の木の色に合わせたり、部屋の雰囲気を少し変えたいなどのニーズに合わせて選ぶとよいでしょう。フロアの保護のために塗るものでは他には蜜蝋があります。これも自然のもので、赤ちゃんがいる家庭でも使われています。色がまた、凹みが出来てしまってもある程度なら修復可能です。湿らせた布をひき、そこの熱いアイロンをあてます。そうすると水分が水蒸気になり無垢が吸湿します。そうすると凹んだ部分が膨らみます。その後、紙やすりを使い磨きます。磨くことで傷が目立ちにくくなります。

まとめ

無垢にもフロアコーティングができ、お手入れが簡単になります。お手入れを怠るとシミになりやすく、オイルも定期的に塗らないとフロアが傷む原因にもなります。

こういったお手入れをすることで自然の木の風合いを楽しむことができ、使用感でしか出せない風合いがでて、それを楽しむこともできます。

しかし、日々のお手入れが難しいのであればフロアコーティングはフロアを守り、お手入れの手間を省く手助けになります。