ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングはいつからあるのか

フロアコーティングの歴史は1960年ごろからはじまっています。住宅が増えるにつれてコーティングの種類も増え、そのたびに改善点をカバーしたものが開発されています。

だからといって最新のものがよいか? と言われると、一概にそうとも言えないのが難しいところです。開発されて間もない技術であると、できる業者も限られてしまい、さらに特殊な技術を求められるために値段が高くなりがちです。自分の予算と比べながら、自宅に最も合ったコーティングを選ぶ必要があります。

フロアコーティングの歴史

実はフロアコーティングは日々進化してきています。床のコーティングの方法といえばワックスがありますが、これは1950年から60年頃に使用されはじめたようです。当初は油性のワックスが使用されていましたが、60年代になると水性のワックスが登場します。

水性のものは仕上がりがよいのが特徴でしたが、油性のものに比べて耐久性は劣るものでした。さらにワックスは定期的に塗り直す必要があり、耐久性においても課題が残るようなものでした。

耐久性工場の研究が進み、2000年代になって登場したのがシリコン系コーティングとマニキュア系コーティングです。シリコンコーティングはいまでも多くの家庭が行っているほど一般的なフロアコーティング方法の一つとなっています。さらに6~7年前に、さらに耐久性に優れたUVコーティングが生まれました。UVコーティングは光沢感があり人気のコーティングになりますが、落ち着いた仕上がりを求める人のために開発されたのがガラスコーティングです。

ガラスコーティングが生まれたのは今から4年前ごろで、今ではナノ技術を用いたナノガラスコーティングが開発されています。

そもそもフロアコーティングが人気になった理由

フロアコーティングを選ぶ家庭が増えていますが、その理由は、床のお手入れのしやすさと、一度コーティングしてしまえば10年から20年ほど持つという耐久性にあると言えます。

そもそも床のコーティングならばワックスでもできるのではないかと思う人もいるかもしれません。しかしワックスの耐久日数は樹脂ワックスでも60日程度となっており、床の綺麗さを保つためには定期的にワックスがけをしなくてはならない苦労があります。

フロアコーティングを施した場合、初期費用はかかりますが、耐久年数が10年となっており、アフターサービスも充実している業者に頼めば20年から30年ほど持つコーティングも選ぶことができます。安全性についても、樹脂ワックスや市販のワックスであると環境ホルモンに不適合なものが入っている場合がありますが、シリコンコーティングなどに使われている液剤は無機質のため安全となっております。

長期的にみてみると、フロアコーティングを施した場合のほうが、お得に済んでいる倍もありますので今日まで人気になっている理由だと言えます。

フロアコーティングの普及はどのくらい?

フロアコーティングは新築住宅だけでなく、中古住宅やマンションでも可能になっていますので、入居したあとに頼むという方も増えてきています。基本的に木材の床であればコーティングが行えますが、床の種類によってはムラができる場合があり、事前にテストしてもらうのがいいでしょう。

最近ではペットのためにフロアコーティングを施す家庭も少なくありません。実際にペットに適したフロアコーティング専門の業者も存在するほど、需要は高まってきています。犬や猫が滑ってしまうと、それだけで骨折や関節炎などの怪我につながる場合があります。

また、小さなお子さんがいる場合は滑りどめの効果を望んでフロアコーティングを施す家庭も少なくありません。床のお手入れが簡単になり、その分ほかの家事などに時間をかけられるため、最初にフロアコーティングを行っておくという新築物件がほとんどだといっても過言ではないでしょう。

まとめ

フロアコーティングの歴史などについて、そこからいろいろなことがわかったかと思います。フロアコーティングは住宅の歴史とともに歩んできたと言っても過言ではありません。住みやすい家にするため、綺麗な家を保つため、フロアコーティングは今日まで進化と開発を重ねてきているのです。