ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フローリングを長持ちさせるためには水気と乾燥に要注意!

ビニール床、カーペット、タイルと床材は様々なものがありますが、その中でもフローリングは、もっともポピュラーだといわれ、多くの住宅に設置されています。この床材の特徴について、そしてメンテナンス方法を知ることで美しい状態を維持することができます。

また乾燥が大敵といわれていますが、全く逆の水分についてはどうでしょうか?毎日歩く場所だからこそしっかりとこだわり、どういった材質なのかを知ることでさらに愛着を持つことができるといえます。またフローリングといっても合板と無垢といった種類に分かれることもありますので、その点についても深く掘り下げていきたいと思います。これから床材をチョイスしようと考えている方には必見の情報です。

そもそもフローリングの特徴は?

フローリングと一言でいっても、多くの種類があることはご存知ですか?住宅に使われる床材にもいくつか種類があるので、代表的なものをいくつか挙げていきたいとおもいます。

まずオフィスなどでよく利用されるビニールタイルは、塩ビ樹脂をメインにしたものが多く、バリエーションが豊かです。
続いてはカーペットですが、高いデザイン性が特徴で高級感溢れるタイプも多くあります。

そしてフローリングは、無垢といって一本の原木を加工し、接着剤を使用していないタイプ、そして複合フローリングがあります。複合フローリングについては合板とも呼ばれ複数枚の板を張り合わせて作っています。

無垢に関しては、原木から作っているので木の香りや自然な質感を感じることができます。また経年劣化を起こしやすいのですが、それも味わいとして楽しむことができるのが特徴です。吸水性に優れていることもあり、寒暖差の激しい地域や電気カーペット、直射日光を当てすぎることでひび割れを起こしてしまうこともあります。

続いて複合フローリングに関しては無垢よりも安価な点が最大のポイントです。製品によっては防音性や耐久性に富んでいるので、高品質な状態を長年保つことができます。しかしこのタイプは、接着剤など少なからず化学薬品が含まれていますし、加工されているので木材本来の香りや質感を楽しむという面ではあまり期待することができません。また無垢と同様、水分や、湿度には充分注意しなければ劣化を早めてしまうこともあります。

単に床材といっても様々な特徴がありますので、メリットだけではなくデメリットも含めた上で検討をしていくとよいですね。ちなみに幅や厚み、機能を比較しながら選択していくと住宅にあった床材を選択できます。色やオプション、硬度についても重要であることは確かですが、まずはスタンダードな部分から決めていくことで自分が抱いているイメージを具現化することができます。

なぜフローリングは水気と乾燥が大敵なの?

住宅にフローリングを敷きたいと思った際に、まず始めることは床材の選択です。そしてもう一つ大切な事項は、してはいけないことを調べることです。物事には厳禁であることがいくつかあり、今回に限っては水気と乾燥に気を付けることがフローリングを美しく保つためのカギだといえます。

水気が厳禁となると、掃除のときにはどうすればよいのでしょうか。それを知る前に、まずメカニズムから説明していきたいと思います。無垢、複合どちらに関しても樹木から作られています。樹木というのは呼吸をしていると言われ、自己調湿作用があります。よってある程度の湿度に関しては、自己ベストな状態になるように調整してくれるのですが、電気カーペットやエアコンによる過剰な空調管理、直射日光によってうまく調整ができなくなってしまいます。それによって乾燥を引き起こし床材が傷んでしまうことがあります。

傷みが進んでいくとひび割れや軋みから始まり歩行に支障がでる可能性もあります。またささくれが大きくなっていくことで、場合によっては張り替えをしなければならないケースもあります。水分に関してはこぼしてしまった場合にすぐにふき取れば問題はありませんが、長時間水分を吸収させてしまうことで、変色や腐食、さらにはカビの沈着の原因となります。カビにより変色は黒く、見た目にもあまりよくありません。

床材の種類によっては水拭きができないタイプもありますが、ペットやお子さんの粗相といったどうしても水拭きが必要な場合は、かたくしぼった柔らかい布でできるだけ短時間で拭くことが重要です。その後、窓やドアを開けて自然に乾燥するように環境を整えていただければと思います。

「水分は厳禁だから。」といってドライヤーなどを使うと急激に乾燥してしまうので、冒頭でも紹介したように、ささくれなどのトラブルにつながることもあります。正しい知識を取り入れ、トラブルとは無縁の生活を送れるとよいですね。

フローリングのメンテナンス方法

床は毎日のように使うので、必然的にトラブルが多くなってしまうことも確かだといえます。例えば水をこぼしてしまったり、シミを付けてしまったといった具合に生活をしていく中で、トラブルが起きた場合どのように対処していけばよいのでしょうか。基本的にフローリングには自己調湿があるので、水分が付着したのであればサッと拭く、乾燥が気になるのであれば換気を行い、床材がうまく調湿できるような環境を作ってあげるとよいですね。ちなみに乾燥や湿度に負けないフローリングを保つために、定期的なメンテナンスも必要です。

無垢についてはウレタン塗装がしてあるタイプもあり、そのタイプはやや耐水性に優れているので硬くしぼった布に中性洗剤を使うとよいでしょう。自然塗装の場合は水分に耐性がないので、乾いた布で拭く、または無垢専用のワックスがありますので定期的に塗りこむ必要があります。

複合については耐水性が高かったり摩耗に強いタイプもあったりするので、メンテナンス方法は様々ですが、ウレタン塗装の無垢フローリングと同じように、中性洗剤で拭くのがベターです。このタイプは一度傷がついてしまうと、張り替えが必要になるケースもあるので日頃からメンテナンスをしっかりと行い、トラブルを起こさないように努めていくとよいですね。どちらのタイプもワックスを使う場合は半年に1度は塗り重ねを行い、5年に1度はすべて塗り直しをすると劣化を防ぐことができるので、目安としていただければと思います。

清掃の場合はすぐに掃除機をかけるのではなく、まずワイパーやモップをかけてほこりを除去します。その後、掃除機をかけ、乾いた布で拭きます。清掃が終わったあとは2~3時間、喚起として床材が貼られている場所の窓やドアを開けておくことで、床材は調湿してくれます。フローリングは一見メンテナンスフリーのように思えますが、しっかりと手入れをすることで寿命を伸ばし、快適に過ごすことができます。

まとめ

床材の種類はもちろんのこと、住宅に貼られることが多いフローリングについての情報をピックアップしてみました。フローリングは無垢と複合の大きく2つにわかれるので、それぞれの特徴を知ることで住宅にあった床材を選ぶことができます。

無垢に関しては自然塗装やウレタン塗装をしているものもあるので、違いをしっかり把握しておくとよいですね。ちなみに無垢はお寺や保育園などで張られていることが多いといわれています。複合は様々なオプションをつけることができるので、住宅はもちろんオフィスでも利用されています。

どのタイプに関しても乾燥や水分に強くないので、メンテナンスの際にはその床材に合った方法を行う必要があります。トラブルを回避して、美しいフローリングを維持しましょう!