ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フローリングの足跡を消すためにはどうすればよい?

新築の頃は全く気にならなかったのに、気づくといくつかの足跡がついている。白っぽい色で浮き出ているので目立つし、いくら拭いてもきれいにふき取ることが出来ないこともあります。そんな頑固な汚れを消す方法を一挙公開していきたいと思います。
専門のクリーニング業者へ依頼するのもよいですが、自宅にあるちょっとした物を使うことでキレイになることもあるので必見です。ちなみにこの汚れは人間の皮脂が原因といわれていて、スリッパではなく靴下や素足でフローリングを踏むことで付着してしまいます。
階段やリビングといった目立つ場所にあることも多いので、しっかりとケア方法を知って足跡一つない、ピカピカのフローリングを保ちましょう!

フローリングの足跡が消えない理由とは?

リビングや階段、キッチンの料理スペースの床にいつの間にかついている足跡は、拭いても落ちにくい頑固な汚れといわれています。しかも放置していると色が濃くなっていくだけではなくベタつきがでてくるので、不快な汚れですし湿気の多い季節には臭ってくることもあります。他の汚れなら水拭きですぐに落ちるのに、なぜこの汚れだけが残ってしまうのでしょうか?

この汚れはフローリングを素足や靴下で歩くことで、床に皮脂がつくことで起こります。足の裏にはエクリン汗腺という汗腺が多くあり、人体でもかなり汗をかきやすい場所です。その汗と皮脂が混ざりフローリングを踏むことで、皮脂をこすりつけているということになります。皮脂というのは簡単にいうと油分なので、水拭きをしても拭うことができません。特にお子さんは大人に比べて新陳代謝が活発ですので、汗や皮脂を多く分泌してしまいます。また臭いに関しても皮脂に混ざってしまった汗に雑菌が取りつくことで、臭いが発生してしまうといわれています。ちなみにペットは足に汗腺を持っていることが少なく、あったとしても人間よりもかなり量が少ないので足跡が残ってしまうことはありません。これらは1回ずつであれば小さな事象ですが、それが毎日行われることで少しずつ蓄積され、汚れとして残ってしまうのです。

簡単な防止方法としてスリッパを履く習慣をつける、または帰宅したらすぐに足を洗うことです。当然のことですが、これだけでもずいぶん変わりますし、頑固な汚れとして残りにくくなります。床材の種類によっては皮脂や油分に耐性のあるタイプもあるので、どうしても足跡が気になる場合や、お子さんがいる場合は検討するのも一つの手段だといえます。

また床材自体が劣化している場合や傷んでいる、腐食している場合も、皮脂を吸収しやすくなっているので跡が残りやすくなってしまうこともあるので、こまめなメンテナンスを心がけるとよいですね。

フローリングの足跡を消す方法

頑固な汚れといわれている足跡ですが、いくつかの方法で消すことができます。まず挙げられるのが皮脂を取り除く薬剤が入っているウェットシートやモップ、ワイパーです。フローリングを貼っている住宅ではワイパーを使って掃除をしている方が多くいるのですが、日頃から皮脂に対応しているワイパーを使うことで跡を消すことができます。金額も安価ですし、スーパーやホームセンターで販売されていることもあるので気軽に導入できる方法だといえます。中には防カビや臭い対策ができるシートもあるので住宅や生活に合わせて使用するとよいですね。

続いては中性洗剤を使う方法です。これも安価でできますし、キッチン用洗剤でもよいので、気になる部分をサッとキレイにできます。手法としては柔らかい布に中性洗剤を染み込ませ、叩くようにしてふき取ります。但しフローリングの種類やコーティング剤によって、中性洗剤を利用できないケースもありますので注意が必要です。足跡が消えたら今度は乾いた布で拭いて完了です。

最後に紹介する手法は、足跡だけではなく全体的にキレイにしたい場合におすすめの方法で、専門業者へ依頼をする方法となります。専用のクリーナーやポリッシャーを購入するという手段もありますが、高価であることとスチームや水を使ったものがほとんどなのでおすすめできません。業者へ依頼すると1回につき1~3万円程度で安価とはいえませんが、足跡はおろか新築同様の美しさを再現してくれます。業者が提供するプランによっては、ワックスをかけてくれることもあるので気になる場合は事前に確認するとよいでしょう。

他にもいくつかの方法がありますが、手頃且つ効果的な手法はこの3点になります。簡単にできて、さらに確実にキレイに足跡を消すことができる方法となりますので、すでに汚れがついてしまったフローリングも、予防のためにも、どちらにもこれらの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

フローリングの足跡は重曹で落とせる?

冒頭で中性洗剤や、専用のウェットシートを使った足跡の除去方法を説明しましたが、重曹でも消すことができます。
重曹は炭酸水素ナトリウムという成分から構成されており、皮脂や油分を溶かしてしまう働きがあります。今回のようなフローリング以外にも、浴室やキッチン周りなど皮脂以外の油分が多い場所の掃除にも利用されていますし、美容を目的に使われることもあるようです。

フローリングに使う場合には、直接撒いたりするのではなく水に溶かして薄めて使います。分量としては1カップの水に重曹を小さじ半分程度です。よく混ぜ合わせてスプレーボトルに入れると便利です。あとは足跡の気になる部分に吹きかけて、その後乾いた布でふき取るだけでよいです。また重曹は消臭効果もあるので、雑菌を汗が混ざってしまったときに発せられる嫌な臭いも除去してくれますし、ホコリも一緒になってとってくれるので、手入れが楽になります。この方法は多くの方から支持されており、家庭にあるもので簡単にできる点はもちろんですが、人体や環境に優しい方法ですので小さなお子さんやペットがいる家庭でも安心という部分が、大きなポイントとなっています。

ただし、この手法にもいくつかの注意点があります。まず1つ目は重曹の濃度に気を付けることです。あまりにも濃く作ってしまうと肌についた際に荒れる原因となりますし、床材を痛めてしまい、コーティングされている床材であればその効果を薄めてしまうことが考えられます。

また無垢ではなく、複合フローリングのみで有効な手段ですので、実施するときは必ず複合タイプであることを確認してください。

以上に気を付けていただければこの重曹スプレーは、床材だけではなく、住宅の汚れ全般に効く万能スプレーだといえます。人によってはクエン酸を追加するという方もいますが、刺激が強くなってしまいますし、重曹だけでも足跡はしっかりと除去されるので問題ありません。

まとめ

汗と皮脂が混ざり合ってついてしまう頑固な汚れである足跡は、自宅にあるものやホームセンターなどで気軽に手に入れられるもので消すことができます。もちろん業者へ依頼する方法も、足跡以外の部分もキレイにメンテナンスしてくれるのでおすすめの手法だといえます。

最も簡単な方法といえば重曹と水を混ぜた重曹スプレーを作り、気になる部分に吹きかけた上でふき取る方法です。重曹の主成分である炭酸水素ナトリウムは、人体にも環境にも悪い影響を与えません。そのため肌が弱い方やお子さん、ペットのいる方でも安心して利用できる方法だといえます。自分に合った方法で手入れすることで、フローリングをキレイに保つことができるので色々と試していただければと思います。