ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

土足対応のフローリングとは?

一般的にフローリングといえばスリッパを使っていますが、実は土足に対応している床材があることを知っていますか?

素足やスリッパよりも強度が必要になりますし、汚れが付着しやすくなっているので手入れ方法が従来のままだと、美しさを保つことができません。そんな疑問に応えながら、床材について紹介しています。

ちなみに強度の高い床材といえばオークがあげられますが、この床材も土足対応として扱われることがあります。また一般的な床材と比較していくことで、メリットだけではなくデメリットを理解することができるので、より自分にあった床材を導入する目安になればと思います。土足でも使えるフローリングは近年では住宅だけでなくオフィスや商業施設でも導入されることが多くなっています。

一般的なのフローリングの特徴

ここでは一般的なフローリングの特徴を紹介していきたいと思います。フローリングの種類は、一般的に複合と無垢のどちらかに分類されます。まず複合は、薄い木材をいくつも重ねて接着しているものを指し、別名では合板と呼ばれることもあります。このタイプは複数の木材を加工しているので、木の温かみを感じたいという方には不向きですが、防音効果や防カビといった様々なオプションを付けることができるのが大きな特徴だといえます。

また強度が高く、カラーリングも数多く展開されているので、多くの方から人気を集めています。コストに関しても無垢よりも安価で導入できるので、その点も評価されているといえます。

無垢は1本の材木を加工して作るので木目が少なく、統一感がある点が魅力です。また複合では味わうことのできない木材本来のぬくもりや香りを楽しめるのも醍醐味です。踏み心地も柔らかく、足腰にも優しいといわれているので、介護施設やお寺、幼児施設などでも広く利用されています。この床材に関しては、ヒノキやパイン、ラバーウッドなど、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

例えばヒノキは、さわやかな木の香りが強く、フローリングだけでなく浴槽にも使われることがあります。ラバーウッドはゴムノキから加工しているもので、循環資源として利用されているので地球環境に優しいといわれています。ただし無垢は複合よりも強度が弱く、手入れが難しいという点があります。また比較するとコストも上がることがほとんどで、間取りや住宅の広さによっては手が届かないこともあります。乾燥や水気に弱く、定期的なメンテナンスはもちろんのこと、電気カーペットやエアコンを直接当てることは好ましくありません。自然塗装であれば劣化してしまうのですが、これを味わいだと思うか、それとも劣化とるかは、あなたの好みにもよるので一度確認してから選ぶとよいでしょう。

しかしこれらを踏まえても、温かく、踏み心地が良いため導入する方が多くみられます。

土足対応のフローリングの特徴とよく使われる場所

一般的なフローリングに関しては何となく理解できたと思いますので、ここでは土足対応のフローリングについて説明していきたいと思います。

日本では玄関口で靴を脱ぎ、スリッパまたは素足になることがほとんどですが、外国の場合はほとんどが土足です。そのため、使われている床材もオークやマンデリンといった外国の材木が多くなるのは当然だといえます。複合タイプはもちろんですが、土足に対応している無垢は意外だと思いませんか?ちなみにオークはヨーロッパで多く使われている床材で、ダークトーンのシックな雰囲気を持っています。踏めば踏むほど味のあるトーンになると言われ、強度も高いことから店舗などで利用されることもあります。住宅で使われることはあまりないですが、エイジング加工やヘリンボーンにすることで見た目も美しいといわれています。またオフィスや店舗は多くの人が移動することになるので、人体への影響も重要なポイントとなります。

多くの無垢を製造している企業の中には、人体へ影響を及ぼすような処理を行わず、環境や人体に優しい配慮をしているケースもあります。またコーティング施工をすることで、耐久性はもちろん汚れに強くなるのも土足対応フローリングの特徴といえるのではないでしょうか。木の香りを損なわずに耐久性や防カビ、汚れがつきにくくなることでいつまでも美しい状態を保つことができます。多くの人が使う中で、どうしても傷ついてしまったり、汚れてしまったりすることがあるのですが、それを隠すのではなくあえて見せる加工をしている床材もあります。傷や汚れ、スレがあっても自然な粗さにみえるような加工をしているので、多少の汚れでメンテナンスを行うことはありません。

比較すると一般的なフローリングとはかなり異なる部分があることがわかります。この床材が多く使われるのは百貨店や商店街、喫茶店やロッジ、食堂といったところが挙げられますが、近年では保育園やオフィスでも導入されています。

土足対応しているフローリングの種類と特徴

多くの床材が土足に対応しているようですが、どういった種類があるのでしょうか。

無垢に関してはオーク、スギ、マンダリンが多く強度が高いものが人気を得ています。また複合になるとさくら、メープル、チークなどを混ぜ合わせて作ったタイプや、ウリンといってかなりの硬度が期待できる床材を用意しているところもあります。この床材は反りや割れに関しても非常に強く耐水性もあるので水をよく使う施設でも安心して導入することができます。また忘れてはいけないのが防虫・防カビです。フナクイムシやシロアリなどを防いでくれるので飲食店などにも導入可能です。これらのフローリングに関しては自然塗装、ウレタン塗料、そして任意のフロアコーティングを施すことができます。自然塗装に関しては、木の暖かさやぬくもり、香りを楽しみたいという方向けとなり、ウレタンは土足にも対応できるよう強度を増しています。他にも様々なコーティングがありますが、多くの施工が強度強化、汚れ防止、艶出しが目的となります。

一般的なフローリングについても、コーティングは可能ですが、より強度を増すための施工になるので一般用とは全く異なるといえます。商業施設や商店街、エントランスにも使われている土足対応フローリングですが、これらを製造するメーカーによってはショールームを展開しています。実物を手に取ることで強度や質感を実感できるのが特徴で、無垢・複合どちらも間近で確認することができます。また強度テストとしてサンプルの上で重量のあるものを落として、どのくらいの強度があるのかテストをしてくれたり、塗料や食品、油分などで汚してどの程度汚れにくいのかを見せてくれたりします。

当然のことながら、安全に考慮した床材ですしあまりにも強度が強いからといって、トラブルの心配もありません。丈夫でデザイン性の高い土足対応のフロアコーティングの種類や特徴を知ることで、用途にあった床材を選びましょう。

まとめ

フローリングといっても住宅などで利用されている一般的なタイプと、店舗や商業施設・喫茶店・エントランスなどで利用される土足対応タイプがあります。双方の違いは耐久性や汚れに対する耐性、手入れのしやすさが挙げられます。複合だけではなく無垢でも土足に対応している床材もあるので、自分のこだわりに合わせて選択することができます。また床材によってはコーティング施工可能なタイプもあるので、防虫・防カビといったオプションを付けることもできます。

床材の多くが人体への影響がない処理をしていたり、厳しい条件にも耐えることができるように高耐久にしているものがほとんどです。互いに比較していくことで、自分にあった床材を選択することができます。