ガラスコーティング業者ランキング

フローリングの寿命とガラスコーティングの耐久性

フロアコーティングを施すことにより、お手入れが楽になるというだけでなく、フローリングの劣化を抑えることができます。フローリングは木材で出来ていますので、日々の生活で傷つけてしまった場合や日差しが当たった場合、水がかかった場合、などが劣化する原因となっています。だからといってこれらの危険を取り除くことは不可能ですので、フロアコーティングなどをして床を守ってあげる必要性があります。酸素や紫外線を通さないコーティング方法もありますので、コーティングをしているのとしていないのでは、劣化の速度がちがうのは当然のことです。これらの理由からして、フロアコーティングを検討してみることもよいでしょう。

一般的なフローリングの寿命は?

一般的なフローリングの寿命は10年から20年と言われています。フローリングの劣化の原因となるのが、日焼けと傷と水分です。生活していく上でこの3つの影響はどうしても避けられないものとなっています。日焼けは窓があるから遮られているんじゃないの? と思った方もいるかもしれません。日差し、つまりは紫外線の影響を受けるとだんだんとフローリングが痛んでしまいます。紫外線というのは、肌にも床にも影響を与えてしまうものなのです。

テレビなどでも寂れた家を見たことがある方がいるかもしれません。あれは長年雨風をしのぎ、紫外線にあたった影響で劣化が進んだ状態になってしまったものです。最近では紫外線カットの窓も開発されていますが、カットされるのは50%ほどです。完全とは言えませんので、ゆっくりでも確実にフローリングを劣化させてしまっています。生活していく上で紫外線は完全には遮断できるものではないのです。

2つめの劣化の原因である傷ですが、これは家具を動かす際にできてしまったり、ものを落としてしまったりと、生活をする上で気をつけていてもできてしまうことがあります。これも完全には防ぐことができないものの一つですよね。

3つめ原因となる水分ですが、こちらも生活する上でどうしても避けられないものです。例えば飲み物をこぼしてしまった場合や、雨が入り込んできてしまった場合など、フローリングが痛んでしまう原因となっています。
これらからの影響を事前に防いでくれるのが、フロアコーティングの役目です。フロアコーティングは飲み物などの水分をはじく撥水性であったり、紫外線を遮断する効果があります。さらに酸素を通さない加工もできますので、床の酸化を防ぐこともできます。コーティングを施すことによって傷がつきにくくもなりますので、床の劣化を防ぐ上でも重要な役割をしてくれるのが、フロアコーティングです。

寿命になる前にコーティングをしておこう

どんなものにも寿命はありますが、フローリングにも寿命が存在します。日焼けや傷などで痛んでしまったフローリングは特に劣化を早めてしまい、寿命を縮めてしまう場合があります。せっかく一戸建てを買って快適に住んでいても、先にフローリングの寿命が来てしまうということもあるかもしれません。

そんな状態を防ぐためにも、フロアコーティングが効果を発揮します。確かに新築の状態ではフロアコーティングの必要性は見いだせないかもしれませんが、これが数年経った場合、コーティングしていないことを後悔してしまうかもしれません。なにせ寿命になってしまってからコーティングを施しても遅いので、新築のときや、入居するときに考えておく必要があります。日焼けや傷といった劣化になる要素は、生活してる上では避けられないことです。それをケアするためには月一でワックスがけなどをするという方法もありますが、苦労を考えるとフロアコーティングをしてしまったほうが楽でいいのではないかと思ってしまいますよね。初期投資はかかりますが、トータルで考えてみると案外お得な面もあるかもしれません。

床というのは案外重要で、お客様を家に迎えるときなどにも目に入るのはやはり床です。床の見栄えが良いだけでなんだか家が綺麗に見えますから、やっているのとやっていないのとではやはり違いが出ることは間違いないと思います。
もしも退去後の資産として考えているのならば、フロアコーティングは資産価値を高める上でも重要な選択のひとつだと言えます。売りに出す場合も、家の状態というのは値段を決める上で重要な部分の一つです。
新築のときの綺麗なフローリングの状態を少しでも長く保つため、長い目をもって考えていく必要があります。

ガラスコーティングは何年持つ?

それではフロアコーティングを頼む場合、そのなかでもガラスコーティングはどのくらいもつのでしょうか。どのくらいもつのかというのは、フロアコーティングを決める上で重要な事項の一つです。どのくらいその家に住む予定なのか、将来的な問題と合わせて考えておく必要があります。
ガラスコーティングは最近開発された技術となっており、これまでのフロアコーティングの欠点をカバーしたものとされています。耐久年数も20年から、業者によっては30年としているところもあります。これはフロアコーティングのなかでは比較的長めの耐久性です。
耐久年数が長い理由として、劣化するあらゆる原因をカバーしてくれるところがあるからです。ガラスコーティングは酸素を通さないため、フローリングの酸化による劣化を防ぐことができます。紫外線カットの効果もありますので、日差しによる劣化も防ぐことができます。
さらに無機物の素材を使っていますので、定着したあとは、ペットや赤ちゃんが床を舐めてしまったとしても問題なく、安全性の高いコーティングとなっています。
また、滑り止めの効果もありますので、ペットが床で滑って転んでしまうこともありません。実はフローリングの床はペットにとってはとても滑りやすい危険なものでもあります。人間が生活する上でも、例えば小さな赤ちゃんがいる家庭では滑りにくいフロアコーティングを施している場合だと万が一の事故を防いでくれる効果もあります。
さらには撥水性もありますので、フローリングに飲料などをこぼしたとしても、さっと拭き取ることができ、お掃除やお手入れも楽にできることが特徴です。
安い買い物ではないので、将来的な問題と予算と家庭環境を考え、慎重に決めておく必要があります。

まとめ

ガラスコーティングはコーティングのなかでも耐久性の高いものとなっています。逆にコーティングを施していない床というものは、自分でも思ってみないスピードで劣化してしまう可能性があります。今後の保険のための意味でも、フロアコーティングを検討されてはいかがでしょうか。