おススメフロアコーティング業者ランキングTOP3

ガラスコーティングの硬度って何のこと?

ガラスコーティングはフロアコーティングのなかでも最も硬度が高いコーティング方法となっています。それでいて安全性が高く、耐久性も備えていますので、欠点が少ない最先端コーティング方法です。硬度が高いということは、それだけちょっとのことでは傷がつかないということを示しています。そして硬いというだけではなく、弾力性も兼ね備えていますので、温度変化によるわずかな床の収縮にも対応するフロアコーティングとなっています。予算に余裕があり、長く家に住む予定の方にはとても合っているコーティング方法です。

硬度があることのメリット

ガラスコーティングという名前から、傷つきやすいものだというイメージを持たれた方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際のガラスコーティングは、コーティングのなかでも表面が最も硬いことが特徴です。鉛筆でBや2Bという硬さの表現がありますが、ガラスコーティングの場合は7H~9Hとなっており、はるかに硬くなっており、傷を一切寄せ付けないとても頑丈なコーティングだと言えるのです。鉛筆の硬さを表すことの指標は、どれだけ傷がつかないかということを表しています。鉛筆をイメージしてみるとある程度の硬さがありますが、ガラスコーティングの硬さはそれを何段階も越して硬いということなのです。それだけ硬いのって逆に大丈夫なのかと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ガラスコーティングの場合、硬くなる素材を何ミクロンかの単位で床を薄くコーティングしますので、硬さの面で気になるということはありません。

硬度があるということは、椅子などの家具の足で引きずったとしても傷がつきにくくなっており、ペットの爪の傷などにもほとんど痕が残りません。ペットがいる家庭にとっては滑り止め効果もありますので、わんちゃんやねこちゃんの怪我の原因もなくすことができます。
生活をする上でどうしても避けられない傷ですが、ガラスコーティングを施すことにより、それを軽減させることができるのです。さらに硬いからといっても融通が効かないというわけではなく、弾力性と通気性も兼ね備えていますので、熱などで床が膨張・伸縮した際もひび割れにくく、熱気がこもることを避ける効果まであります。

いままでのフロアコーティングの欠点を解決できるものとして開発されたのがガラスコーティングとなっているので、これといった欠点がないという万能な点も特徴の一つとしてあげることができます。

デメリットもあるのか

どんなものにもデメリットというものはありますが、そのデメリットを理解しておくことが賢い買い物方法だと言えるでしょう。買ってからこんなイメージではなかった、というのもフロアコーティングにおいては避けたい事態の一つです。フロアコーティングなどの大きい買い物では、下調べなどが必要です。ではガラスコーティングにデメリットはあるのでしょうか。その点について書いていこうと思います。

ガラスコーティングのデメリットとして、コストがかかるという点があげられます。ガラスコーティングは他のコーティングよりも比較的に最近に開発されたものであり、他のフロアコーティングの欠点をカバーするほどの高性能が売りでもあります。耐久年数も長く、耐水性や安全性、ペット対応までできる高い性能が、費用面において他のものよりも高くなってしまう理由になっています。耐久年数が20年以上と長いので、そこまでその家に長く住む予定がないという人には向かないコーティングかもしれません。しかし逆にいうと耐久年数が長いので、長い目でみるとお得という考え方もあります。コーティング業者のなかでは保証期間が35年という場合もありますので、一回良いものをやっておいておくとのちのちのコストカットにもつながるということもあります。

基本的には万能なガラスコーティングですが、比較的熱に弱く、強いショックでひび割れてしまう可能性もありますので、その点も頭に入れておく必要があります。完全に万能なフロアコーティングというのはまだ開発されてはいないのです。
業者に相談する場合にはそういったデメリットやリスクも聞いておき、総合的に判断することが、のちのち後悔しないための賢い買い物方法です。デメリット面を自分の求める条件を照らし合わせることが大切ですね。

どれくらいの硬さがおすすめ?業者間の違いはあるの?

硬さに関しては、一般的なガラスコーティングを表す硬度が8Hとなっております。具体的にどういうことか、イメージできない人もいるかもしれませんが、この数字が大きいほど傷がつきにくくなるという目安になります。鉛筆が2Bなどですので、それをしのぐはるかに硬いものだというイメージです。
業者間によって使う素材や技術などと合わせ、サービスにもちがいはでますので、値段の面と合わせてみておく必要はあります。アフターケアに関しても、10年ごとにやってくれるところもありますので、こまめなケアがほしいと考えている方は、そういった面も質問しておき、複数の業者を比較しておくことをおすすめします。

また、値段が安いからといって安易に決めることはあまりいい買い物方法とは言えません。値段が安いということは、それだけどこかを削っているという見方もできるからです。人件費なのか、材料費なのか、はたまた保証期間が短いのか、安いのが悪いとは言いませんが、安い理由を見極めることが大切です。ひどい業者のなかでは、中途半端な技術を持っているだけで、施工された直後に剥がれてしまい、そのまま煙に巻かれてしまった……なんてこともないわけではありません。ひどい業者というのも稀にいるという例なのでそこまで恐れる理由にはならないかもしれませんが、契約してから後悔しないためにも、ある程度調べておくことはやはり重要だと言えるでしょう。

安さを売りにしており、サービス面においても力を入れているところは確かにありますので、要は見極めが重要ということです。
安い理由を知っているのと知らないのとでは大きなちがいがあります。決して安い買い物ではないので、自分なりにある程度は調べ、客観的な目を養っておくことも必要かと思います。

まとめ

ガラスコーティングと硬度について紹介していきました。硬度と言われるとあまり馴染みがないように思われますが、鉛筆の硬さと同じ考え方と聞くとイメージしやすいかと思います。鉛筆よりもはるかに硬い素材を使用していますので、ちょっとやそっとの衝撃では傷がつきません。予算と照らし合わせて検討してみるといいかもしれません。