ガラスコーティング業者ランキング

マンション・賃貸でガラスコーティングをしても大丈夫か

マンションや賃貸物件でフロアコーティングを行う場合、基本的に家主の方に許可をとる必要があります。勝手に施工した場合、トラブルに発展してしまうので、そのあたりの話し合いは絶対に必要だということを覚えておきましょう。床を綺麗に保てるといった点で、マンションや賃貸物件であってもフロアコーティングを施す方も増えてきています。すでに入居している場合はどのようにフロアコーティングを進めていくか考える必要がありますが、計画的に進めればできないこともないので、検討してみることをおすすめします。

マンション・賃貸でもガラスコーティングをしても良いのか

新築の一戸建てならフロアコーティングをおすすめいたしますが、果たしてマンション・賃貸でもガラスコーティングを施してもよいのでしょうか。これは一概に大丈夫とは言えません。賃貸住宅の場合、家主の方々の了承を得る必要があります。勝手に工事をしてしまって家主の方々や施工してくれた業者の方に迷惑をかけることは避けたいですよね。しかしなにもしないうちに諦めてしまうことはもったいないです。頼んでみたら案外大丈夫だった、なんてこともありますので、まずは希望を捨てないようにしましょう。賃貸であってもフロアコーティングをしておけば、お手入れは楽になりますし、滑りにくくもなるのでペットを飼っている場合においてもなにかと便利な効果があります。そしてなにより見栄えがよくなります。光沢感がある床というのは気分も上がりますし、お客さんを呼びやすくもなりますよね。だとすれば、マンション・賃貸だからとって諦めてしまうのはもったいないです。

まず賃貸住宅でフロアコーティングをする場合、その家を借りたときの賃貸契約を見直しておく必要があります。入居したときの状態のまま部屋を維持し、契約終了のときに部屋を明け渡さなければならないという契約になっている場合は、フロアコーティングなどの施工を施した場合、契約違反となってしまう場合があります。フロアコーティングをした際にどのような効果があるか、はじめによく調べておき、家主の方々に聞かれた際には説明する必要があります。

交渉の余地があるなら、業者の方に同席してもらって説明してもらうというのも一つの手です。どういった効果があるか、それによってどのくらいまで床をきれいな状態に保つことができるか、を業者によく聞いておき、家主の方々に了承を得た上で施工を頼むことにしましょう。

賃貸でガラスコーティングを行うために準備すべきこと

賃貸だけれどフロアコーティングをしてもよいものか……と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。賃貸だからといって諦めるのはまだ早いです。賃貸であったとしても床を綺麗な状態で保ちたいというのは同じですよね。月一でワックスがけをするという方法もありますが、一人暮らしであったり、ニオイがきつかったり、家具を動かさなければいけなかったりと、苦労を感じることは多くなってしまうかもしれません。なにより家事の負担がとても多くなってしまいます。フロアコーティングをしたいとなった場合、どのようにすればよいのでしょうか。

賃貸でガラスコーティングを施す際には、まず家主の方々の許可を得る必要があります。その際に必要なのは、だいたいどこの業者に頼むつもりなのか、フロアコーティングを行ったことによりどのような効果を得ることができるかなどの「説得するための材料」です。にべもなく断られた場合は部屋を借りている以上仕方ありませんが、「どういった意味があるのかわからない」などと質問された場合、説得するためにある程度の知識が必要になるかと思います。

賃貸はそもそも受け付けないという業者もありますので、そのなかで信頼できる業者を見つけておくことも一つのポイントになります。ある程度調べておき、ちゃんとした情報を揃えておいてから許可を取るようにしましょう。

退去時に元通りにする必要はあるのか

退去時に元通りにする必要があるのか、気になるところではあります。そもそも元通りということは、入居時と同じ状態にするということですよね。生活していく上でどうしても避けられない傷や汚れを回避する方法はあるのでしょうか。それをカバーしてくれる役割が、フロアコーティングです。

かといって賃貸物件の場合、なにも考えずフロアコーティングをやっていいということはありません。この部分に関しては、入居時などの契約条件を見直しておく必要があります。ただ、だいたいの賃貸物件に関しては、貸したときと同じ状態にして返す場合が多くなっており、貸したときと同じ状態というのは、床や壁の傷なども同様のことが言えます。家具を運び込む際に床に傷がついた場合などは、退去時に修繕費を払わなければならない場合があります。床を修繕する際には、フローリングの場合はがして新しい板を用意する場合があるなど、それなりのお金が必要になってしまうことは想像に難しくありません。それらのことを見越して、入居時にフロアコーティングを施す方もいます。

フロアコーティングをした場合、傷がつきにくくなることはもちろん、汚れや紫外線のダメージなども回避することができますので、入居時と同じような状態を長く保つことができるという利点があります。先にフロアコーティングを施しておけば、入居時と同じ状態のまま、床をきれいな状態で退去することができますので、入居時にフロアコーティングを施すことも検討しておいてもよいかもしれません。

まとめ

マンションや賃貸だからといってコーティングを諦めるのはまだ早いです。きちんとした知識をもつことで、のちのちに後悔しない買い物ができます。床を綺麗に保つことは、家で生活をしていく上でとても重要なことですから、慎重に決めていきたいことですね。