ガラスコーティング業者ランキング

ガラスコーティングとクッションフロアとの相性について

クッションフロアにこれまでは、「フロアコーティング」の施工は不可能と考えられていました。それでも実際にはクッションフロアであっても「ガラスコーティング」であれば、施工の際の密着度が高いため、独特の光沢と質感で「フロアコーティング」の施工が可能です。それではクッションフロアへのガラスコーティングでの施工に対して考えていきましょう。

クッションフロアとはどういう素材なのか

クッションフロアは、「ポリ塩化ビニール」(通称塩ビ)を利用したものになります。この素材は耐水性にすぐれ、表面が硬く、安い素材で、カーペットのようなものですので、フロアコーティングを施すよりも気楽に対応できる割には、かなりフロアコーティングに近い気分を味わうことができます。また、一部のフロアコーティング施工技術ではクッションフロアにも対応できるようですので、そちらについては信用できる業者さんとお話ししたうえで導入するのがいいかと思います。ただ、最初にもふれたようにそもそも安価な素材でできているため、長く付き合うというよりもまめに汚くなったら張り替えて使っていくのが正しい使い方かと思います。

クッションフロアのメリットはその安さゆえに何かあれば張り替えればいいというフロアコーティングする床ではできないわざが可能という点です。また、通常のフロアコーティングとは違い、通常の板とは違い、印刷ができるため、デザインには、木目、無地、テラコッタ風のタイル、コルク、さらに高級感のある大理石といったものまであらゆる素材の柄を選ぶことができます。軽く加工しやすい素材なので、張り変えも比較的簡単にでき、アンティーク調に飽きたら次はモダンなインテリアにするといったお部屋の雰囲気作りが簡単です。

また、これらの「クッションフロア」の特性を生かしつつ、「フロアコーティング」を施していくことにより、より「オシャレ」でより「自由度の高い」部屋づくりをすることが可能になりますので、クッションフロアをうまく「オシャレに」「自由に」利用をした「床作り」を検討してみるのもいいかもしれませんね。

ガラスコーティングとなぜ相性が良いのか

これまでのフロアコーティング技術だとどうしても密着度が低く、また、膨張しやすい「クッションフロア」だとすぐにひび割れてしまったり、剥がれが出てしまったりしてしまいました。そこでおすすめするのは最新のフロアコーティング施工技術である「ガラスコーティング」になります。この技術の特徴は、「素材との密着度が高い」「フロアコーティングの膜が著しく薄い」「膜は薄いが硬度(硬さ)」が高いため、クッションフロア特有のものの落下時やものを置いたときのへこみが大幅に少なく、きちんとガラスコーティングの良さを取り入れたものにクッションフロアでもすることができます。

また、光沢についても強い光沢のものから弱い光沢感のものまで選べるため、現在のクッションフロアで合わせた調度品との相性もいいままにできる等の良さがあります。また、UVコーティングよりは安価ですが、UVコーティングよりも少し機能性は落ちるものの紫外線を緩和する機能も十分に備えてますので、かなり役立つと思います。

また、「ガラスコーティング」のデメリットは「元素材」である床材のひび割れ等がおきると密着性が失われますが、クッションフロアの場合、ポリ塩化ビニールでできていることもあり、ひび割れ等する可能性もほぼないため、「ガラスコーティング」との相性は抜群かと思います。また、ガラスコーティングは優れた技術になりますが、UVコーティングと違い、経験値の浅い施工業者も多いことから仕上がりに違いがでることもありますので、施工の際にはきちんと施工業者を比較し、自分にあった業者を選定して施工をするようにしましょう。間違いのない業者でやることにより、思った通りの仕上がりにできます。

ガラスコーティングできるか、業者に問い合わせておくと吉

ガラスコーティングについては、現在ある「フロアコーティング」の中では最も高機能かつ人気のフロアコーティング施工方法になります。ガラスコーティングは、ここ最近開発された技術で、その値段の割に機能性が高く、硬度(硬さ)が高いため、傷がつきにくい特徴があります。従来から存在している「UVコーティング」のように高額な機械を導入する必要もなく、人気もあるフロアコーティング方法のため、全国で施工できる業者が多いです。ただ、そのためか、まだまだ確立されて間もないフロアコーティングの施工方法のため、業者の熟練度によりかなり仕上がりのばらつきがでてしまいます。

そのため、施工業者は近くでお付き合いがある業者やできるだけ安い業者がいいですが、「施工実績」と「施工経験」をきちんとヒアリングし、その上で自分が施工してもらおうとしている物件本当にこのフロアコーティングの方法があっている施工方法なのか?をきちんとプロの目から確認してみた上で対応していくべきかと思います。

前述したように、中古の古い物件だと床のデコボコが大きく、折角高いお金を出して施工をしても、思ったよりもよく仕上がらず、もったいないことになり、また、特性上かなり長持ちする施工方法のため、少なくても10年~20年は付き合わなければいけなくなるため、絶対に業者選びについては徹底的にしらべ、勉強し、施工件数が多く、実績の多い施工業者を選び、相談をしましょう。これにより、自分のおもった通りの仕上がりに近づけることが可能になります。やはりそれなりの金額のするフロアコーティング施工技術になりますので、急がずに焦らずにきちんと様々な業者を検討したうえで自分が信頼ができる業者を選び、相談しながら進めていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「クッションフロア」への「ガラスコーティング」でのフロアコーティング施工に焦点をあてて話してみました。クッションフロアはガラスコーティングとの相性は抜群で床板にガラスコーティングを行うよりも効率的に行えるかと思います。是非とも一度ご検討してみてください。