ガラスコーティング業者ランキング

健康リスクが低いガラスコーティングの魅力

以前に比べて建築基準法における取り決めやシックハウス対策における健康面への影響を加味した結果、現在はフロアコーティングについて、子供が床をなめても大丈夫なように健康リスクに配慮した素材を使うようになってきています。最も安全性が高いフロアコーティングとしては、昔からある「UVフロアコーティング」と最新の「ガラスコーティング」があります。そのうち今回は「ガラスコーティング」について検討していきたいと思います。

ガラスコーティングにはどういう成分が含まれているのか

ガラスコーティングは「ガラス」という名前がついていますが、実際にガラスを使用しているわけではありません。液剤の粒子と空気中にある水分子が混ざり合うことによって、ガラスのような素材を作っているのです。また、フロアコーティングの成分には油性と水性の2種類ありますが、ガラスコーティングは油性にあたります。溶剤をフロアに塗り付けることで、ガラスコーティングができます。具体的なイメージとしては、床の上に液体を塗るようなイメージで良いでしょう。

では、実際の耐久性はどうなのでしょうか。それに関しては他のフロアコーティングの種類よりもしっかりしていると言われています。分子のレベルで床と結合するため、床にぴったり張り付いています。また、粘土が高く透明な液体であるため、目には見えないのが特徴ですので、どういう溶剤なのかは施工してもらうコーティング会社に見せてもらった方が良いでしょう。ぴったり張り付くことからなかなか再施工や修繕が難しい種類です。光沢が出やすくなるのも特徴ですので、自分が気に入る成分や見た目をしているのかを確かめておくことが大事です。

ガラスコーティングは強力な成分を使用しているため、傷・水・汚れ・薬品などあらゆる成分に耐性があるという強みがあります。アクリルやウレタンといった種類よりは長持ちしますので、成分だけでなくあらゆる観点から比較してみてください。

ガラスコーティングの床をなめてしまっても大丈夫?

前述より、ガラスコーティングには液剤の粒子と空気中の分子を混ぜて使用していると説明しました。コーティング剤の懸念として、「ガラスコーティング後の床材をなめてしまっても大丈夫なのか」という問題があります。結論から申し上げると、基本的に床を舐めてしまっても大丈夫です。

理由としては、安全な素材を使用しているところが多いからです。一般的にフロアコーティングは家族連れやペットを飼っている方が行っています。小さなお子さんやペットは傷や汚れなどをつけやすいため、そのためにコーティングを施すのです。中には誤って舐めてしまうこともあるでしょう。そういう時に危険な素材を使ってしまっては、お子さんやペットに悪影響を及ぼしてしまいます。一般的なコーティング会社であれば、お子さんやペットに向けたコーティングサービスを行っていますので、あまり危険視する必要はないでしょう。

気になるコーティング剤の素材ですが、会社によっては、どういう素材を使用しているのか、公表しているところがあります。ガラスコーティングといっても全く同じ素材というわけではなく、会社独自の手法を使って取り入れているところが多いのです。そのため、まずはコーティング会社に相談するかHPを参考にし、どういう素材が使われているのかを知ることから始めましょう。調べているときに人体やペットに悪影響を及ぼすような素材を使っていれば、利用しないようにしましょう。たいていの業者は安全なものを使用しているので大丈夫ですが、念のため何の素材を使っているのかまでは調べておいた方が得策なのです。

コーティングはF☆☆☆☆といった、実績のある業者に頼むべし

コーティング剤の判断基準として、「F☆☆☆☆」(エフフォースター)というものがあげられます。皆さんはエフフォースターをご存知でしょうか。これはホルムアルデヒドの等級において最も信頼できる「最上位ランク」を示すものです。JIS規格に基づいてつくられているため、安心できる素材であるという証明につながりますし、健康被害を防ぎたい方の判断基準として使用されています。

このランクをとるには、公式に認定された工場で製造されたものでなければなりません。つまり、エフフォースターは「国によって認められた素材を使用している」と言い換えることができます。このようなランクができた背景には「シックハウス症候群」があげられます。建築材料のために多くの方が健康被害を訴えました。そのため、このような規制がかけられたわけなのです。エフフォースターを取得しているからと言ってホルムアルデヒドが全くないわけではありませんが、一般的にはいくら使用しても健康への影響が問題ないとされています。

このように、ホルムアルデヒドに関する基準の取り決めはかなり厳しい審査基準に基づいて行っています。そのため、エフフォースターの材料を使用したところを確認したうえで選ぶようにしましょう。床材のために健康に悪影響を及ぼすのは嫌ですよね。少しでも安全に暮らせるよう、どういう材料を使っているのか国に認定されたものなのかを調べてみてください。

まとめ

今回はガラスコーティングにおける成分や安全性について紹介しました。いかがでしょうか?少しはガラスコーティングに関する知識が増えてきたのではないでしょうか。一般的に値段が高いとされているガラスコーティングですが、値段の価値だけあって丈夫なのが特徴です。長持ちするものを選びたいか、水性の塗料を選ぶかは皆さんの自由ですが、材料の種類を選ぶ際はある程度知識をつけておいた方が良いでしょう。また、コーティング会社も様々な成分を混ぜて行っているところが多いです。いきなり一つの会社に決めるのではなく、どういう成分を使っているのかを知ってから検討するようにしてください。