ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

ワックスフリーフローリングをご存知ですか?

フローリングにはワックスをして手入れするのが一般的ですが、近年の住宅にはフリーワックスという、床材があります。この床材は名称の通り、ワックスによるコーティングが不要でメンテナンスいらずといえます。しかしこの床材を利用する際には、いくつかの注意点が必要となりますので、その注意点やフロアコーティングをしてよいのか?といった疑問に応えていきたいとおもいます。ちなみに家の種類によってはこの床材を使うことができないこともあるので、事前確認が必須です。

ワックスフリーとは何か?

ワックスフリーというのは、床材の時点で傷つきにくく、耐久性のある加工を施しているのでフロアコーティングや、自身でワックスを塗る必要がない床材のことを指します。近年ではこの床材がスタンダードになりつつあり、メンテナンスが不要で、ふき掃除や簡単な手入れだけでよいという点が人気を呼んでいます。

またクレヨンやしょうゆなどの油汚れにも対応しているので、サッとふき取るだけで汚れが取れますし、ひっかき傷がつきにくいので小さなお子さんやペットのいる家庭には支持を得ています。そんな注目されている床材について紹介していきたいと思います。ちなみにこの床材は、特殊な加工をしているので家を建てる際に一緒に導入するのがベストです。ワックスやフロアコーティングとは異なるので、途中から導入したい場合には張り替えとなりますので、費用が発生する可能性があります。この床材は基本的に複合フローリングになりますので、膨張やねじれ、反りのほか、水や汚れ、キズなどにも強いといわれていて、無垢などの天然素材に比べると安価といわれています。ふみ心地は固めで、天然素材とは違った感じはするものの、カラーや木目のバリエーションが豊富なので、こだわりの強い方にもぴったりです。特殊なコーティングが、あらかじめ施されているので、自身で薬剤を使ってコーティングする必要はありませんので、手間暇を考えるとワックスフリーの床材を選ぶのもよいといえます。

デメリットに関してはどうでしょうか。光沢や傷に強く、耐久性があることは確かですがメンテナンスができないため、年月が経つにつれて薬剤が薄くなり光沢や耐久性が弱くなってしまうことがあります。その点を踏まえて導入するとよいでしょう。

ワックスフリーの上からフロアコーティングしても大丈夫?

くすみや汚れが目立ってきたのなら、フロアコーティングを施せばよいのではないのか?そう考える方もいるでしょう。冒頭で申したようにワックスフリーの床材は特殊な薬剤でコーティングをしているので、後でフロアコーティングをしても良いのでしょうか。状況、そして床材によるということになるのですが、劣化が始まってからコーティングをするのはあまりお勧めしません。理由としては劣化による汚れやシミがでてくるのでその上からコーティング剤を塗ってしまうと汚れが目立つ可能性があるのです。また小さなへこみやホコリが入ってしまっては意味がありません。

ちなみにこの床材に自身でワックスをするのは厳禁です。シートタイプのものがメインとなりますので、余分な水分を吸い床材が膨張する、または腐食の原因となります。また薬剤と床材の相性もあるので、自身で施工せずに必ず専門の業者へ依頼するのがよいでしょう。ケースによっては床材に付着しているコーティング剤やワックスを剥離させる必要があります。その作業は素人では無理ですし、無理にやってしまうと床材がダメになってしまうこともあります。フローリングというのはいわば、家の顔です。その顔を美しく保つには、正しい知識を得た上でその施工をしなければなりません。

ちなみにフロアコーティングをする際におすすめなのはUVコーティングです。薬剤を剥離した上で、UVコート剤を施工するのですが、傷やシミに強いだけではなく、光沢が美しく劣化しにくい傾向にあります。他にもガラスコートやウレタンといった多くの種類がありますが、持続年数や劣化のしにくさを考えるとUVコーティングがおすすめだといえます。コストはやや高額ですが、メンテナンス不要ですので高い買い物ではありません。

フロアコーティングしたいなら、早めの対策が肝心

家のフローリングにフロアコーティングを施したいとおもったとき、どのタイミングで施工を依頼するのがよいのでしょうか。フローリングというのは毎日利用する場所であり、小さな傷や汚れが付きやすい場所でもあります。いくらワックスでコーティングしているといっても、その小さな積み重ねによって汚れが目立ってきたり、傷がついたりします。そのため、できる限り早めにフロアコーティングを行うことをおすすめします。これらの傷や汚れがついていないのであれば、その状態をキープすることができます。コーティング剤の種類によって寿命は異なりますが、短いものでも5年ほどは状態を維持できます。またコーティングをする前に、専門の業者へ依頼してクリーニングや傷の補修をするとよいでしょう。

ちなみに業者へ依頼をした際に、発生する費用の相場は15~40万円ほどです。コーティングの種類や広さ、間取りによっても異なりますので気になる方は見積もりからとってみるとよいですね。

またワックスフリーに対応していない薬剤もありますので、自分だけでは判断せず、必ず知識のある担当者へ相談するのがベターです。実際に合った失敗段ですが、多少の知識があるとおもい自身でコーティングをした結果、ホコリが中に入ったままであったり、床材と薬剤が合わずにすぐにコーティングがダメになったりした事例があります。あまりにもひどい場合は床材を剥離し、新たに敷き直さなければならないケースもありますので注意が必要です。ワックスフリーの床材にフロアコーティングを行う場合は、できるだけ早めに行い、且つ必ず専門業者へ依頼することが肝心です。手入れいらずで美しい床を保ちたいと考えるアナタ、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

自分で薬剤を塗りこまなくても、少しの傷や汚れを防いでくれるワックスフリーの床材は、近年から徐々に人気を得ています。手入れ不要という面や、衛生面を考えても安心ですし、何より天然素材よりも安価であることが人気の秘訣です。この床材にフロアコーティングをすることは可能ですが、経年劣化を起こす前に施工することをお勧めしますし、床材と薬剤の相性もあるので必ず担当者へ依頼をしていただければとおもいます。ちなみに価格相場は15~40万円程度です。