ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

キッチンコーティングの対応範囲と費用相場

住宅の中でも特に利用するといわれているのが、フローリングとキッチンです。特に水回りのメンテナンスを怠るとカビや臭い、さらには水漏れを誘発するので気を付けたいです。しかし、そんなメンテナンスが今以上に楽になり、且つ新築のような状態を保つことができる施工があるのです。そのコーティング施工の効果や特徴について、さらには費用相場についても案内していきます。

ホームセンターなどで購入できる薬剤を使ってセルフ施工ができるパターンも案内しているので、できるだけコストを抑えたいと考えている方にはぴったりです。

新築を建てる方はもちろんのこと、リフォーム時に施工することも可能なので、知っていて損はない情報だといえます。

キッチンや水回りのコーティングは必要?

毎日使うキッチンって汚れやすいですし、メンテナンスが面倒です。汚れてしまったらその都度掃除をしていけばよいと考える方もいますが、どんなにキレイに掃除をしても新品のようになることはありません。また水垢や油汚れは素人で完全に落とすことが難しく、場合によっては専用の機材が必要になることもあります。そんな面倒なことを毎回行うのは無理な話です。

それを払拭してくれるのがコーティング施工となります。キッチンはもちろんですが、浴室や洗面台にも施すことができるのでカビや水垢を防ぎ、キレイなだけではなく健康面にも良いといわれています。現状、人気を得ている施工はフッ素コーティングと呼ばれ、汚れだけではなく硬度もあるので水回りの設備を丈夫にしてくれる役割もあります。またIHに対応している施工方法などもあったり、自然なツヤを維持できるような方法を提供していたりと、自宅に合わせて施工をすることができるようになっています。

冒頭でも申したようにキッチンにコーティング施工をすることで、毎日のメンテナンスや手入れがかなり楽になりますし、いつでも清潔な状態をキープしておくことができるので、メリットがとても多いといえるのではないでしょうか。また水回りと言えば浴室に関しても毎日利用する場所ですし、換気を怠ってしまうとすぐにカビが生えてしまいます。これらの水回りに関してもコーティング施工は大変効果的です。浴室の場合は、床暖房効果や転倒防止といった様々な効果が期待できるコーティング剤もあります。

新築を建てたのでいつまでもキレイに使いたいと思う方はもちろんですが、カビや水垢のメンテナンスや手入れを楽にしたいという方にはぴったりです。設備の強度にも向いているので、水回りのフロアコーティング施工は、多くの方にとって必要なものだといえるのではないでしょうか。業者へ依頼するのはもちろんのこと、自分でも施工をすることができるので用途に合わせてかけてみるのもよいですね。

自分で行う場合はどうすれば良い?

自分でコーティング施工をする場合、どのようなことから始めればよいのでしょうか。まず自分で行うことのメリットとしては、自分のライフスタイルに合わせて施工ができるので、業者のスケジュールに振り回されることがないという点です。また工賃などは必要がなく、材料費のみで施工が可能なので比較的安価で施工をすることができます。薬剤や材料に関しては、ホームセンターで販売されていることが多く、中にはシンクのクリーニング剤なども販売されているようです。

キッチンを自分で施工する場合、まず必要な工程は3段階で、シンクの掃除・磨き・コーティングの流れになります。まず専用の薬剤や洗剤、スポンジを使って全体をキレイにしていくのですが、ここで手を抜いてしまうとせっかくのコーティングの効果が半減してしまいます。カビや水垢といった汚れを取り除いたら、磨く工程に入ります。スポンジだけではなく不要な歯ブラシなどを使うことで、奥までキレイになります。そして最後にコーティングを行います。薬剤によっては二度塗りができないタイプもあるので、注意が必要です。

今回はシンクの施工を例に挙げていますが、キッチン周り及び水回りの施工に関してはほとんどが同じ工程だといえます。その後、乾燥を行うのですが薬剤によって3~5時間程度、完全に硬化するまで24時間程度かかる可能性もあるので、当日はキッチンを使うことができないと考えておくとよいですね。これで施工は終わりとなりますが、耐久年数は1年ほどといわれています。定期的に行うことで、よりキレイになりますし手入れがぐっと楽になります。安価でまずは試してみたいという方にも向いているので、業者へ依頼するほどではないがどの程度キレイになるのか気になるという方は、自分で施工してみるのもよいでしょう。

平均的な価格としては1500~5000円となります。浴室など施工をする面が多い場合は、1万円程度発生することもあるといえるでしょう。

業者で行う場合の対応範囲と費用相場

せっかくコーティングをしてもらうのだから、しっかりとやってほしいと思うのは当然ですし、効果の高いオプションを依頼したいと思う方もいるでしょう。自分で行うと市販のコーティング剤のみになるので、自分が期待している効果やオプションをつけることはできません。

その場合は専門業者へ依頼するのがベターです。また一言でキッチンといってもシンクやタイル、コンロ周りと様々場所があり、期待する効果も異なります。業者に関しては細かく場所を指定することもできますし、キッチンをすべて施工することも可能ですので対応範囲の広さはこちらが勝っているといってもよいでしょう。ちなみに一般的な対応範囲としてはキッチン全体、換気扇、ドアパネル、蛇口となっています。完成度の高さはもちろんのこと、場所に適した施工をしてくれることがほとんどなので、施工をしたけれど期待通りの結果にならなかったというトラブルを防ぐことができるのも特徴の一つだといえます。費用に関しては冒頭で説明したように、自分で施工をすると約1万円程度とですが、業者へ依頼すると2~5万円が相場となります。

耐久年数に関しても、2~3年と自分で行うよりもやや長いので一度の出費として考えるのではなく、ランニングコストとして算出することでどちらがお得になるか見えてきます。エリアやコーティングプラン、またオプションによって価格が異なるので気になる方は見積もりを請求するとよいですね。業者によっては水回りすべてを施工してくれるプランを用意しているケースや、早割といったサービスを展開していることもあるので一社に絞らず、多くの業者を参考にするとよいですね。

保証の有無やトラブルに対するアフターフォローを手厚くしている業者もあるので、自分で施工するのとどちらに多くメリットがあるのか充分に吟味して選択いただければと思います。中には無料相談を受付しているところもあるので、相談から始めるのも良い手法です。

まとめ

施工をするにあたって知っておくべき種類と特徴、そしてコストについてご紹介してきました。キッチンのコーティングは自分で施工することもできるので、多くの選択肢が用意されているといってもよいでしょう。自分で行うことで安価に仕上げることもできますし、ライフスタイルに合わせて水回りの施工したい場所をカスタマイズできるのが特徴です。

業者へ依頼する場合は、ある程度の費用が発生することは確かですが、その分仕上がりが美しく耐久年数も2~3年と、自分で施工するよりも長く持ちます。基本的にキッチンだけの施工がメインですが、業者によっては水回りすべてを施工してくれるところもあるので、コストだけではなく提供しているサービスや施工内容について知ることが重要です。