ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングをきれいに保とう

フロアコーティングを長持ちさせるためには、日ごろのメンテナンスにかかっています。なるべく早く汚れをフローリングから取り除くこと、水拭きでしつこい汚れを落とします。洗剤を使うときは洗剤分をフローリングに残さないのがフロアコーティングをより長持ちさせるコツです。それでも油性の汚れなどで焦ってしまい、自己判断で汚れを落としていませんか。選択を間違えば、塗膜が変色したり剥がれてしまうことがあります。後悔しないためにも、汚れへの正しい対処法を知り専門の業者へ相談することが大切です。

基本の拭き掃除

床の拭き掃除、みなさんはどのような方法で行っていますか?しっかり汚れを落としたい人は「水拭き」、床にワックスをかけているときは「から拭き」でしたほうがよいなど、普段から私たちの周辺には使い捨てのシート類を含め、水で洗い流せるタイプのモップや様々なグッズが販売されています。これだけ種類があるとフロアコーティング後の普段のメンテナンスはどれが正しくて、我が家のフローリングに最適な拭き掃除になるのか迷ったことはありませんか。しっかり汚れを落とすフローリング掃除の基本は、やはり「水拭き」だそうです。

床の材料は木材、中に浸水してしまうと表面が反ってしまったりフローリングそのものを傷めることになるといいます。そう、水は厳禁なはずでは?と思う方が大半でしょう。水拭きといってもコツがあって、固く絞った小さめの雑巾で拭き上げます。床が水に触れる時間を短くすることが表面に貼られた木材の傷みを軽くします。食事をする場所ではどうしても食べこぼしが気になります。汚れてもいいようなマットを敷いたりと工夫をしている方が多いと思います。

しかし、毎日の食事のことなのでフローリングを汚すことが多いご家庭では、サッと拭き掃除ができて簡単なメンテナンスで清潔が保たれる手軽さを求めるのではないでしょうか。たくさんの掃除道具が販売されていますが、モップやフローリング用のシートなど立ったままで気楽に拭き掃除ができるものは普段の掃除用に、しっかり汚れを落としたいときには床に近い位置で、床の状態と汚れ落ちを目で確認しながらの水拭き掃除がお勧めです。立ったままの拭き掃除より、ある程度の力を入れながらの水拭き掃除は無駄な洗剤を使わなくていいだけでなく、汚れが落ちていくのを感じながら拭いていくことができるので気分的にもスッキリします。フローリングのお手入れは、掃除道具の使い分けがポイントです。

しつこい汚れには汚れ別の対処法でカバーしよう

汚れといっても、水性から油性までいろんな種類があります。これらの汚れがすべて同じ方法で処置していいわけではなく、汚れの違いで落とし方が変わってきます。普段から自分でできる床のメンテナンス方法を見ていきましょう。

汚れを大まかに分けると、人の皮脂汚れ、埃やちり、料理などで飛び散る油汚れになります。皮脂汚れには、洗濯の際にも使われることのある台所用の洗剤が相性がいいと言われています。できれば中性洗剤を用意します。床を保護しているワックスの種類にもよりますが、中性洗剤だと塗膜を傷めにくいのです。床材が水分に弱いのは変わりませんので、洗剤の原液ではなく薄めて使い洗剤分を残さないように手早く拭き取るようにします。とくに玄関先のフローリングの土や砂の汚れは、フローリングに細かい傷をつけてしまう代表格。フローリングの隙間に入り込んでしまい、表面を触るとなんだかザラザラ感があります。このまま水拭きをしてしまいたいところですが、先に掃除機で吸い込みます。

拭き掃除をしたときに床への傷を防ぐためです。このときに注意したいのが、フローリングの木材の目に沿ってかけること、掃除機の吸込み口を勢いよく動かさないことです。ゆっくり確実に掃除機で吸い込むようにします。それが済んだら水拭きをして、から拭きで仕上げます。掃除するときは、水分を早く蒸発させるためにも窓を開けて換気しながら行います。油汚れには、重曹やクエン酸がよいとされていますが中性洗剤と同様、水で薄めましょう。頑固な汚れにはアルカリ性や酸性のどちらかの特性をもった洗剤を使うことが多いのですがどちらも汚れを溶かして落とすものです。ワックスの塗膜を剥がしてしまうこともありますので目立たない場所で試してから使うようにしましょう。しつこい汚れを落とすには、床材の特性と汚れを知ることです。知識としてあるかないかでメンテナンスがラクになります。

フローリングにダメージを与えかねない汚れは業者に連絡を

時間が経過した汚れの元が判断できない汚れ、身近なもので取れない頑固な汚れ、フローリングに染みこんでしまったものは素人判断のお手入れは危険です。汚れを取ろうとして強引に表面を削ったり、強力な洗剤を使って床を変色させてしまったり、こびりついた汚れを無理に取ろうとした結果、かえって傷になり結局さらに費用をかけて修繕することになってしまった、という話も珍しくありません。

その点フロアコーティングをしていると後のメンテナンスもラクで汚れが取れやすいのは確かですが、いつもとは違うものをこぼしてしまったり、薬剤などのフローリングに大きなダメージを与えかねない汚れに対しては勝手に判断しないようにします。そのようなときは、フロアコーティングをしているなら施工した業者へ連絡を、またフローリングを補修、修繕してくれる専門の業者へお願いしましょう。もし塗膜が変色していたり、剥がれかけているような場合は傷口が大きくならないように原則触れないことです。前もって原因がわかっているときは、業者に説明しておくと作業がスムーズになります。補修や修繕の場合は、床材の種類がわかれば型番とどのような状況になっているのか業者を呼ぶ前に相談しておくとよいでしょう。事前相談の中には、実際の状況を伝えるために床の写真を添付して見てくれる業者があります。言葉より状況が伝わりやすいし、その後の対応もスムーズです。

汚れの中には、酸性、アルカリ性のもので化学反応を起こし塗膜を傷つけるものがあります。自己判断は失敗のもと、油性の汚れも諦める前に相談することをお勧めします。日ごろからフローリングのメンテナンスを行っていても、気付かないところで傷んでしまうようなこともあります。洗濯物と同じで変色や染みこんでしまうような汚れなどは時間が経つほど扱いが難しくなりますので早めに対策をしましょう。

まとめ

間違ったフローリングのメンテナンスや汚れの対処法は、フロアコーティングの塗膜に傷をつけるだけではなく、フローリングの寿命そのものを縮めてしまうことになります。本来ならフローリングに水気は厳禁ですが、しつこい汚れには水拭きと仕上げのから拭きが有効なのです。使う洗剤もなるべくなら中性のものを、原液ではなく薄めて使います。身近なもので落としきれない汚れについてはフロアコーティングの塗膜を傷めないうちに、専門の業者へ相談しましょう。