ガラスコーティング業者ランキング

フロアコーティングの相場を踏まえて考える業者選びのコツ

色々な業者がひしめき合うフロアコーティング業界の中から、優良な業者を見極めるためにはどのような点に注意していったらよいのでしょうか?相場に見合った価格で実施してくれる業者が好ましいことは言うまでもありませんが、ここでは業者を選択する基準となるようなポイントについて紹介していきたいと思います。

まずは、ガラスコーティングの価格相場を把握しよう

まず、ガラスコーティングについて考えてみましょう。事前にインターネットなどで知識を収集していたとしても、実際にはイメージがつかめない点も多々あるでしょう。ガラスコーティングはまだ新しい施工法で、価格相場は床面積が30平米だとすると10~20万円前後となっており、決して安い方とは言えません。

しかし、薄いながらも強度のあるガラスの被膜が床面を保護してくれることにより耐久性が上がるので、20年以上は効果を実感することができるのです。一年あたりの金額に換算してみれば、ワックス塗装と大差ないと言えるかもしれません。ガラスコーティングの施工には、光を照射して硬化させるUVコーティングのような特殊な機材や技術を必要としないという理由から、新しく参入してくる業者が増えつつあるようです。しかし残念なことに、その中にはあまり良心的ではない業者も含まれますから、注意が必要です。そのように競合する業者が増えていくと、次第に価格競争が起こり少しずつ価格相場が下がっていくということも考えられます。価格が下がっていくのは消費者としては喜ばしいことのように思えますが、問題となるのは業者の施工技術が伴わないまま、集客率を上げるためだけに必要な費用を抑えて価格を下げているところが出てくるということです。単純に価格が高ければ施工品質も高くなるという訳ではなく、リーズナブルな料金で質の良いコーティングを行う業者もたくさんあります。

単純に価格だけを比べて判断するのではなく、技術的な面や使用する薬剤の安全性もチェックし、本当に信頼できるかどうかをきちんと見極めることが重要でしょう。安心して任せられるような優良な業者を見つけていくために、ここで紹介するような点に注意していくことをおすすめします。

価格だけではなくサービスの内容にも目を通す

フロアコーティングを扱っている業者の中には、他社との差別化を図るために様々なサービスを打ち出しているところがあります。キャンペーンの内容によって施工業者を選ぶ人も多いようです。キャンペーンのうちわかりやすい例といえば、期間限定で行っている割引サービスが挙げられます。総合的に見て信頼に値する業者なのであれば、少しでも安く施工してもらった方がお得ということになりますよね。フロアコーティングの施工を行っている業者にはそれぞれに得意分野があり、幅広く家周り全般の施工をしてくれるようなリフォーム会社はサービスの一環として、フロアコーティングと同時に他の作業を無料で行ってくれるということが多いようです。

幅広いノウハウを持っていることは評価されるべき点のようにも見えますが、言い換えてみると「広く浅く」ということにもなりかねないので注意が必要です。一方、フロアコーティング専門の業者は色々な状況での施工経験を数多く積んでいるので、業者の施工技術も信頼できるものとなっているでしょう。付加価値としてはリフォーム会社に劣るかもしれませんが、コーティングそのものに対するサービスが充実していることが考えられます。実際に現地を訪れて施工予定のフローリングの状態を確認し、施工主の希望や状況に合わせたコーティングの種類を提案してくれるというようなこともフロアコーティングを専門としている業者の強みではないでしょうか。

メンテナンスが不要と言われるフロアコーティングでも施工したらそれで終わりという訳ではありませんので、施工後の保証が付いているのかどうかなどのサービスについても、きちんと確認しておく必要があります。

資料請求やサンプルの確認も怠らないようにしよう

インターネットで各種フロアコーティングについてのメリットやデメリット、施工後のイメージについて文章や写真で紹介されていたとしても、それだけで理解したつもりになるのは危険です。施工を決める際には資料やサンプルを請求して実際に触れてみるという手間を惜しんではいけません。サンプルが届いたらまず、質感を確認しておきましょう。

思っていたよりも滑りやすいとか、艶がありすぎるとか、実物が想像通りではないこともあります。次は耐久性です。物を落としたりしたときに床面を保護するための力がきちんと備わっているのか見てみましょう。本当に傷が付きにくくなっているか、10円玉などで擦ってみることで確認できると思います。水や薬品に対する耐性も重要な要素です。小さなお子さんがいる家庭では不注意でグラスや花瓶を倒してしまうことがあるかもしれませんし、室内でペットを飼っている場合には、アンモニアに強く、その後のお手入れとしてアルコール除菌をしても平気かどうかが重要なポイントとなってきます。サンプルの上に水や飲み物、使用が考えられる薬品や洗剤を垂らし、少しの間放置してからふき取り、フローリングの変化の具合を見てみましょう。そして資料に書かれているようなことが事実かどうかを確かめてみるのです。

サンプルを取り寄せたいと業者に申し出た時の反応も大切です。自社の施工に自信を持っているような業者なら、気持ちよく対応してくれるはずですし、中には建築会社から取り寄せたフローリング材に見本としてフロアコーティングを施して返送してくれるというサービスを行っているところもあるようです。

まとめ

ここまでフロアコーティングを依頼する業者を選ぶ際に注目したい点について見てきました。価格相場はあくまでも目安ですから、参考にしながらもそれ以外の面にも目を向けて総合的に判断していくことを心がけましょう。