ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

新築の家で床が傷だらけ…なぜ?

新築といえど、業者などが多く立ち入ることや機材を置くこともあるため汚れや傷があることも考えられます。特に床は目立つ傷がついていることもあり、新築だからピカピカというのはほとんどありません。

せっかく新築を購入するのだから、いくつかのポイントを確認し無用なストレスを感じることなく入居したいとおもいませんか?ここでは確認すべきポイントや不備を見つけたときの対処方法、さらには入居後の対策についても公開していますので、これから購入を検討している方や、内覧会へ行く予定のある方にはぴったりです。

もちろんすでに入居された方にも役立つ情報を掲載しています。自分が生涯住む家だからこそ、想定されるトラブルや不具合についてはシビアになっていきたいものです。

実は内覧会がとても重要

住みはじめてから床に傷がある、とならないためにもとても重要なのが内覧会での事前チェックです。内覧会は「どのような住宅であるのかを見学する会」というイメージがありますがしっかりチェックしておきましょう。内覧会でチェックすると言ってもなかなか難しそうに思われるかもしれませんが、実はここで床の傷や、凹みといった不備を見抜く方法があります。まだ誰も入居していない住宅は、ピカピカに決まっているから大丈夫!と、そう思っていては思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。そうならないためにも、必ず内覧会へ参加しその住宅に不備がないか確認しましょう。

不備を見つけるというのは、その住宅をくまなく見るため場合によっては時間がかかってしまうことがありますし、仲介業者が早く終わるように促すこともあります。仮に終わるように伝えられた場合は、しっかりと検討しているからこそ確認していることを伝えるとよいでしょう。また一人ではどうしても時間がかかってしまいますし、見逃してしまうこともありますのでできれば信頼できる方を2名以上連れていくと時間もかからずスムーズに事が運ぶといえます。目視で床や壁をくまなくチェックするだけではなく、水平機やメジャー・曲尺があると壁や床が水平であるか確認できますし、目視よりも信頼性があがります。また自分でチェックリストを作ることで、当日満足の行くまで確認することができるので便利だといえます。もちろんこれらを持込する際は、あらかじめ業者へ一声かけることが重要です。

またキッチンや浴室といった使う頻度の高い場所は、実際にその設備を使って確かめるとよいですね。その際に傷を見つけたら、すぐに担当者へ報告しましょう。入居した後に見つけても「入居後の不備」と見なされてしまうので、保証が効かないことが多く泣き寝入りすることもあります。そうならないためにも、これらを頭に置きながらチェックすることで傷だけではなく、住宅の隅々まで確認することが自分にあった物件を見つけるコツだといえます。

傷を見つけたら証拠を撮ろう

建築業者からすると入居後のクレームを避けるためにも、万が一傷をつけてしまった場合には担当者、そして顧客にしっかりと説明をします。その上で修繕の必要可否を確かめるのがベターですが、中にはこの工程を飛ばしてそのまま売りつけようとする企業もあります。そのために、内覧会を通じて不備がないか必ず確認をする必要があるといえます。

ここでは内覧会で傷を見つけた場合の流れを説明したいとおもいます。まず不備を見つけた時点で、すぐに担当者へ伝えるのも良いですが写真を撮るとよいですね。正面からや少し斜めにして、光の加減などもありますので複数枚取っておくと証拠として強くなります。写真を撮る際にメモを使って場所やどのような状態であるか記入するとより便利です。

まだ内部施工をしているときに床に小さな傷をつけてしまうことがあるので、すべての不備に反応していてはキリがありませんし、担当者の心情が悪くなることもあります。そのため自分の中で、許容範囲を取り決めた上でチェックして不備を確認し、見つけたときに写真撮影を行うとスムーズです。気持ちよく入居したいからこそ必ず確認すべきポイントですし、うやむやにされて良いことではありません。一例としてこのような不備に保証をつけている企業などもありますので、これらを活用するのも良い手段だといえます。

冒頭でも紹介しましたが、入居後に見つけても自分で作った不備だといわれることや、保証期限が過ぎているため不可といわれてしまうケースもあります。ちなみに内覧会が終わった後、床や壁の養生をすることがあります。実はその養生で不備を作ってしまうこともあるのです。本来なら企業が確認すべき部分ではありますが、不備を少しでもなくしたいと思うなら、養生テープで傷がつかない材質なのかを確認してもよいですね。

気持ちよく入居するためには、事前のチェックや不備を見つけたときの証拠集めが重要だといえるでしょう。

入居後に見つけた傷の対処は?

ピカピカの新築に入居したと思っていたのに、ひょんなところから傷を見つけてしまった。そんなときはもう泣き寝入りしかないのでしょうか?

あまり知らない方が多いのですが、入居後の不備も2年ほどであればアフターフォローということで、修繕してくれるケースもあります。そのため、入居前と同じく不備を見つけた時点でメモを取り、写真撮影します。その際に見つけた日付を入れるとよいですね。その後、販売企業へ連絡を行い入居後の不備が見つかったことを伝えましょう。質の良い企業であれば、すぐに担当者を向かわせる段取りを決め、後日確認に来るのですが中にはそういったことをせずに「自分でつけた傷ではないか?」といわれることもあります。その場合は専門の問い合わせ窓口や機関を設けているので、相談するとよいですね。あまりにもひどい場合は弁護士を立てて相談するケースもあるので、「ちょっとした傷だし」と遠慮せずに伝えましょう。正式に不備だと認められた後は、修繕施工に入ります。施工が終わったタイミングで本当に不備がなくなっているのかをチェックすれば完了です。また目に見えない場所は不備がそのままにされていることが多くありますので、入居後にしっかり確認しておくのもポイントだといえます。

ちなみに不備を見つけた際にそんなに大きな傷ではない、または知識があるからといって自分で修繕の行うのはNGです。うまくいけばよいですが、この修繕によって他のトラブルが生じた場合、かなりの確率で対応できないといわれることが多くあります。

また販売企業としても、施工企業が付けた不備なのかを分析する必要がありますので、自分では行わずに入居後に関してもまずは証拠を取った上で販売企業へ連絡がベストです。修繕依頼をかけた後も、すべてをまかせっきりにせず、自分の目で確認するのも重要です。入居後の不備に関しては泣き寝入りする必要もありません。しっかりと自信を持って連絡をしましょう。

まとめ

内覧会の重要性、傷を見つけてしまったときの対処について説明させていただきました。自分だけでは限度があるので、人の力を借りながら確認していくことで、不備があってもすぐに気づくことができます。

また、せっかく入居した新築の物件に傷が見つかったというときは慌てずにしっかりと証拠を取ることで、迅速に対応ができます。そのため、住宅の購入を検討している方は、常日頃からどのようなポイントに不備がでやすいのかを考えておくとよいでしょう。信頼できる販売企業、施工業者へ依頼することで無用なトラブルや不備のリスクを下げることができます。新築を購入する際のデザインや費用はもちろん重要なポイントですが、業者選びも同じくらい重要だといえます。