ガラスコーティング業者ランキング
UVコーティング業者ランキング

フロアコーティングの持続性を求めるなら油性系塗料がおすすめ

フロアコーティングのコーティング剤にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、御家庭の生活様式にあったものを選んでいくといいでしょう。施工を依頼する業者によっても違いが出てくるとは思いますが、できるだけ希望通りの快適空間を手に入れられるようにしっかり検討してみることをお勧めします。費用面と耐久性、機能性も含めて賢く選択していくためには、どのような点に注意していけばよいのでしょうか。

油性系塗料とは

そもそも油性系塗料の「油性」とは、塗料を溶かしている溶剤の種類が油であることからきているようです。そのため、塗料と混ぜて施工している間には、有機溶剤特有のかなり刺激的な匂いが発生することも考えられ、季節によっては隣近所に迷惑をかけることがあるかもしれません。この油性系塗料を使ったコーティングにはウレタンコーティングやシリコンコーティング、UVコーティングやガラスコーティングなど4種類のフロアコーティングが存在しています。

業者に施工を依頼する場合、気になるのは費用的な面ではないでしょうか。ワックスなら自分でもできるうえに費用を格段におさえられますが、半年ごとに塗り直す必要があります。シンプルにランニングコストだけで考えれば、フロアコーティングを選んでおいた方がお財布に優しいと言えるかもしれません。環境にもやさしく、匂いも気にならないという理由から水性系塗料を選択することもありますが、水性系塗料は摩耗しやすいと言われており、硬度や耐久年数で比較するとやはり油性系塗料に軍配が上がると言えるでしょう。しかし、近年の水性系塗料の開発には目を見張るものがあるので、油性と水性の線引きが少し曖昧になってきたという意見も聞こえてきます。

水性系塗料に比べて保管にも気を遣う必要がある油性系塗料は、一般的に少し費用がかさんでしまう傾向にあります。それでも水にも強く、密着度が高いということから耐久性に優れている油性系塗料を選ぶ人は少なくありません。長く生活しているとどうしても痛んでいってしまう床面。いつまでも綺麗に保つことができるよう、フロアコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

油性系塗料を用いたフロアコーティングのメリットデメリット

それでは、塗料別に見るフロアコーティングの特徴を紹介したいと思います。油性系塗料を使用しているウレタンコーティングについては仕上がりの風合いや価格的な面においてメリットがあると言えそうですが、乾燥するまでに時間を要することや耐久性に欠けること、再度塗り直すことが難しい点などがデメリットとなってしまうようです。

そしてシリコンコーティングと呼ばれるものにも水性系と油性系がありますが、一般的には油性系のものが主流で、メリットとして考えられるのは安全性が高く滑りにくくなるということ、熱に強い、ということなどではないでしょうか。デメリットは乾燥するまでに時間がかかってしまうことや他のコーティングに比べるとやや硬度が低くなってしまうという点です。UVコーティングと呼ばれているものは水や薬品に強く耐久性に優れています。さらに他のフロアコーティングとは違い、UVコーティングだけは特殊な機材を使って塗装面を硬化させていくので即日入居が可能だという点が最大のメリットと言えるでしょう。ただ塗り直しができないことと、その分高額になってしまうということがデメリットとなっています。それに比べて、多少は費用を抑えられるものがガラスコーティングです。

こちらはクッションフロアにも利用ができたり、床本来の風合いを際立たせることができるということがメリットとなっているようです。このようにそれぞれのコーティング剤には向き不向きがあるので、生活スタイルに合わせたフロアコーティングを選択するといいでしょう。生活のスタイルによって求められる条件も異なってくるため、場合によっては耐久年数が長いことがメリットであるとは言い切れないということです。

油性系塗料を使用したフロアコーティングに向いている家とは

それぞれのコーティング剤の特性を活かして住みやすい家を作っていくためにも、その違いについて知識を深めると同時に、仕上がりのサンプルを取り寄せたりして検討していく必要がありそうです。油性系塗料にはもともと有機溶剤が使われていましたが、最近では安全性を重視して成分を切り替えている業者も多いようです。具体的な成分については、依頼前に有機物質を使用しているかどうかの確認してみるといいでしょう。

ここ数年は昨今のペットブームに合わせて、ペットのためのフロアコーティングというものが人気のようです。ツルツルと滑ってしまうような床面はペットの足に悪い影響を与えるということで、滑りにくくするためにペットコーティングという選択をする人が増えています。業者によって売り出している名称は違っていますが、ペットが床を舐めても害がないようなコーティング剤であることや、付着した水やアンモニアも拭き取りやすいという特性を持ったいわゆるシリコンコーティングが主流になっているようです。また、滑りにくくなるということで小さなお子さんやお年寄りのいる御家庭にもお勧めです。床面本来の風合いを生かしたいと考えているような御家庭には、耐久性のあるシリコンコーティングやガラスコーティングでツヤのないタイプを選択することをお勧めします。ピカピカになりすぎるのが嫌だからと言って油性系塗料を諦める必要はなく、工夫次第でいろいろなバリエーションが考えられます。

単純に考えると、費用のかさんでしまう油性系のフロアコーティングは金銭的に余裕のある御家庭にしか向いていないと思われるかもしれませんが、価格を抑えるために水性系のフロアコーティングを選んでみても耐久年数が短い場合もありますので、長い目で見てみると同じぐらいか、むしろ安価になることも考えられるのです。

まとめ

ここでは油性系塗料を使ったフロアコーティングの種類について見てきました。フロアコーティングをすることによって床面が綺麗になりお部屋全体を明るい雰囲気にすることもできますし、日頃のお掃除が楽になるという効果も得られます。持続性のある油性系塗料のコーティングを選択して、御家庭に合った理想の空間を手に入れてみてはいかがでしょうか。