ガラスコーティング業者ランキング

ペットを飼っている人におすすめのフロアコーティング

家庭環境はさまざまですが、ペットがいる家庭に合っているフロアコーティングはあるのでしょうか。近年でフロアコーティングの需要が高まってきた理由の一つとして、ペットのためにコーティングを施したいと考える方がいるということがあります。

コーティングを施していない床は、犬や猫にとっては滑りやすいものになっています。滑って転倒し、骨折したり関節炎になってしまう危険を回避するためにもフロアコーティングを施す家も少なくありません。

ペットがいる家庭でも、フロアコーティングはすべき?

ペットがいる家庭にこそ必要だと言えるのがフロアコーティングです。最近では室内犬や猫のために自宅の床にコーティングを施す家庭も少なくありません。まずフロアコーティングを施していない床というのは、犬や猫にとってはスケートリンクのように滑りやすいものになります。特に走り回る際に、滑りやすい床であると滑って関節炎や脱臼になってしまうケースも増えています。

次に、ペットがいる家庭ですと爪などで床が傷ついてしまうことがあります。コーティングを施した床ですと、そういった外部からの衝撃にも床が傷つかないようにすることができます。耐久性や耐久年数などを考慮し、どのコーティングが自宅に最適かを選んでいく必要があります。

さらにはペットが粗相をした場合にも、フロアコーティングを施した床は耐水性と耐薬品性が高くなっているので、床が白く変色したりする心配がなく、お手入れもしやすくなっています。

どの種類がおすすめなのか

ペットのためのコーティングとして、どういったものが適しているのでしょうか。シリコンコーティング、UVフロアコーティング、ガラスコーティングをそれぞれの面から比較してみました。

まず「滑りにくい床」に重点をおきたい場合は、シリコンコーティングが向いていると言えます。シリコンコーティングはなにもしていない床よりも2倍近い滑り止め効果があり、犬などの爪がある足でも滑らないという特徴があります。

次に、ペットの爪などで床を傷つけたくないという方は、UVコーティングが適しています。UVコーティングはこのなかではもっとも床が傷つきにくいコーティングとなっています。というのも、膜面の厚さがもっとも厚く、耐久性に優れているからです。

さらにペットが床をなめた場合、コーティングの液剤の安全性に不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。シリコンコーティングの原料はコンタクトレンズなどにも使われているため安全性が高く、ガラスコーティングも無機化合物の液剤を使用していることから、安全性の高いコーティングとなっています。

自分の目的に合ったコーティングを選ぼう

さまざまなコーティングの種類をお伝えしてきましたが、「じゃあどれを選べばいいのか?」と思った方もいるかと思います。たとえば業者に頼む場合、その業者がUVコーティングを主に行っている場合は当然UVコーティングの良さを伝え、それが最適だと言われるでしょう。

しかしガラスコーティングを行っている業者はガラスコーティングが合っていると勧めてきます。総合的に見るとどのコーティング方法もそれなりの耐久性や耐薬品性を持っておりますが、しかしやはり原料や液剤によって特徴が変わってくることは前述の通りです。

滑りにくい床を優先させたいのならばシリコンコーティング、ダメージから守り床を綺麗に保ちたいというならばUVフロアコーティング、爪による傷を減らし、目立たなくしたいのならばガラスコーティングと、特徴によって選ぶことも一つの手かと思います。

隔たった説明だけではなく、複数の業者に見積もりを頼むことによって比較してみることもおすすめです。

まとめ

最近ではペットのためにフロアコーティングを施す家も少なくはありません。ペットだって家族の一員ですので、ペットにとってもやはり過ごしやすい家であってほしいと思うのは当然です。ペットがいる家専門のフロアコーティング業者もいますので、大切なペットのために、最適なものを選んでいくことが大切です。