ガラスコーティング業者ランキング

料金を重視したフロアコーティングの選び方

みなさんがコーティングに求めるものは、見た目の良さですか?機能性、それともお手入れのしやすさ、低コストでしょうか。はじめにどのような種類があるのか、作業工程と対応する床材、耐久年数について知る必要があります。情報集めをするなら、ネットに掲載されている施工実績や比較サイトが便利です。土地柄を把握している居住地区周辺の業者に相談してみるのも一つの方法です。資料請求やサンプルを取り寄せて希望に合った専門の業者を探しましょう。

まずは、各フロアコーティングの価格と耐久年数を比較

フロアコーティングは特殊な成分と耐久年数に比例して金額があがります。大きく分けてUVコーティング、ガラスコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティング、アクリルコーティングの5種類があります。そこからさらに油性と水性のものに分かれます。価格から見ると、UVコーティング、ガラスコーティングがトータルコスト約30万円からで、その特殊性から高価な部類になります。シリコンが約25万円から、ウレタンは約10万円から20万円、アクリルは約数万円から10万円程度と続きます。UVコーティングはウレタン樹脂に紫外線を照射して硬化させたものです。特殊な機械を用いるため、専門業者の技術にかかっています。

耐久年数は20年以上と言われ、費用はかかりますが即日入居が可能なので、期間を気にせずに施工できます。ガラスコーティングの耐久年数は20年前後です。空気を通さないので床材の酸化を防ぎます。

次にシリコンコーティングは10年から20年ほど、アクリル樹脂をシリコンに性質を変えたものを塗膜します。ノンスリップ効果があり、トータルバランスの良いコーティングです。ウレタンは5年から10年程度、自然なフローリングのつやが特長で耐水性があるため水拭きができます。アクリルは長くて2年程度、水性のものはマニキュアと呼ばれています。剥離が簡単で床材への負担が少なく気軽にフローリングのつや感が楽しめます。

このように、耐久年数と作業工程の手間がそのまま費用に反映されています。安価のものでも回数を重ねると、料金が高いと思っていたコーティングとトータルコストが同じになってしまう場合もあります。床材の選び方でもフロアコーティングの種類が変わりますので、これから新築する方でフロアコーティングを視野に入れているなら床材を慎重に選んだほうがよさそうです。

低コストなのは、アクリルコーティングとウレタンコーティング

アクリルコーティングとウレタンコーティングはお手頃な料金で、昔からフロアコーティングで使われてきたという実績があります。耐久年数が短いのになぜ?と思う方が多いかもしれません。期間が短いながらもそれなりの良さがあったから、長年好まれてきたコーティングなのです。2つとも低価格、安全性が高く小さなお子さんやペットにも安心だとされています。つやを求めるといった人に支持されてきました。塗り重ねることで塗膜の厚みが調整できるのも、塗り分けにこだわる方には良いのではないでしょうか。別のフロアコーティングに切り替えるときは、床材にもよりますが、剥離が簡単で床材への負担が少なくて済みます。

ほかのフロアコーティングには硬化させることで床材と空気を遮断するもの、空気だけを通すもの、紫外線の影響を受けないものなど機能性に富んだコーティングが揃っています。コストを取るか、手軽さを取るかを考えたときにフローリングは長い目で見ると消耗品であり、高価なコーティングを施すことで新しいままをなるべくキープしたいという人と、安価なコーティングでもフローリングの経年劣化をともに楽しむ人に分かれるようです。

家の築年数を感じる部分が実はフローリングで、床材の経年を楽しみつつコーティングされているものを見るとその家の歴史も一緒に包んでいる気がしませんか。必ずしも高価なフロアコーティングが良いものではなくて、低コストでもフローリングを大切に扱う気持ちは同じで、短期間でも扱いやすさと丈夫な部分は負けていません。だからこそ、アクリルコーティングとウレタンコーティングはずっと使われてきたのであって、また業者による改良も進んでいるのです。あとはその家に住む人の価値観になりますが、高価なフロアコーティングが家を大事にしているということとイコールにはならず、どのように築年数を重ねて楽しむかの選択枠の一つだと言えそうです。

価格相場と業者のサンプル・見積もりを確認したうえで決めよう

数あるフロアコーティングから、これだと決めたら情報を集めていきましょう。まずは各コーティングの価格相場。業者によってコーティング剤を独自に開発していたりオリジナルのものを使うところがあるかもしれませんが、自分が住んでいる地域の業者のおおよその料金が把握できます。業者をいくつかに絞って、資料請求と希望のフロアコーティングを施した床材のサンプルを取り寄せましょう。サンプルを使って実際の色やつや加減、傷の入り方などをチェックし、気になる業者の見積もりを同じ条件で一括で取ってみてください。

ネットで気になる業者の施工実績を調べます。ホームページの更新が頻繁に行われていれば、情報が新しいものかどうかの判断材料にもなります。そして大事なのがフロアコーティングの専門の業者かということです。コーティングには専門知識と施工技術が必要です。その業者に実績を積んだ職人が在籍していれば、安心してお任せできるというわけです。施工実績のほかに、業者なりのアドバイスを掲載しているところがあります。ただフロアコーティングの良さだけをアピールするのではなくて、施工する場所によってコーティングの種類と具体例を掲載している業者を探してみると参考になります。見積もり内容も疑問がなくなるまで質問をして納得のうえで決めていきます。コーティング剤の成分の説明を求めてみてもいいと思います。

はじめから高価なコーティングを強く勧める業者は見送り、床材と部屋の用途に合わせて適した作業内容と見合った料金を提案する業者を見つけましょう。こちらの予算の都合をさりげなく把握してくれる業者だと相談しやすいものです。そのためには床材の種類とコーティングの希望、予算などをはっきりさせておくことが、よい業者と出会う近道です。

まとめ

フロアコーティングに何を求めるかで、料金も種類も変わります。高額なコーティングは、やり直しが難しいと言われていますが20年以上の耐久年数があります。新しくてきれいなフローリングを維持したいからコーティングするのか、床材を保護するためなのか、お手入れを簡単にしたいからなのか希望をはっきりさせて情報集めをしましょう。床材をコーティングしたサンプルや施工実績の内容は、こちらの希望に応えてくれる業者かどうかの貴重な判断材料になります。ネットを活用して見積もりを一括で取るなど、適切な価格を知りましょう。