ガラスコーティング業者ランキング

リフォーム時にフロアコーティングは必要?

一般的には新築を建てるときに導入するフロアコーティングですが、リフォームを検討している住宅には必要でしょうか?

床を美しく保つというのはコーティングの目的なので、何も必ず新築を建てる時のみであるとはいえません。そんなリフォーム時のコーティング施工の必要性やメリットを知ることで、より自宅に愛着が持てるのではないでしょうか。またコーティングによって様々な種類がありますので、自宅の床材に適したコーティング施工を行うことで傷がつきにくくなるといえます。

これからリフォームを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。また専門の業者によってコーティング施工が行われるので、安全面についても心配することは何もありません。

リフォーム時にフロアコーティングは必要?

リフォームといえば基本的に住宅のグレードを上げる、またはより新築の状態に近づけることを指し、近年新築を建てるよりもリフォーム施工後の住宅へ住む方が増えています。そんな身近になりつつある施工ですが、一緒にフロアコーティングをする方も近年増加傾向にあります。

フロアコーティングというのは、床材に特殊な薬剤を吸着させることで様々な効果が得られるリフォーム方法です。例えば、床に光沢がでたり傷に強くなったりするのはもちろんですが、中には日焼け防止や、日々のメンテナンスが不要になるため多くの方から支持を得ています。そんなコーティング施工ですが、何もリフォーム時に施工する必要はあるのでしょうか。

まず施工を行う際はほとんどの場合、業者へ依頼することになります。中には自身で施工をする方もいるようですが専門的な知識が必要です。そして施工をしている際には家具や家電を撤去し、何もない状態で施工をするのでそのタイミングでコーティングを行うことで、普段よりも時間の短縮になると考えられます。

業者によってはパックプランを提供しているところもあるので、お得に施工が受けられることもあります。フロアコーティングというのは、新築住宅だけのものではありません。やり方次第では早急に施工ができますし、何より改築された住宅に美しい床がついてくるのでモチベーションがアップすること間違いなしだといえます。住宅の種類や施工の状況に合わせて床材のコーティングをすることで、改築した部分をより長持ちさせることもできます。これらを考えるとリフォームを行った際に、コーティング施工をする必要性が理解できるといえます。特に水回りの施工だと防水効果のあるコーティングをすることで、よりメリットが多くなるといえます。用途に合わせて施工をすることで、住宅の機能性を何倍にもアップさせることができるフロアコーティングは、今後目が離せない施工だといえるでしょう。

フロアコーティングのメリット

フロアコーティングを検討している場合、まず一番気になるのが住宅にどんなメリットがあるのかという点でしょう。
まずコーティング施工にはいくつもの種類があり、それぞれが耐久年数や価格、効果が異なります。もっとも安価だといわれているウレタンコーティングは、住宅の間取りにもよりますが5~15万円の範囲で施工可能です。摩擦に強い薬剤を使用しているので、イスやスリッパの傷がつきにくくなるといわれています。耐久年数は3~10年が一般的です。

続いて紹介するコーティング施工はガラスコーティングといって、耐水性に優れているコーティング剤です。フローリングだけではなく水回りやキッチンなどにも向いています。ペットや赤ちゃんが舐めても安全な薬剤を使っていることがほとんどなので、多くの住宅にメリットがあります。耐久年数は15~20年程度で、価格は10~20万円程度です。

そしてUVコーティングという施工ですが、特殊な機材を使って硬化させているので乾燥させる時間が短縮され、施工の間に別の場所へ移動する時間や費用がカットされます。この施工は擦り傷に強く、耐水性に優れているだけではなく、床材の日焼け防止にも効果があり、大変メリットの多い施工だといえます。耐久年数は15~30年、価格は15~25万円程度とやや高額ですがメンテナンスフリーで、家族にも優しい方法です。

すべてのフロアコーティングにいえることですが、床材を美しく見せてくれる役割もあるので、まるで新築のような気分にさせてくれるのも大きなメリットではないでしょうか。住宅に合わせた施工が分からないという場合は、見積もりを取ってくれる業者もありますので相談から始めるのもよいですね。リフォームを検討している方にもおすすめですしメリットが多くあります。

反対にデメリットですが、ある程度の費用を覚悟しなければならない点があります。しかし、これらの効果を実感できて、またランニングコストと換算すれば決して高い買い物ではないでしょう。

コーティング時の家具はどうする?

いざコーティング施工をするとなった場合、トラブルになりやすいのが家具の配置や撤去についてです。一部屋をリフォームする場合であれば、事前に家具を別の部屋へ移動すれば良いのですが、中には移動が難しい家具もあります。そんなときはどのように対処すればよいのでしょうか。
そもそも家具を移動する理由として、コーティング剤を均一にのせることが目的です。また事前に移動しておかないと、家具と床材がこすれ合って傷ができてしまいます。せっかく床を美しく見せるために施工をしたにも関わらず、傷がついてしまっては元も子もありません。そのため、できる限り移動させることが好ましいでしょう。ちなみに業者へ依頼をすれば家具を移動してくれることもありますが、場合によっては追加料金が発生することもあるので事前にしっかりと確認しておくとよいでしょう。できる限り自分で家具を移動し、移動が難しいものだと業者へ依頼するという手段もあるので、自宅の形式や状況によって臨機応変に対応していくことが、リフォーム時のフロアコーティングを成功させるカギだといえます。
施工後に家具を配置する際にも、傷にならない持ち方や、引きずりに注意する必要があります。いくら耐久性・耐水性のあるフロアコーティングと言えど、重量のある家具だと持ちこたえることができないこともありますし、小さな傷によってコーティング剤がうまく機能しないことも考えられるのです。コーティング施工の種類によっては、硬化までに時間がかかるタイプもあるので施工を行ったらその旨を確認しておくとよいですね。
これらのポイントに気を付けていただければ、より美しい床を維持できますしリフォーム時によくあるトラブルを回避できるといえます。また業者によっては事前説明ということで、いくつかのポイントをまとめて説明してくれるところもあるので、そういった業者をうまく利用するのもよいですね。

まとめ

フロアコーティングの利便性についてはもちろんのこと、リフォーム時に一緒に施工をすることで多くのメリットがあります。

新築の際には、家具家電がないのでその点について考えることは少ないのですが、リフォーム時に施工をする場合は移動や配置に十分な注意が必要です。業者によって移動までしてくれるところや、追加料金が必要になるところと様々ですので、依頼する際には必ず確認しておくとよいでしょう。

また移動の際に家具で傷をつけてしまうことで、コーティング効果がうまく発揮できなかったり、耐久年数が著しく短くなってしまったりすることもあるので「施工をしたから大丈夫。」とは思わずに、日頃から気を付けていくことで美しい状態を維持することができます。