ガラスコーティング業者ランキング

ワックスフリーフローリングをご存知ですか?

部屋に入って、家の築年数を感じる部分は、柱や壁ではなくフローリングの傷み具合だったりします。どんなにメンテナンスをしていても、経年による劣化は避けられません。最近聞くのは、ワックスフリーのフローリングやフロアコーティングの善し悪しの話です。みなさんはコーティングの特長や違いを説明できますか?これから家を建てる人、リフォームを検討中の人、コーティングをするか迷っている人に考えてほしい床材のこと。便利なものにも、使い方や使い分けで寿命が変わるのです。

ワックスフリーとは何か?

家のメンテナンスを簡単にする、その名の通り「ワックスがいらない」フローリングのことです。床材に特殊な塗装がされているものと、複合材の代わりに木目が印刷された多重シートが貼り合わせてあるものをいいます。特長として安価であること、表面を加工してあるので、ある程度の汚れに強くお手入れが簡単なことが挙げられます。マジックやクレヨンなどの汚れも落ちやすくなっていて、程よい光沢があります。新築の戸建て、マンションの多くに採用されていてバリエーションが豊富です。

お手入れとしては、から拭きが基本になりますが食べこぼしや水分といった汚れにはやはり、水拭きでスッキリさせたいものです。このワックスフリーですが、フロアコーティングとはどこが違うのか?と気になりませんか。製造工程で塗膜を貼り付けるのと、家を建ててから行うコーティングと作業工程に大きな違いがあります。見た目にはわかりませんが、塗膜の厚さに差があります。厚みに差があるということは、耐久年数に違いが出るということです。ワックスフリーの塗膜はフロアコーティングより薄いものですが床材の耐久年数は、使う場所にもよります。

水回りだとメンテナンス次第で短くなるでしょうし、普通の一般家庭でも人の出入りの多いところでは床の傷み方が違います。床材のメーカーが伝えている耐久年数と実際に使える時間は同じではありません。フロアコーティングでは費用こそかかりますが、つやの違いと塗膜の厚みがあります。どちらも塗膜をつくることで、汚れに対して強くなります。問題はどんなタイプの汚れに強いのかですが、食べこぼしや薬剤に強いと言われているのがフロアコーティングだと言われています。お部屋の使い方とメンテナンスをする人のことを考えての使い分けで賢く床材を選びましょう。

ワックスフリーの上からフロアコーティングしても大丈夫?

家のメンテナンスで気になる部分と言えばフローリング。同じフローリングでも「ワックスフリー」と言われ販売されているフローリングがあります。ワックスフリーのフローリングにコーティングは控えたほうがいいと言われるのには理由があるのをご存じでしょうか。このフローリングには、すでに特殊な塗膜が施されているからです。

製造工程で塗膜になるシートを貼り付けます。ではなぜ、ワックスフリーのフローリングでさらにフロアコーティングを望む声があるのでしょうか。ほかのコーティングに比べると塗膜の厚みがなく耐久年数に差があるからです。ワックスフリーの床にフロアコーティングするには、今までの塗膜を剥離します。前のコーティングが残るとムラになるほか、新しいコーティングが密着しないのです。問題はフロアコーティングをする際の剥離の工程にあります。この剥離剤には水分が多く、床材にとっては水は天敵で剥離させる際に水分が浸透し床材を傷めてしまうのです。もちろん床材の木の種類によって水の浸透率も違い、剥離剤にも浸透しにくいものがあります。床材や剥離剤の特徴を充分に理解したうえで専門の業者に相談することも大事ですが、コーティングを塗り替えるという作業には、フローリングに手を加える時点で何かしら床材に負担があることを覚えておきましょう。

また理由のもう一つは、床材の特徴でもある特殊な塗膜が新しいフロアコーティング剤となじまず、分離した状態で剥がれてくるというものです。人の肌荒れと同じ状態で、一度剥がれてしまったコーティングは塗り直しが困難です。状態によってはフローリングの張り替えになってしまうので注意が必要です。自分の家を大切に思う気持ちからの間違った選択は避けたいもの、ワックスフリーの表示がされているということは、同時に「フロアコーティングは控えた方がいいですよ」と理解した方がよさそうです。

フロアコーティングしたいなら、早めの対策が肝心

基本的にフロアコーティングはいつでも費用さえ払えばコーティングができるもの、と思っていませんか。実は、フロアコーティングは施すタイミングを誤ると費用が余計にかかってしまいます。ある程度の築年数が経つと床材の状態によってはコーティングができずに張り替えということもあります。

一番いいのは新築時と、リフォームでフローリングを張り替えたときです。どちらの場合もコーティングのために、荷物を運び出す手間がかからず最適なのです。今では入居前にフローリングの確認をしてどんなコーティング剤がよいのか提案してくれる業者があります。床材の種類やお部屋の使い方で、最適なコーティング剤を選んでくれる便利なサービスです。できれば、家を建てる前の段階から、床材の知識を深めておくのが理想なのですが、ほかにも決めることがたくさんあって床材の特徴まで把握することはなかなか難しいものです。常にどんな人が住むのか、出入りする人数や日の当たり方、設置する家具についても事前に把握しておくと選びやすくなるのはいうまでもありません。居住中でもフロアコーティングはできないかと聞かれたら「費用はかかるけど可能」です。

新築時とは違い、家の状態が掴みやすくなっているのは居住中なのです。湿気や日の当たり方は住み出すと実感するもので、地元の業者でない限り、その土地柄はわかりにくいと思います。家から荷物を運び出す手間と、仮住まいの家賃など負担する部分は大きくなりますが、コーティング剤を選ぶときに作業が一日で終わるものを指定できれば、費用も抑えられます。フロアコーティングは長持ちするものが多く、家族構成の変化など将来を見据えて家と同様に長持ちさせたいなら早めの判断と対策が肝心のようです。

まとめ

フローリングの状態で印象も変わります。家を少しでも長持ちさせたいなら、材料の特徴を知ることが大切です。ワックスフリーのフローリングはメンテナンスも簡単でよいのですが、ワックスを控える理由があります。ある程度の床材への負担を考えてもフロアコーティングを施したいのなら、床材選び、作業のタイミングと業者選びが重要になります。荷物が入っていない入居前やリフォームのタイミングが最適とされていますが、床材やコーティングも一長一短がありますので、どちらの話も聞いたうえで判断しましょう。