ガラスコーティング業者ランキング
8

FSSコートの特徴

FSSコートの特徴 5点満点中 4

ポイント

UVフロアコーティングはフローリングの表面に赤外線硬化樹脂を塗り、専用の照射機を使って硬化させます。FSSコートが提供するUV-SCOATは、環境と人体に考慮し最高級のUV樹脂を使っています。そのおかげで施工が美しいだけではなく、人と環境にやさしい施工が実現できるのです。またUV-SCOATは廃材がでにくい施工方法になるので、環境により優しいともいわれています。

またUVコーティングは、硬化が早いとはいわれていますが従来であれば数日はかかります。しかしUV-SCOATは瞬間硬化するので、施工した直後に歩いても問題ありません。またFSSコートは塗装専門業者ですので、これまでに培ってきた技術やノウハウがあるので、安心して施工を依頼できるといえます。

乾燥に時間がかからない

施工依頼をするとしばらくの間、自宅から離れなければならないのがフロアコーティングのデメリットだといわれています。しかしFSSコートが提供するUVコーティングは最高級のUV樹脂を使っていることと、専用の機材を導入しているので硬化に時間がかかりません。住宅の広さによっては1日で納品できるケースもありますので、施工後すぐに自宅に入りたいという方にもよいでしょう。

またUV-SCOATはワックスコーティングとは異なりますので、隔離の際にでてしまう廃材がでにくく、環境にも優しい施工なのです。他にもFSSコートでは、ナノコンポジット技術によってガラス被膜の表面を強固に形成し、傷だけではなく紫外線から守ってくれるEPCOATという施工も提供しています。

ハイクオリティには訳がある

EPCOATやUVコーティングの施工方法は、従来の施工方法や薬剤とは全く異なるものを利用しています。そのため、ある程度のコストが見込まれるのがネックです。住宅の広さやフローリングの材質によっては、価格が向上する可能性もありますので事前にしっかりと見積もりを取ることをお勧めします。またUVコーティングに関しては剥離しない施工方法ですので、やり直し概念がなく場合によっては床材をすべて張替ることもあるのです。

EPCOATに関してはガラスコーティングに分類されるので強い衝撃を受けた場合に割れてしまうことも想定されます。また光沢がでる施工ですので、場合によってはフローリングの木の質感が失われてしまうこともありますので、注意しましょう。

ハイクオリティなサービスを提供

自宅に合わせて柔軟な対応をしてくれるFSSコートは、長年培ってきた経験や知識、そして材質データがありますので、知識がない方にも安心して依頼をかけることができます。UVコーティングの最高峰であるUV-SCOATは人体や環境に影響が少なく、且つ強固な硬化、迅速な乾燥が期待できます。ナノコンポジット技術を利用しているEPCOATに関してもガラス被膜を強固に形成するため、傷や紫外線に強い美しいフローリングに仕上がります。他にもアクアコートやセラミックコーティングとUVコーティング以外にも様々なプランを用意しています。

弱みといえばいずれの種類にしても、ある程度のコストが考えられることです。とはいっても施工に特殊な技術を使っていたり、EPCOATに関しては紫外線劣化保証が10年間ついていたりと価格帯は高くとも納得のサポートがついています。また見積もりや資料請求はもちろんのこと、専門窓口を設けているのでいつでも問い合わせができる点も特徴です。これらを踏まえても星4つの評価が妥当といえます。