ガラスコーティング業者ランキング
6

MISHINAの特徴

MISHINAの特徴 5点満点中 3

ポイント

MISHINAは2003年に創業した企業で、主に関東をメインに施工を承っています。この企業が提供しているUVコーティングに関しては、独自の手法を取り入れているため被膜部分がはがれにくく10円でコーティング面を削っても全く剥がれることはありません。その理由は紫外線照射による特殊コーティングを施しており、それによって傷に強く且つ従来のUVコーティングよりも光沢が美しく仕上がるのです。

またUVコーティングに関しては薬剤の付着によっておこる剥がれなどが対応している、さらには30年の品質保証を設けているので、万が一のトラブルでも安心です。ピアノの鏡面仕上げや車のボディに使われていた経緯もありますので、光沢や耐久性に関してはお墨付きだといえるでしょう。

耐久・密着性がすごい

とにかく床材に強く密着し、傷やシミを残しにくいのが強みであるMISHINAのUVコーティングは、自社で耐久テストの結果を公開しているのです。冒頭でも申したように、吸着した被膜面に10円玉を押し付け、その被膜部分を削り傷がつかないことを確認したり、漂白剤や火のついたタバコを押し付けてシミや焦げによって薬剤が溶けてしまわないかテストをしたりしているのです。結果はすべて問題なく、傷ひとつつきません。

UVコーティングに関しては瞬間焼き付けという特殊なコーティング技術を導入しているため、このようなハイクオリティな施工が実現できます。また保証に関しても密着不良はもちろんのこと、薬剤と床材の間に入りこんでしまったホコリや塗り残しにも対応しています。

剥離しないことがデメリット

前述でとにかく耐久性、そして密着性がすごいと説明しましたが、それが弱みにつながることもあります。UVコーティングというのは薬剤を吸着させ、硬化して光沢や耐久性を得る施工になるので剥離が難しいのです。MISHINAではその密着性を高めるために瞬間焼き付けを導入しているため、他社に比べると剥離がかなり難しいといえます。

場合によっては床材の張替が必要になるケースもあり、その場合はコストが余分に発生することもあります。また特殊な技術を設けているので、通常のUVコーティングよりも高額になってしまい、施工を断念してしまう方もいるようです。また関東のみであり、関西は一部でしか対応できないのも弱みだといえるでしょう。

こだわりのコーティングと長期保証で安心安全!

MISHINAについては、対応エリアが関東メインであることがネックになり星3評価となります。また価格帯がやや高価であること、そして剥離がむずかしく床材を張替が必要になるケースもありますので、これらも加味した上での評価となります。しかし瞬間焼き付けによって施されているUVコーティングは、従来の施工と比べて耐久・密着性に優れているため漂白や削り傷、熱による薬剤溶解にも効果を発揮してくれます。

お客様から寄せられたよくある質問や、紹介キャンペーン、UVコーティングの効果を紹介するために耐久・密着性テストの結果を公開するなど、多くのサービスを提供している点も評価ポイントだといえます。保証に関してはUVコートの場合は30年で、密着不良だけではなく異物混入や、薬剤が付着したことによる剥がれやすべて30年間無料で対応してくれるのです。ただし光沢の褪せや傷に関しては対象外になりますので、注意していだく必要があります。