ガラスコーティング業者ランキング

アクリルフロアコーティングとは何か?

メンテナンスで使われるようなワックスみたいなものであるため、床の保護のためというよりは艶出しのために利用する人が多いです。長期的な効果も望めないため、あくまでも艶出しを重視するという人にオススメです。

しかし最近では耐久性にも特化したものを作り売り出している業者も増えてきました。フロアコーティングに興味を持った人がまず初めに試してみるコーティングとして人気が高いです。コスト的にも魅力があります。

アクリルフロアコーティングの特徴とは?

一言で言うとアクリルフロアコーティングはメンテナンスで行うワックスの延長のようなものです。水溶性のアクリル樹脂で出来た水性液剤を使い、フローリングの上に出来るだけ薄く塗膜を形成します。塗り直しが可能など手軽さでも人気です。手にマニキュアを塗るような感覚なので、そのためコーティングのマニキュアと呼ばれることもあります。

しかし水性液剤のため、水拭きなどには向いていません。アクリルコーティングは値段的にも手頃ということもあって、フロアコーティングを考え始めた人にとってはお試しとして利用する人が多いです。

他のフロアコーティングは結構なお値段がしますので、フロアコーティングがどんなものなのかまずは手頃なアクリルコーティングで試してみてください。

アクリルフロアコーティングのメリット

一番のメリットは手頃な値段設定です。フロアコーティングというとどうしても高額になってしまう印象ですが、お試しでという人でも手が出しやすいものとなっています。フロアコーティングの種類の中からまずはアクリルフロアコーティングを試した後に、また塗り直しをするのも大丈夫ですし、途中で塗布を剥がし他のフロアコーティングをし直すことも可能です。

アクリルコーティングはワックスの延長のようなものなので、フローリングの保護の目的というよりは艶出しを目的とする人におすすめです。低予算でありながら、新築同様のフローリングの艶を実感することができるでしょう。

持続期間は約2年ほどなので長期的な効果を期待するのではなく、短期間でいいからフローリングに艶を出したいという人に向いているのです。

アクリルフロアコーティングのデメリット

耐久性、耐水性は他のフロアコーティングより劣ります。水拭きが出来ないというのも大きなデメリットと言えるでしょう。日々の生活の中で飲みものだったり、水をこぼしてしまうことはあるでしょう。しかし水に弱いのでそこの部分のコーティングがダメになってしまうなんてことにもなりかねません。

また耐久年数も2年と短く、2年ごとの塗り直しが必要となってきます。長期的な効果を期待するのであればアクリルコーティングは不向きかと思います。また基本的にフロアコーティングの施工を行う場合には、部屋にある家具は移動させなくてはなりません。

この家具の移動が2年ごとにあるかもしれないと思うと少し大変な気がします。アクリルコーティングは艶出し目的で利用する人が多いですが、その艶の質感は選ぶことができないという点もデメリットと言えるでしょう。