ガラスコーティング業者ランキング

ウレタンフロアコーティングとは何か?

ウレタンフロアコーティングは他のコーティングと比べて低価格となっています。その代わり期待できる効果は短めとなってしまいますが、初めてコーティングをする人にとっては手の伸ばしやすいものとなっているのではないでしょうか。

ウレタンフロアコーティングは、こういった理由からも昔から最もポピュラーであると言われているのかもしれません。しかしながら長年に渡って人気を保つのには他にも多くの理由があるに違いありません。

ウレタンフロアコーティングの特徴とは?

ウレタンフロアコーティングは、ウレタン樹脂を使って行うコーティング方法です。使われる塗料は業者によって違いますが、ウレタン樹脂というのは安全性に特化しているのでどんな塗料であっても大きな問題はありません。気になる人はより安全性の高い塗料を使っている業者を選べばいいのではないでしょうか。

ウレタンフロアコーティングは、低価格ということもあり、多くの人が手を出しやすくなっています。フロアコーティングには興味あるけれども、どれも高額なものばかりだし、だからと言ってあまりにも安いものだと変なものではないかと心配になってしまいなかなか勇気が出ないという人もいるかと思います。

そういう人はまずは低価格のウレタンフロアコーティングを試してみてから他のコーティングに挑戦してみるのがいいのではないでしょうか。

ウレタンフロアコーティングのメリット

ウレタンフロアコーティングには水性塗料が使われます。昔から水性のものもありましたが、油性が主流となっていました。しかし今は水性塗料となったことにより、環境にも体にも優しいものとなりました。

この塗料は自然素材のものとなっているので、非常に安全性が高いと言われています。なのでアレルギーなどがある人には大きなメリットです。

低価格でありながら、その後の手入れのしやすさと安全性の高さから昔から根強い人気があります。ある程度の薬品にも対応でき水拭きも可能となっているので、洗剤をつけての掃除が大丈夫です。

また仕上がりの艶の程度の調整が可能となっているのもメリットの一つです。あまり艶を出しすぎたくないとか、逆にこの部屋は艶を多く出したいなどそれぞれの部屋の雰囲気に合わせてオーダーすることが可能なのです。

ウレタンフロアコーティングのデメリット

安全性が高いということが特徴のウレタンフロアコーティングなのですが、業者によって使っている塗料は様々で、安全基準の低いものがある場合があるため下調べは必要です。またウレタンフロアコーティングは、耐久年数が5年ほどとなっていて、これは他のフロアコーティングの中では短く、密着率が低いとも言われているので剥がれやすくなっています。

そのため、ウレタンフロアコーティングは、定期的なメンテナンスや塗り直しが必要となってくるので、一度の施工で長期的な効果を期待している人には向いていない施工となっています。

また、ウレタンフロアコーティングは、施工して完全に硬化するまで約1ヶ月と長くかかるため、即住居したいなどという人はやめておいた方がいいです。

また、ある程度の薬品には大丈夫ですが、除光液や油分の混ざった液体には非常に弱いので、それらの液体をこぼしたときにコーティングした部分が劣化してしまう恐れもあります。